0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

水道管が凍結した時の3つの対処法と凍結させない対策

その他
その他

水道管が凍結してしまうと「水が出ない」「水道管が破裂した」などの被害が起きます。
一度、水道管が凍結してしまうと水道の復旧までに予想以上の時間が必要です。
凍結してしまった結果、お風呂に入れない・キッチンで洗い物ができない・洗濯ができない・洗面所で歯を磨けない・トイレを流せないなど生活に支障をきたします。
短時間であればいいですが、水道管を復旧するまでに時間が掛かってしまった場合もあります。
そのような事態にならないように、本記事では「水道管の凍結が起きる条件」「水道管の凍結が起きてしまった時の対処法」について解説します。「凍結を防ぐ対策」についても併せて紹介します。

【この記事を読んで欲しい人】

  • どのようなときに水道管が凍結するか知っておきたい
  • 凍結を防ぐ為の予防をしておきたい
  • 凍結した水道管を自分で直したい
  • 水道管が凍結してしまった時の対処法について知りたい
  • 戸建てやマンションの凍結被害について知りたい

水道管がなぜ凍結するのか?凍結する条件やメカニズム

水道管が凍結する条件やメカニズム

水道管の中を通っている水は水道水なので、気温が一定以下になると凍結します。
寒冷地では凍結しないように地中に埋められていたり保温材で巻かれたりしていますが、条件が揃えば凍結することもあり得ます。
また凍結が起きやすい場所もある程度決まっています。
このような水道管が凍結する条件を知っておけば事前に対策をすることもできますので、まずはどのような状況なら水道管が凍結するのか?について解説します。

水道管が凍結する気温やメカニズム

主に水道管が凍結するのは冬場などの気温が低くなる時期です。
具体的な温度は氷点下以下でマイナス4度以下になると凍結が起きやすくなります

そもそもの凍結とは水道管の中に水が残っていて、その水が気温などの影響で凍ることで水の通り道を塞ぐ現象のことを指します。
一度凍結が起きてしまうと水道管内の凍った水が溶けるまで待つしかありません。

最悪のケースでは、水が凍り体積が膨張することで水道管が破裂することがあります。
気温が低くなる時期や寒冷地にお住まいの方は注意が必要です。

水道管の凍結が起きる条件

水道管の凍結が起きる一番の要因は上の章でもお伝えした通り「気温の影響」です。
ですが気温以外にも凍結が起きる条件があります。
その条件は以下の通りです。

  • 気温がマイナス4度以下になった時
  • 風の通り道
  • 日光が当たらない・日陰
  • 昼夜問わず気温が氷点下の日が続いた時
  • 長時間、水道を使わなかった時

基本的には気温の影響で凍結が起こりますが、外出や旅行で長時間のあいだ水を使わなかったり、日光が当たらないことも凍結が起こる条件の一つです。
気温が低くなる時期は天気予報などの気温をこまめにチェックしたりと日常的に気にする癖づけが大切です。

凍結が起きやすい場所

水道設備がある場所や周辺環境、水道管の設備状況によって凍結が起きやすいかどうか変わります。
一般的に凍結が起きやすい場所は以下の通りです。

  • 屋外にある水道や配管
  • 屋外で風の通り道にある水道や配管
  • 日光があたりにくい位置にある水道や配管
  • フレキ管や止水栓がむき出しになっている水道

室内は暖房などで暖められていたり、風の影響を直接受けにくいので凍結になる可能性はそれほど高くありません。
寒冷地では24時間暖房を使用されていると思います。
ですが屋外は外気の影響を受けやすいので凍結を起こす確率が高いです。

庭にある水道や蛇口は対策をしなければ凍結を起こしやすい場所です。
他には風の通り道や日光があたりにくい場所も、より凍結の起きやすい場所といえます。
上記のような状況で水道管やフレキ管や止水栓がむき出しになっていると凍結が起きやすいので、保温材や保温テープなどで対策をするべきです。
寒冷地の住宅では凍結対策をするのが当たり前ですが、関東や関西など凍結対策のしていない地域では寒波が来ると一斉に凍結被害が起きる事があります。

