0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

水道代を節約するための方法!効果抜群の節水方法まとめ

水道代を節約するための方法!効果抜群の節水方法まとめ その他
その他

2022年から徐々に光熱費が高騰して来ていますよね。

オール電化の方は、電気代が10万円を超えている方もいらっしゃるようです。

そのような状況の中では、水道代もばかになりません。

毎月の生活にかかるランニングコストはできるだけ減らしたいものです。

ただ、節約しようと思って水の使用量を減らすだけではストレスが溜まるだけで目に見える節水効果は得られないでしょう。

水道代を節約するためには、しっかりと水まわり設備の水道使用量を確認して無理なく効果的に節水を行っていく必要があります。

この記事では、日常生活の中で水道代を安くするためのポイントと注意点についてご紹介します。

【この記事を読んで欲しい人】

  • 水道料金が高くて悩んでいる
  • 水道代の算出方法を知りたい
  • 水道料金を少しでも安くしたい
  • 正しい節水方法を知りたい
  • 節水することで、どれくらい水道代を減らせるか知りたい

水道代の算出方法!我が家の水道代はどのくらい?

水道代の算出方法!我が家の水道代はどのくらい?

ただ漠然と「水道代が高いような気がする…」と悩んでいる方も多いと思います。

あなたは「水道使用量のお知らせ」の内容をじっくりと確認したことがありますか?

検針表を確認することで水道代の現状を知ることができるだけでなく、他の家庭と比べることで節約の余地があるかどうかを判断することもできます。

チェックするべき項目は以下の4点です。

  • 使用期間(2ヶ月毎が多い)
  • 今回使用した水量
  • 前回使用した水量
  • 上水使用料金
  • 下水使用料金

この4つを確認して普段の生活状況を想像すれば、水の無駄遣いや節約すべきポイントを知ることが可能です。

水道代の基本料金について

水道代の基本料金は自宅に引き込まれている水道管の口径によって決まるため、水道管の口径が太くなればその分基本料金が上がっていきます。

以前は一般的に13mm口径が主流でしたが、最近では20mm口径が主流となっています。

口径ごとの基本料金の目安は以下の通りです。

  • 13mm 860円
  • 20mm 1,170円
  • 25mm 1,460円
  • 30mm 3,435円

水道管の口径は検針表で確認することができますが、ほとんどの家庭は13mm~25mmサイズのどれかです。

基本料金を安くしようとすると、自宅の水道管をまるごと交換しなくてはならないため現実的な方法ではありません。

水道代を節約するためには基本料金を下げるのではなく使用する水量を減らして節約するようにしましょう。

従量料金について

水道料金は、上下水道の基本料金と従量料金によって計算されます。

従量料金は使用した水量に対して加算されていく料金のことです。

上水道使用量1㎥あたりの単価
1~5㎥0円/㎥
6~10㎥22円/㎥
21~30㎥163円/㎥
31~50㎥202円/㎥
51~100㎥213円/㎥
101~200㎥298円/㎥
201~1,000㎥372円/㎥
1,001㎥~404円/㎥

参照:東京都水道局

使用水量が少なければ少ないほど単価が安くなるため、使用水量が下がれば単価も安くなり節約効果を感じやすくなります。

下水道料金について

下水道は不純物が混入した生活排水を、浄化設備でろ過してから川に流されます。

ほとんどの自治体で下水道料金が必要になりますが、上水道とは計算方法が若干異なります。

下水道は上水道よりも割安な料金設定になっています。

下水道料金は以下の通りです。

下水道使用量1㎥あたりの単価
0~8㎥560円/㎥
9~20㎥110円/㎥
21~30㎥140円/㎥
31~50㎥170円/㎥
51~100㎥200円/㎥
101~200㎥230円/㎥
201~500㎥270円/㎥
500~1,000㎥310円/㎥
1,001~㎥345円/㎥

