0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

排水管の詰まりを防ぐ!簡単な排水メンテナンス方法とおすすめグッズ紹介

排水管の詰まりを防ぐ!簡単な排水メンテナンス方法とおすすめグッズ紹介 キッチン・台所
キッチン・台所トイレ工具洗面・洗濯場浴室・お風呂給排水設備詰まり高圧洗浄

この記事をご覧いただいているということは、ご自宅の「水回り設備の排水の流れ」が悪くてお困りではないでしょうか?

日々の暮らしの中では水回りの設備は欠かせないため、汚水を流す『排水管』が詰まってしまうと、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。

排水管が完全に詰まってしまった場合は、大がかりな配管工事が必要になることもあるので注意が必要です。

そこで、この記事では『排水管の詰まりを解消する方法』と『詰まりを予防する方法』についてご紹介します。

併せて【排水管を簡単にメンテナンスすることができる便利グッズ】についてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

【この記事を読んで欲しい人】

  • 排水管が詰まっていて困っている
  • 排水管の詰まりを自分で直したい
  • 排水管のメンテナンス方法を知りたい
  • 排水管の詰まりを予防する方法を知りたい
  • 排水管の高圧洗浄のやり方を知りたい

排水管が汚れる原因と簡単なメンテナンスを行う頻度

排水管が汚れる原因と簡単なメンテナンスを行う頻度

ご家庭には『キッチン』『お風呂』『トイレ』『洗面所』『洗濯場』などの水回り設備があります。

しかしこれらの水回り設備は、日常的に使用することで排水管に汚れが蓄積していきます。

定期的に排水管のメンテナンスを行わなければ、排水管の内部で詰まりや悪臭が発生してしまうリスクがあるので注意が必要です。

水回り設備の普段の使い方や掃除などのお手入れ方法によって、詰まりや悪臭のリスクを下げることができます。

では、「いったいどのくらいの頻度で掃除したらいいの?」と疑問に思われている方もいらっしゃると思います。

以下では、水回り別の【排水管が汚れる原因と、最適なメンテナンス頻度】についてご紹介します。

キッチンは週に1回の頻度で掃除しよう

キッチンの排水管のつまりや汚れになる原因は、主に以下の3つです。

  • 油汚れ・洗剤カス
  • 食べカス・食材カス
  • 割り箸や爪楊枝などの異物

特にキッチンは油汚れが原因で、排水管のつまりが発生しやすい場所です。

キッチンでは、食器や揚げ油に使った油脂が排水口から流れていき、排水管内部に油脂がこびりついていきます。

こびりついた油脂は、洗い物で使う洗剤と反応して固形化した汚れになります。

この固形化した汚れに、食べカスや食材カスが付着することで肥大化し、排水溝が狭くなった結果、排水の流れが悪くなってしまう可能性があります。

キッチンの排水管は、週に1~2回程度の頻度で薬剤のパイプクリーナーを使って洗浄するようにしましょう。

市販されている薬剤によって、水酸化ナトリウム濃度は異なります。

水酸化ナトリウム濃度が高いパイプクリーナーは、水に溶けることによって強いアルカリ性の薬液となります。

アルカリ性の薬液は、油汚れなどの酸性の汚れに対して有効です。

薬剤を選ぶ際は、水酸化ナトリウム濃度が2%以上のものがおすすめです。

ただし、濃度が濃くなると火傷をする危険性もあるので、市販で売られている商品の中から選ぶようにしましょう。

ちなみに、水道修理業者が使う「ピーピースルーK」は劇薬指定の薬剤です。

一般の方は購入することができません。

ですが、濃度を薄めた「ピーピースルーF」であれば、ネットやホームセンターで購入できます。

また、キッチンの排水口のゴミ受けは、生ゴミの汚れから雑菌が繁殖するため、ヌメリが発生しやすいです。

キッチンでは、このヌメリが排水管に流れていくことで、排水口が詰まってしまうことがよくあります。

排水口のゴミ受けを、毎日軽くスポンジで擦り洗いするだけでも詰まりの原因や、悪臭を防ぐことができます。

お風呂は週に2回の頻度で掃除しよう

お風呂の排水管が詰まってしまったり、排水管内部に汚れが溜まる原因は主に以下の3つです。