水道管が凍結しないように普段から点検しておくべきポイント

水道管が凍結しないように点検しておくべきポイント


配管や水道が凍る可能性があることはわかって頂けたかと思います。
水道管の凍結は2次災害も起きやすいので、水道管が凍結を起こさないように事前に知識を入れ点検や対策を普段から行っておけば、凍結被害にあう確率をかなり下げることができます。
「自分の住んでいる地域はそんなに寒くならないから大丈夫」と思って凍結対策をしておかないのは危険です。
近年では2018年1月に48年ぶりの寒波が訪れ、関東圏で水道管の破裂が大量に発生しました。
あちことで凍結被害が発生したため、部材が足りず人によっては水道の復旧までに1週間程掛かったケースもあります。
寒暖差が激しかったり寒波なども頻繁に起きていますので、今後も何が起きるかは天候次第です。
そこで、ここからは家の水回り設備で注意して見ておくべきポイントやその理由について解説します。

給湯器と配管の接続部分がむき出しになっていないか

結が起きやすいのは屋外で外気の影響を受けやすい場所です。
外気の影響が受けやすい水道管には保温材や保温テープを巻き対策するのが一般的です。
ですが給湯器付近の配管への対策を忘れており凍結したという話しはよく聞きます。
特に給湯器と配管の接続部分への対策を忘れていたという話しはよく聞くので、忘れることなくしっかり対策しましょう。
よくあるのが「給水管と給湯管にはキチンと保温材が巻かれているのに、給湯器の接続部分のみむき出しになっている」ケースです。
配管は本剤が巻かれている分、見逃しやすいので注意して確認しましょう。

保温材が劣化したり、やぶれているところはないか

配管の凍結対策として保温材や保温テープを使って対策するのは効果的ですが、劣化していたりやぶれていると意味がありません。
保温剤や保温テープの取り付けは面倒な作業なので、一度取り付けたらつけっぱなしという家も多いようです。
知らない内に剥がれていたということがないように、寒くなる前にしっかり確認して凍結に備えましょう。
簡単にできる点検方法として「触ってみて弾力がない」「テープや本剤がポロポロと取れる」ときは交換時期です。
冬が来る前に巻きなおしを依頼しましょう。

気温が低い時期の水道管凍結を防止する為の対策や予防法

水道管の凍結を防止する対策や予防法

水道管の凍結が発生するのはほとんど冬場です。
冬を迎える前に対策を行えば、凍結が起きる確率をグッと下げることができます。
ここからは具体的な水道管の凍結対策の方法を紹介します。

保温材やヒーターで水道管を冷気から守る

水道管を保温するための様々な商品があります。
その中でも比較的安価で購入できる商品が保温材です。
保温材はむき出しの水道管に上から被せて使用します。
保温材を使えば水道管が直接外気に触れることを防げます。
水道管に服を着せてあげるようなイメージです。

他にも水道管に取り付ける電動ヒーターがあります。
ヒーターは保温材よりも価格は高いものの、水道管を温めることができるので凍結防止には最適です。
ですがデメリットとして、電動で動くため電気代がかかり家電製品のため故障のリスクもあります。
凍結対策には最適ですが、コストも掛かるので導入する際には十分検討してください。

「保温材やヒーターはどれがいいかわからない」「対策が必要なのはわかったけど取り付けが面倒」と思われている方も多いと思います。
保温材やヒーターの調達や取り付けも水道修理業者に依頼すれば対応してくれます。
作業費用は掛かりますが、プロがおこなった方が確実なのも事実です。
気になる方は水道修理業者に問い合わせてみてもいいでしょう。

給水・排水設備|水漏れ修理 | 水の救急隊 | 水道設備工事の事ならお任せ下さい!
水の救急隊の給水・排水設備の水漏れ修理ページです。 水漏れ修理|漏水調査|部品交換など給排水設備の水のトラブルのお困り事ならお任せ下さい。 TVCM放映中。安心の前見積でご検討下さい。即日修理も可能です。「ネット見た!」で¥3,000割引き...