参照:東京都水道局

東京都水道局の料金表では基本料金という記載はありませんが、0~8㎥に関しては使用水量に関わらず560円が必要になるため実質的に基本料金だと考えて構いません。

9㎥~に関しては従量課金制となっています。

水道料金の計算方法

各自治体の水道局によって水道料金の設定方法が異なりますが、一般的には以下の計算式で算出されます。

[上水道料金(基本料金+従量料金) +下水料金(従量料金)]× 消費税率

実際に20mm口径の水道管を引いている一般家庭が1ヵ月に20㎥ずつの上下水道を使用した場合の水道料金を計算してみましょう。

上水道料金の計算方法(20mm口径で月20㎥使用した場合)

基本料金
20mm口径:1,170円

従量料金
20㎥使用した場合
1~5m³…0円×5m³=0円
6~10m³…22円×5m³=110円
11~20m³…128円×10m³=1,280円
合計1,390円

上水道代の合計料金(基本料金+従量料金)
1,170円+1,390円=2,560円(税抜)

下水道料金の計算方法(月20㎥使用した場合)
※従量料金(0~8m³ 560円を含む)

従量料金
20㎥使用した場合
0~8m³=560円
9~20m³…110円×12m³=1,320円
合計1,880円

下水道代の合計料金(基本料金+従量料金)
560円+1,320円=1,880円(税抜)

1ヵ月の水道料金
[上水道料金(基本料金+従量料金) +下水料金(従量料金)]× 消費税率にあてはめて計算

[2,560円+1,880円]×1.10=4,884円(税込)

1ヵ月あたりの水道料金は4,884円ですが、一般的に水道料金は2ヵ月ごとの請求になります。

同じような水道使用量の場合には4,884円(税込)×2ヵ月=9,768円の水道料金が請求されることになります。

このように計算してみると上水道、もしくは下水道どちらを優先して節水すればいいのかということが分かるだけでなく、毎月の使用水量を客観的に知ることができるようになります。

次に他の家庭の一般的な使用水量と比較を行ってみましょう。

一般的な家庭の水道使用量と比較

東京都水道局が令和2年度生活用水実態調査によって世帯人数ごとの平均使用水量(1ヵ月当たり)が公開されています。

1人世帯 8.1m³
2人世帯 14.9m³
3人世帯 19.9m³
4人世帯 23.1m³
5人世帯 27.8m³
6人世帯 34.1m³

ここでご紹介している料金は、すべて東京23区を例にしています。

水道料金は住んでいる自治体(水道局)によって異なるということを理解しておく必要があります。

実際に他の家庭が使用している水量と比較して、水道代が高いと感じる場合には従量料金が安くなるように節水を行いましょう。

水道代の内訳 | もっとも節水効果の高い場所

水道代の内訳 | もっとも節水効果の高い場所

住まいにはトイレやお風呂、キッチンや洗面所など水道を使用するさまざまな水道設備があります。

どの設備でどのくらいの水道水を使用して、毎月使用する水の何%が消費されているのか気になりますよね。

東京都水道局が平成27年度に行った一般家庭水使用目的別実態調査によると家庭での水の使われ方は以下のようになっています。

使用する場所使用割合
お風呂40%
トイレ21%
キッチン18%
洗面その他6%

平成27年度時点でもっとも水の消費量が多いのがお風呂で40%(1位)の割合になっており、次いでトイレが21%(2位)になっています。

平成18年度の同実態調査ではトイレが28%(1位)でお風呂が24%(2位)と逆になっています。

節水トイレが普及し、浴槽のサイズが大きくなっていることを考えると当然の結果に感じてしまうかもしれませんね。

一般的にお風呂は200L~250Lの水が使用されます。

1回当たりのシャワーでは50L程度の水が必要になるため、毎日250L~300Lの水を使用する計算になります。

家族が増えれば、その分シャワーで使う水量も多くなるため水を節約するには『いかにお風呂で使う水量を減らしていくか』ということが大事だということが分かりますね。

その他にも用途別にどのくらいの水量を使用するのかということについて知っておきましょう。

水量のケース使用水量
洗面・手洗い 1分間流しっぱなしの場合約12L
歯みがき 30秒間流しっぱなしの場合約6L
食器洗い 5分間流しっぱなしの場合約60L
洗車 流しっぱなしの場合約90L
シャワー 3分間流しっぱなしの場合約36L

