0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

トイレが詰まった時に最初に試す対処法|自分でできる

止水栓はどこにある?見つけ方と閉める方法|自分でできる応急処置

類似の商標を使った悪徳業者にご注意下さい!

水の救急隊に水道修理を依頼したい!どうやって依頼したらいいの?どこまでが無料?

トイレ

ティッシュペーパーでトイレが詰まる原因と5つの解決法

トイレに入った後に、「トイレットペーパーがない…」こんな緊急事態にティッシュを使った事はありませんか? ティッシュは1~2枚程度であれば問題なく流れていくことも多いのですが、4枚以上になると排水管の中で汚れが絡まって蓄積し、トイレが詰まる確率が高くなります。 今回はそんなトイレ詰まりの解決法、トイレにティッシュが詰まってしまう原因について徹底的に解説していきます。
トイレ

トイレのつまりは何が原因?原因別の直し方と予防策をつまり修理のプロが解説

トイレは毎日使うものです。トイレが急につまってしまうと、思っている以上に困ってしまいます。 この記事では「トイレのつまりが起きる原因」と、トイレのつまりの症状や原因別の「自分でできるつまりの解消法」を排水つまり修理のプロが解説していきます。 便秘の方で慢性的にトイレがつまるような場合も参考になると思います。
キッチン・台所

シンクの水が流れない3つの原因と自分で直す方法!熱湯を流すのはNG?

シンクの水が流れないと洗い物もできないし、水を使うたびに水が溜まってきては流れるまで待たないといけないなんてストレスになりますよね。 シンクがつまってしまうのには必ず原因があるため、その原因を根本的に解消しなければこれから先何度も同じ症状に悩まされてしまうことになるので対処していきましょう。 この記事では「シンクの水が流れない3つの原因と自分で直す方法」についてご紹介します。
その他

水抜き栓とは|水抜き栓の使い方から交換方法まで紹介

水抜き栓とは凍結を防止する為の設備です。寒冷地出身以外の方は詳しく知らない方が多いと思います。本記事では「水抜き栓の仕組み」「水抜き栓の使い方」「水抜き栓がなぜ必要なのか?」について詳しく解説します。また「水抜き栓を交換する方法や費用」についても併せて紹介します。
水栓・蛇口

水道の蛇口からの水漏れ!原因はパッキン?交換方法と注意点

水道の蛇口からの水漏れは、よくある水のトラブルの一つです。 その中でも、蛇口の水漏れの原因として名前が上がるのが「パッキン」です。 そこで今回は、「水道の蛇口からの水漏れ!原因はパッキン?」という問題に焦点を当て、蛇口のパッキンの交換方法や注意点について詳しくご紹介します。
トイレ

温水洗浄便座とは?メーカーごとの呼び方の違いと特徴

ウォシュレットやシャワートイレなど、温水洗浄便座の名称を耳にしたことがあると思います。 この「名称の違いは何?」「そもそも温水洗浄便座ってなに?」と疑問に思っていらっしゃる方もいらっしゃると思います。 この記事では、呼び方の違いや温水洗浄便座の種類ごとの特徴、TOTO、LIXIL(旧INAX)、Panasonicなどのメーカー別に知っておくと役立つ知識についてご紹介します。
トイレ

ウォシュレットは後付けできます|取付方法や賃貸住宅での注意点も

ウォシュレットを使い慣れている方は、引っ越し先にウォシュレットが付いていないと残念ですよね。 でも大丈夫、ウォシュレットは基本的に後付けできます。 ただし、取付時の注意点やウォシュレットが後付けできない場合もあるので、取付先のトイレをよく確認しておきましょう。 ウォシュレットを後付けできる条件と、賃貸物件での対処法も合わせて解説しています。
トイレ

【トイレつまり わからない】トイレつまりの原因がわからない?見えないところで起きているトラブルとは?

トイレつまりの対処法を試したのに解決しないという方向けに、配管系のトラブルば起きているかもしれないという可能性について紹介し、その対処法も解説します。
トイレ

トイレの水位が低いのはつまりが原因?水位が低くなるときの対処法

ふとトイレを見ると「あれ…?なんかトイレの水位が低い気がする…」なんて悩んでいませんか? トイレの便器には封水と呼ばれる水が溜まっていますが、この封水が明らかに低い場合は、トイレに何らかのトラブルが発生している可能性があります。 この記事では、トイレの水位が低い原因と対処法について紹介しています。
その他

【漏水調査とは】自分でできることと確認するポイント

「突然水道料金が上がった」「水道局からお知らせが届いた」水漏れや水道の使いすぎに心当たりがなければ目視で確認できない場所から水漏れしている可能性があります。 そこで必要になるのが、「漏水調査」です。 この記事では、漏水が発生しているかどうかを自分で確認できるように「漏水調査の方法」「水周り別の見るべきポイント」を解説します。