水抜き栓で水を抜く

水抜き栓は寒冷地で使用されています。
凍結が起きるのは水道管内に水が残っており、その水が凍ることで凍結が起きます。
水抜き栓を使えば水道管内から水を除去できるので、水道管が破裂したりすることはありません。
また水抜き栓は単純に水を抜くだけなので、使用には特にコストも掛からないので経済的です。

デメリットをあげるとするなら、水抜き栓の操作と各水周りの水抜き作業が必要になるので手間がかかることぐらいです。
手間は掛かりますがコストもかからず、凍結の原因となる元をたつことができるので是非使用して欲しい設備です。

ですが冬場まで使わないこともあり、いざ使おうと思ったらうまく動かないなんてこともありえます。
もし不具合があった場合は修理や交換の必要が出てくるので、本格的に気温が下がる前に問題なく使用できるか確認しましょう。
また出かける際にうっかり水抜き栓を開け忘れたなんてトラブルも多いので、出かける前は確認するクセをつけましょう。
特に初めて寒冷地へ引っ越しする方は要チェックです。

少量の水を出しておく

昔ながらの凍結対策の方法で少量の水を出しておくという方法もあります。
水を出しっぱなしにしておくことで、水道管内に水の流れを作ることにより凍結を防ぐといった方法です。
シンプルで簡単ですが、水を流しっぱなしにすると当然のことですが水道代が掛かります
また寒波や特に気温が低い地域は、少量の水を出していても凍結が起きることがあります。
できるだけ「保温材やヒーターを使用する」「水抜き栓を使用する」などを検討しましょう。

水道管が凍結してしまった時の3つの対処法

水道管が凍結した時の3つの対処法

前の章では水道管の凍結を防ぐための方法について紹介しました。
ですが凍結対策をしていても凍結が起きてしまうことはあります。
万が一にも凍結が起きてしまった時の対処法についても解説しておきます。

50℃程のお湯とタオルを使って温める

凍結を解消するために水道管にお湯をかけるのは効果的な方法です。
ですが熱湯は避けてください。
早く解氷するために熱湯をかけると水道管が変形したり温度差に耐え切れないこともあり水道管に負担が掛かります。
お湯を使う場合は50℃程のお湯を使うようにしてください。
さらに水道管の安全のためにお湯をかける水道管にはタオルを巻いてその上からお湯をかけるようにしましょう。
こうすればお湯による温度変化で水道管を痛めることなく凍結に対処できます。
ただし全ての水道管を解氷するにはかなりの根気とお湯が必要です。
事前準備として、緊急時用に水をどこかに用意しておく必要があります。

カイロを使って温める

お湯を用意できない場合はカイロを使うのも1つの方法です。
水道管に温めたカイロをあてがい、凍結箇所を温めて凍っている水を溶かします。
この方法ならカイロを固定しておけばその場を離れることができます。
ですが、吹雪いているような場合や気温があまりにも低い場合は対応できません。

ドライヤーの温風を使う

ドライヤーの温風を水道管にあて凍結を解消させる方法があります。
ですがドライヤーの出力が弱かったり、強風が吹いている場合は凍結を解消するまでに時間が掛かることもあります。
またカイロと違いドライヤーは手で持ち操作する必要があり、その場を離れることができません。
また電源も必要になります。ドライヤーを使用すると電気代も掛かるので、ドライヤーの使用は状況に応じて判断する必要があります。
屋内の蛇口が凍結しているようなときに使える方法です。

気温が上がってくるまで待つ

水道管の凍結は夜間や早朝などの気温が低い時間帯に起きやすいです。
その為。日が差して気温も上がってくれば自然と水道管内の氷も溶けることがあります。
時間に余裕があるなら日中の気温が上がるまで待つことも1つの方法です。
待つだけなので手間も費用も掛かりません。

ですが寒冷地で日中の気温も低ければ凍結が解消する確率は低いので、上記の対処法を試しても改善されない場合は水道修理業者へ依頼しましょう。
費用は掛かりますが、解氷作業のための専門工具を持つ業者なら凍結を解消してくれます。

マンションなどの集合住宅で凍結被害の対策や対処法

マンションや集合住宅の凍結対策や対処法

マンションなどの集合住宅で凍結が起きた際の対処法についても紹介しておきます。
行う作業としては前の章で解説した「50℃のお湯を使用する」「カイロを使用する」「ドライヤーを使用する」といった方法を試すことになります。