毎日、洗面台で歯磨きを行うときに水を流しっぱなしにしているという方は、コップを使うだけで1回あたり5Lの節水効果があります。

毎日2回歯磨きをする場合には、コップを使うようにするだけで月に220円水道代を安くすることが可能です。

4人家族でみんなで協力して節水を行えば、歯磨きするときのちょっとした工夫だけで220円×4人=880円(月)も節約できるって考えるとすごいですよね。

お風呂の残り湯もただ捨てるだけでなく掃除や散水などに利用すれば大幅に節水することができるでしょう。

水道代を節約する方法

水道代を節約する方法

水道代を節約するためには、それぞれの水まわり設備で行うべき節水方法を知っておく必要があります。

さまざまな方法があるため自分に合った方法を試して毎月の水道代を安くできるように工夫していきましょう。

主に節水することができる場所は以下の5つです。

  • トイレ
  • キッチン
  • 洗濯場
  • 洗面所

それぞれどういった節約方法があるのか、以下でご紹介します。

無理なく簡単にできる節水方法なので、ぜひ試してみるようにしましょう。

お風呂

ご家庭の使用水量の割合でもっとも多い水道設備はお風呂です。

毎日お風呂のお湯を取り替えるという方は、2日に1回もしくは3日に1回お湯を変えることで大きな節水効果を得ることができます。

しかしシャワーはどれだけ気を付けて使用しても、洗い流す時間を変えることは難しいはずです。

シャワーで節水するためには節水シャワーヘッドに交換するのがおすすめです。

節水シャワーには節水率が記載されているものがあります。

節水率50%のものを選ぶだけで、使用水量をこれまでの半分以下にすることも可能です。

節水シャワーヘッドに交換することで使用水量が減るため、結果的にガス代も大きく節約することができるというメリットもあります。

節水シャワーヘッドは数千円台から購入することができるだけでなく素人でも簡単に交換することができるので、もっとも手軽に行えて最大限の節水効果を得ることができる節約方法の1つです。

トイレ

お風呂に次いで使用水量の多いトイレでも効果的な節水を行うことができます。

しかし、タンク内にペットボトルを入れて強制的に洗浄水量を減らしたり、『大』で流すべきところを『小』で流すような誤った節水方法はつまりの原因になるため気を付けるようにしましょう。

無理な節水で水道代を安く抑えることができても、トイレが故障して多額の修理費用がかかってしまっては意味がありません。

現在使用しているトイレが従来型のトイレの場合には、1回あたりの洗浄で約13L程度の水量が必要になります。

近年の節水タイプのトイレはTOTOのピュアレストは大で4.8L、小で3.6Lと最新のトイレは非常に少ない水量で洗浄することが可能になっています。

10年以上使い続けることになるトイレは、水道代の高いトイレを無理に長期間使い続けるよりもトイレ本体ごと交換してしまう方がトータルコストではかなり安くなるケースもあります。