ですが賃貸物件のマンションや集合住宅の場合は、大家さんや管理会社に連絡すると専門業者を手配してくれるケースもあります。
凍結を解消するためのヒーターや温風機器など、業務用の専門工具を持っている業者がすぐ訪問してくれれば容易に凍結を解消できるでしょう。

ですが業者の作業は費用が発生するので、業者の手配までしてくれる大家さんや管理会社はあまり多くないかもしれません。
連絡しても「様子をみて欲しい」「昼ごろには直るかもしれないので待ってほしい」と言われる可能性も多いにあります。
ですがこればっかりは連絡してみないとわからないので、まずは大家さんや管理会社に相談するのも1つの手です。
もちろん「入居者の費用負担(自分で払う)でもいい」ということなら、個人で業者に依頼しても問題ありません。

水道管が凍結し破裂した場合の対処法

水道管が凍結し破裂した時の対処法


凍結して水が出ないだけならまだいいのですが、水は氷ると膨張する性質から最悪の場合では、水道管が破裂して解凍後に水が吹き出すこともあります。
そこで、水道管が破裂してしまった場合はどう対処するべきかについて紹介しておきます。

家全体の元栓を閉める

水道管が破裂し水が吹き出している際は、早急に家全体の元栓(止水栓)を閉めることが最優先です。
早く元栓を閉めないと水が吹き出し続けているので水道代がどんどん上がります。
また近隣住民の方への迷惑になったり、家の基礎部分や家財に被害が出るので早急に水を止める対処しましょう。

戸建ての場合は玄関近くの地中に大元の止水栓があります。
マンションや集合住宅の場合は玄関を出て左右どちらかにあるパイプスペースに大元の止水栓があります。

※マンションや集合住宅の物件によっては止水栓を1箇所でまとめて管理している場合もあります。その場合は大家さんや管理会社へ連絡をしましょう。

水道メーターの近くにバルブがあるので右回り(時計回り)に最後まで回せば水を止められます。

破裂箇所を水道管補修テープなどで応急処置

大元の止水栓を閉めたあとは配管用補修テープで応急処置をしておくと安心です。
破裂した水道管を補修するための補修テープというものがあります。
補修テープはホームセンターやネット通販で購入することが可能なので、万が一に備えて事前に準備しておいてもいいでしょう。
配管専用の補修テープを破損している箇所に巻きつけて応急措置をしましょう。

もし補修テープが用意できない場合はタオルで代用することも可能です。
破損した箇所の水を拭き取り、タオルを何枚も巻き、一時的に補修することもできます。
ですが補修テープやタオルでは限界があるので、できるだけ水道の使用は控えましょう。

水道修理業者に連絡する

確実に修理するには水道修理業者へ早急に連絡しましょう。
一時的に水道管を補修できていたとしても、自然に直ることは絶対にありません。
普段通りに水を使えば水漏れしてくるので早急に水道修理業者をよび、破損した水道管の修繕をする必要があります。
早めに対処しないと水が使えないままで生活に影響が出ますし、破裂した箇所によっては建物の基礎部分や床・壁に被害が及ぶ恐れもあります。
水漏れの修理は待ったなしです。

その為。水の救急隊は24時間365日年中無休で修理対応していますのでお気軽にご連絡ください。
お住いの地域の水道局指定工事店をすぐに手配致します。

水の救急隊
水のトラブル即解決!水道修理から排水詰まりもOK

水道管の凍結・破裂の修理や費用目安

水道管の凍結や破裂の修理費用

水道管の凍結や破裂が起きてしまった場合に、水道修理業者に依頼すると「どのような作業をするのか」「費用がどれくらい掛かるのか」について紹介します。

まず水道管が凍結を起こした際は「解氷作業」をおこないます。
水道修理業者でおこなわれるのは電気解氷機や高温スチーム機を使った、水道管内で凍っている箇所を溶かす作業です。
この解氷作業の相場は「10000〜20000円が相場」です。
ただし解氷作業の料金相場は凍結が起こっている箇所や凍結が起きている規模によって変動します。
状況によっては30000円程度掛かる場合もありますので、事前に見積をしてもらいましょう。

次に水道管が破裂した場合ですが、破裂した箇所の一部の水道管のみ補修作業をおこなうか、水道管が全体的に老朽化している場合は水道管の引き直し作業になることもあります。
水道管の一部補修作業の料金相場は「30000〜50000円が相場」です。
水道管の引き直し作業に関しては数十万ほど掛かる可能性があります。
どちらの作業に関しても破損箇所や設備によって料金が変動するため、確実な金額は見積もりで確認しましょう。

また水道管の破裂が屋内で起きた場合は、状況によっては床や壁の張り替え作業が必要になります。
床や壁の張り替え作業も別途費用が発生するので、水道修理業者と被害状況も含めてしっかり相談しましょう。

※水道管の修理は特定の資格を有している業者でしか行えない作業になります。水道修理業者を選ぶ際は信頼できる業者か確認してから依頼をおこないましょう。

※賃貸物件で水道管の破裂が起きた際は大家さんか管理会社に早急に連絡しましょう。連絡が遅くなれば復旧作業も遅くなりますし、場合によっては近隣住民や建物自体にも被害が及ぶ恐れがあります。

制度を利用して水道管破裂による被害を軽減する

水道管破裂による被害を軽減する制度

もし水道管が破裂してしまえば修理費用が掛かりますし、破裂による漏水で水道料金も上がります。
こういった時のために水道管破裂に関する修理費用や水道料金を軽減するための制度があります。
条件によっては利用可能なので事前に知識を入れておきましょう。

高額になった水道料金の減免制度

水道管の破裂による水漏れで水道料金が高額になった際に「水道料金の減免制度」を利用できる可能性があります。
ただし減免制度を利用するためにはいくつか条件があります。
例えば「故意に水道管破裂が起こされていないこと」です。
居住者が物を落としたり、ぶつかって破損した場合は制度を利用することはできません。
他にも条件がありますので、詳しくはお住いの地域の上下水道局へ問い合わせてみてください。
別の記事でも減免制度について詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

※凍結したことが原因で水道管が破裂した場合は、水道料金の減免制度は適用できないので注意してください。

火災保険で補填できることもある

知っている方は少ないかもしれませんが、火災保険で水道管の修理費用を補填できることもあります。
水道管の修理の際によく用いられている保険や補償は「水漏れ補償」と「水道管凍結修理費用保険」です。
「水漏れ補償」とは水道管が凍結して破裂した際に、建物や家財が水漏れの影響で使用できなくなった場合に適用できる補償です。
ですが水道管が破裂して建物や家財に水漏れの影響が出なければ適用できません
水道管の修理費用の補填もできません。
逆に建物や家財に被害が出た際は申請をすれば補填を受けれるので、保険内容と状況をみて該当するようなら忘れず申請しましょう。

「水道管凍結修理費用保険」とは水道管が破裂した際に修理費用を受け取れる保険です。
ですが保険適用には制限や条件が契約によってあるので、契約内容を事前に確認しておきましょう。
また古い火災保険の場合は「水道管凍結修理費用保険」がそもそも組み込まれていないケースもあります。
寒冷地にお住まいの方は水道管の破裂が地域的に起きやすいので、もし「水道管凍結修理費用保険」が組み込まれていないなら、今後のためにも契約内容を見直してみましょう。

sns上の水道管凍結についての感想や口コミ

sns上の水道管凍結の感想や口コミ

水道の凍結についてまとめ

水道の凍結についてのまとめ

今回は、水道の凍結について紹介しました。
結論としては「水道管が凍結しないよう対策を徹底する」「水道の凍結が起きた際は温める」ということです。
水道管の凍結を防止するための水抜き栓の交換などでお急ぎの場合は水の救急隊へご依頼ください。
お電話一本で即日お伺いが可能です。
また必ず事前見積をしてくれる会社を選びましょう。
水の救急隊|公式サイトからなら、電話以外にもLINEやお問い合わせフォームからご相談して頂けます。
昨今は悪質な水道修理業者のニュースが多数報道されています。

水の救急隊なら【訪問⇒無料】【相談⇒無料】【事前に見積】【ご了承頂いてから作業】【後払いOK】です。
ご依頼の際には「ネット見た」と一言お伝え頂くだけで¥3,000割引き中。
お見積りのみであれば費用は掛かりませんのでお気軽にご利用下さいませ。

給水・排水設備|水漏れ修理 | 水の救急隊 | 水道設備工事の事ならお任せ下さい!
水の救急隊の給水・排水設備の水漏れ修理ページです。 水漏れ修理|漏水調査|部品交換など給排水設備の水のトラブルのお困り事ならお任せ下さい。 TVCM放映中。安心の前見積でご検討下さい。即日修理も可能です。「ネット見た!」で¥3,000割引き...