古いトイレを使用している場合にはトイレ本体の交換を検討するのがおすすめです。

キッチン

キッチンで水道代を節約するために効果的なのは『溜め洗い』を行う方法です。

溜め洗いと聞くと、逆に水道代が高くなってしまいそうなイメージをもたれる方もいるかもしれませんが実は逆です。

ボウルに水を張り、洗い物を浸けてから洗うことで水の流しっぱなしを防ぐことができます。

食器を水に浸けておくことで油汚れも落としやすくなるため、余計な水を使わなくて済むというメリットもあります。

また食洗機は油汚れが落ちにくく水道代が高くなってしまうというイメージを持たれている方も多いかもしれません。

しかし、近年の食洗機は少ない水量でも温水を効果的に噴出することで油汚れもしっかりと落とすことができるタイプも登場しています。

手で食器を洗うよりも食洗器を使った方が節水効果が高い場合もあります。

食器洗いを行う時間も水道代も節約できれば一石二鳥になるのでおすすめの方法です。

洗濯

洗濯機を使うときに水道代を安くするには『できるだけまとめて洗濯する』ようにしましょう。

洗濯物は少量の洗濯物を洗うのも大量に洗濯物を洗うのも、水量にそこまで大きな差はありません。

こまめに洗濯機を使って洗うよりも、まとめて洗うことで水道代を抑えることができるようになるでしょう。

また古いタイプの洗濯機を使っている場合には節水効果の高いドラム式に買い替えるというのも有効な手段です。

ドラム式洗濯機の使い勝手や洗い落ちの悪さが気になるという方は、縦型洗濯機の中でもインバーター搭載のモデルを選ぶのがおすすめです。

インバータータイプの洗濯機は電子制御でモーターを回転させるため、少ない水量でも高い洗浄能力を発揮することができます。

洗濯槽にモーターが直結している従来のタイプは洗浄力が弱いため、1度の洗濯で使用する水量が多くなってしまうというデメリットがあります。

ランニングコストはかかってしまいますが、洗濯機を買い替えることで今後の水道代や電気代が大きく異なってくるということを理解しておくようにしましょう。

洗面所

洗面所は、家族全員が毎日使う水まわり設備であるため小さな工夫を行うだけで水道代を節約することができるようになります。

歯磨きを行うときには必ずコップを使うようにしたり、顔を洗うときには洗面器を使って水の流しっぱなしを防ぐことで使用水量をグッと減らすことができるはずです。

蛇口に節水コマを取り付けて、蛇口から出てくる水量を減らすというのも高い節水効果を得ることができるのでおすすめです。

節水コマは自治体によっては無料で水道局窓口で配布していることもあります。

水道代を節約するための3つのポイント

水道代を節約するための3つのポイント

水道代を節約するためにはどのようなポイントに注意すればいいのかしっかりと理解しておくことで、より高い節水効果を発揮することができます。

当たり前のようなことでも毎日の積み重ねで水道代は大きく異なるため、以下の3つのポイントに注意するようにしましょう。

水を使う場所をしっかりと意識する

キッチンやお風呂だけでなく、洗濯機や食器洗い機など家の中では水道水を使う場所は数多く存在します。

水を使う場所はすべて水道代がかかる場所だということをしっかりと意識しておくことで節水意識を保つことができるようになります。

必要のない水は使わない

水道代を節約しようとするときに「いったいどの部分で節水を行えばいいのか分からない」という方も多いはずです。

結果的にトイレのタンクにペットボトルを入れて故障の原因を招いてしまったり、『大』で流すえきところを『小』で流し続けてトイレのつまりが生じてしまうようなケースもあります。

キッチンなどで水道代を安く済ませるために、油汚れも落とすことができないような状況ではストレスが溜まるばかりなのではないでしょうか?

水道代を節約するときに絶対にしてはいけない節水方法は『必要な水を使わず過度な節水を行ってしまう』ということです。

使わなければならない水まで使わないようにしてしまうと、節約そのものが嫌になって続くはずもありませんよね。

まず行わなければならないのは必要のない水を使わないようにするということが重要です。

洗髪するときにお湯を流しっぱなしにしたり、歯を磨くときに水を出しっぱなしにしたりしていませんか?

日頃の何気ない行為が積み重なってしまうと、水道代が跳ね上がってしまう結果になるため注意しなければなりません。

家族全員で節水意識をもつ

水道代を安くするためには家族全員で節水に取り組まなければなりません。

1人が節水を心がけても、他の家族が水の無駄遣いをしていれば何の意味もありません。

家族全員で水道を使うときのルールを決めたりゲーム感覚で節水ができる工夫をすれば楽しみながら協力し合えるようになるでしょう。

sns上の水道代の節約・節水に関する感想や口コミ

sns上の水道代の節約・節水に関する感想や口コミ

まとめ

まとめ

水道代を節約するためには、もっとも使用水量の多いお風呂やトイレなどから節水に取り組むのがおすすめです。

節水効果の高いところから節約すると、ちょっとした日常の心がけで無理なく水道代を節約することができるため、毎月の水道使用量のお知らせを確認するのが楽しみになるかもしれませんね。