水のトラブルなら水の救急隊へ

水道修理業者を判断する材料として、口コミサイトや公式サイトの修理実績などを確認するのもおすすめです。水道屋さんの口コミをまとめたサイトも多くあるので、そちらを確認したり、SNSを確認するのもいいかもしれません。

一刻を争うような水のトラブル発生している場合、水道修理業者をじっくり選んでいる場合ではないと思われる方もいるかもしれません。そんな時は、地域密着型の水道屋さんを選ぶといいでしょう。家の近くの水道修理業者を見つけておけば、早ければ30分以内に修理を始めてもらえるかもしれません。

近くの水道屋さんなら市区町村単位で近くの水道屋さんを探すことができます。

お役立ちコラムの監修者
中村 覚信
株式会社 クリアライフ

株式会社クリアライフは水道設備の駆付けサービスを開始して9年目。創業23年。累計60万件の水道修理を行ってきました。
さらに2024年より全国の修理対応が可能となりました。
「突然の水のトラブルからお客様を救いたい!役に立ちたい!」そんな気持ちから水の救急隊お役立ちコラムを立ち上げました。

株式会社 クリアライフをフォローする
良い
に基づいています 27 レビュー
久川剛志
久川剛志
遅い時間にも関わらず早急に対応してくれて修復までの手順や料金についてもしっかりと説明があり安心してお任せする事ができました。ありがとうございました😊
木村倫子
木村倫子
きっちり丁寧に仕事していただきました。
山本千雅子
山本千雅子
台所の水漏れで電話をしました。 昼の12時頃に電話して13時半過ぎに到着 すごくわかりやすい説明をしていただいて 助かりました。ありがとうございます!
ヒロイケンイチ
ヒロイケンイチ
当日にすぐ対応してくれて、作業員やコールセンターさんも非常に良い対応で、よかったです。
メガだよ
メガだよ
4/30の夜にトイレが詰まり水が溢れそうになり、急遽出動をお願いをしました。夕飯時であり、到着時間に来ていただけるのか心配してましてが連絡時間通りに来ていただきました。状況説明をしてから考えられる不具合の内容説明を受けて、作業依頼内容は業者さんのおすすめで決めました。作業に入り色々と問題点も指摘してもらい沢山知らなかったことを教わりました。そして、詰まりの原因を取り除き無事に作業は完了。さらに心配事はないかと言われ、水回りで漏れてるところはないが心配と話したとこら、親切に調査して心配ないと言われました。親切、丁寧に作業いただき大満足でした。費用も予想よりも安く済み助かりました。帰る時間は遅くなったけど嫌な顔せず笑顔でした。感謝感謝
今井信子
今井信子
トイレに携帯を落として、出せなくなったので、電話したら、素早く対応して処置して頂けました。
Takemi Terao
Takemi Terao
18時過ぎにトイレ詰まりで電話。19時半の到着から色々と親切に対応していただき21時前には全工程終了。本当に助かりました。
畑民恵
畑民恵
キッチンの排水溝が詰まり、依頼させて頂きました。すぐに来て下さり説明や見積りをして、作業を開始。目に見える詰まり解消に感動でした。 とても気さくな作業員さんで色々な質問も快くお返事して頂けました。 迅速、丁寧な対応で安心してお任せする事ができたと思います。 また何かありましたら、お願いしたいと思います。
濱田さゆり
濱田さゆり
とても親切丁寧な対応で助かりました。
杉野真砂美
杉野真砂美
ご丁寧にな説明に作業ありがとうございました。台所の水回りが綺麗になってスッキリして嬉しいです。親切にしていただきありがとうございます。またよろしくお願いします
シェアする