最も大事なのはストレスなく楽しみながら節水するということです。

家族全員がそれぞれ節水の意識を持って協力し合えるようになると、家計だけでなく環境にも優しい生活ができるようになります。

この記事で紹介した節水方法を実際に試して小さなことから行動していくようにしましょう。

水のトラブルなら水の救急隊へ

水道修理業者を判断する材料として、口コミサイトや公式サイトの修理実績などを確認するのもおすすめです。水道屋さんの口コミをまとめたサイトも多くあるので、そちらを確認したり、SNSを確認するのもいいかもしれません。

一刻を争うような水のトラブル発生している場合、水道修理業者をじっくり選んでいる場合ではないと思われる方もいるかもしれません。そんな時は、地域密着型の水道屋さんを選ぶといいでしょう。家の近くの水道修理業者を見つけておけば、早ければ30分以内に修理を始めてもらえるかもしれません。

近くの水道屋さんなら市区町村単位で近くの水道屋さんを探すことができます。

¥3,000割引きクーポン
急な水まわりのトラブルやお困り事は、なんでもご相談下さい。
修理受付:0120-50-8000
お客様相談室:0120-225-779
お役立ちコラムの監修者
中村 覚信
株式会社 クリアライフ

株式会社クリアライフは水道設備の駆付けサービスを開始して9年目。創業23年。累計60万件の水道修理を行ってきました。
さらに2024年より全国の修理対応が可能となりました。
「突然の水のトラブルからお客様を救いたい!役に立ちたい!」そんな気持ちから水の救急隊お役立ちコラムを立ち上げました。

株式会社 クリアライフをフォローする
良い
に基づいています 27 レビュー
久川剛志
久川剛志
遅い時間にも関わらず早急に対応してくれて修復までの手順や料金についてもしっかりと説明があり安心してお任せする事ができました。ありがとうございました😊
木村倫子
木村倫子
きっちり丁寧に仕事していただきました。
山本千雅子
山本千雅子
台所の水漏れで電話をしました。 昼の12時頃に電話して13時半過ぎに到着 すごくわかりやすい説明をしていただいて 助かりました。ありがとうございます!
ヒロイケンイチ
ヒロイケンイチ
当日にすぐ対応してくれて、作業員やコールセンターさんも非常に良い対応で、よかったです。
メガだよ
メガだよ
4/30の夜にトイレが詰まり水が溢れそうになり、急遽出動をお願いをしました。夕飯時であり、到着時間に来ていただけるのか心配してましてが連絡時間通りに来ていただきました。状況説明をしてから考えられる不具合の内容説明を受けて、作業依頼内容は業者さんのおすすめで決めました。作業に入り色々と問題点も指摘してもらい沢山知らなかったことを教わりました。そして、詰まりの原因を取り除き無事に作業は完了。さらに心配事はないかと言われ、水回りで漏れてるところはないが心配と話したとこら、親切に調査して心配ないと言われました。親切、丁寧に作業いただき大満足でした。費用も予想よりも安く済み助かりました。帰る時間は遅くなったけど嫌な顔せず笑顔でした。感謝感謝
今井信子
今井信子
トイレに携帯を落として、出せなくなったので、電話したら、素早く対応して処置して頂けました。
Takemi Terao
Takemi Terao
18時過ぎにトイレ詰まりで電話。19時半の到着から色々と親切に対応していただき21時前には全工程終了。本当に助かりました。
畑民恵
畑民恵
キッチンの排水溝が詰まり、依頼させて頂きました。すぐに来て下さり説明や見積りをして、作業を開始。目に見える詰まり解消に感動でした。 とても気さくな作業員さんで色々な質問も快くお返事して頂けました。 迅速、丁寧な対応で安心してお任せする事ができたと思います。 また何かありましたら、お願いしたいと思います。
濱田さゆり
濱田さゆり
とても親切丁寧な対応で助かりました。
杉野真砂美
杉野真砂美
ご丁寧にな説明に作業ありがとうございました。台所の水回りが綺麗になってスッキリして嬉しいです。親切にしていただきありがとうございます。またよろしくお願いします
シェアする