  • 髪の毛
  • 皮脂汚れや体液
  • 石鹸カス

お風呂は毎日使う場所なので、排水口に汚れが溜まりやすいですが、こまめに排水口を掃除することで排水管詰まりを防ぐことができます

人の髪の毛は、1日に100本近く抜けると言われているため、家族が多いほど排水口に流れていく髪の毛の量は多くなってしまいます。

排水口のゴミ受けに溜まっている髪の毛や石鹸カスは、週に2回は捨てるようにしましょう。

排水口に流れていった石鹸カスや皮脂が固まるとヘドロ状となり、腐敗して下水臭い悪臭が漂ってきます。

この排水管内部に蓄積したヘドロ状の汚れに、さらに髪の毛が付着することで排水口詰まりが起きます。

また、排水管内部が詰まってしまうと、排水口から浴室へ汚水があふれ出てくることもあります。

排水管は定期的に、市販の薬剤を使って対処するようにしましょう。

お風呂の排水管を薬剤で掃除する頻度としては、月に2~3回程度です。

お風呂の排水管掃除に選ぶパイプクリーナーとしては、前述のキッチンの項目でおすすめした「水酸化ナトリウム」も有効です。

ですが、深刻な髪の毛の詰まりを溶かしたい場合は、「次亜塩素酸ナトリウム」配合のパイプクリーナーをおすすめします。「次亜塩素酸ナトリウム」は髪の毛などのタンパク質汚れを溶かします。

タンパク質を溶かす「次亜塩素酸ナトリウム」は成分が強力な薬剤であるため、必ず使用上の注意を確認して使用するようにしましょう。

洗面所は週に1回の頻度で掃除しよう

洗面台の排水管でつまりや汚れが発生する原因は、主に以下の3つです。

  • 髪の毛
  • 油分を含んだ汚れ
  • 石鹸カス
  • ヘアピンやスキンケア用品の蓋などの異物

洗面台は、キッチンなどと比べると掃除頻度が低くなりがちな場所なので注意が必要です。

化粧水や整髪料に含まれている油分が排水管内部に蓄積してしまうと、頑固な詰まりになってしまうことがあります。

洗面台の排水口は、週に1回程度掃除することをおすすめします。

または、「異物を洗面台の排水口に誤って落としてしまった」ことで、排水管が詰まったというケースも多くあります。

主に洗面台の排水口に落としやすいものとしては、ヘアピンやスキンケア用品のフタ、アクセサリーなどです。

上記のような異物を洗面台の排水口に落としてしまった場合は、この異物を排水管から取り除かなければなりません。

水に溶けない異物が排水口に流れてしまった場合は、水道修理業者に依頼して取り除いてもらうようにしましょう。

洗面台のつまりを自分で直す方法と水が流れない原因を徹底解説
洗面台を使うたびに水の流れが悪くてイライラしていませんか?毎日使う洗面台は住まいの中でもとくにつまりが生じやすい場所の1つです。この記事では洗面台がつまってしまう原因と、排水つまりの対処方法についてご紹介します。 自分で簡単に直すことができる方法を分かりやすく解説するのでぜひ参考にしてみてくださいね!併せて知って絶対に知っておくべき洗面台のつまり問題に役立つ便利グッズも紹介します。
洗面・洗濯場|排水詰まり | 水の救急隊 | 洗面・洗濯場の水トラブルを年受無休で解決中!
水の救急隊の洗面・洗濯場の排水詰まり修理ページです。「洗濯機の排水流れが悪い」「洗面台に水が溜まる」「下水の臭いがする」など洗面/洗濯場の排水詰まりトラブルのお困り事ならお任せ下さい。 TVCM放映中。安心の前見積でご検討下さい。即日修理も...

洗濯場は2週間に1回の頻度で掃除しよう

洗濯場の排水口は、洗濯をした際の汚れやゴミを含んだ排水が流れるため、詰まりや悪臭などのトラブルが発生しやすい場所です。

洗濯場では、以下の3つの汚れが排水管のトラブルを引き起こす可能性があります。

  • 洗剤カス
  • 髪の毛や糸クズ
  • 皮脂汚れや汗

洗濯機で衣類を洗うと、タオルや衣服の繊維や糸クズが排水と共に流れていきます。

洗濯場の排水には、髪の毛などの小さなゴミも多く含まれているため、掃除を怠っていると排水詰まりや悪臭の原因になることがあります。

洗濯機の排水口は、洗濯機と壁の隙間といった掃除しにくい場所に設置されていることが多いので見落としがちな部分です。

洗濯機の排水トラップのゴミをこまめに捨てることで、排水詰まりを防ぐことができます。

洗濯機の排水管は、2週間に1回は、パイプクリーナーを使ってメンテナンスを行い、排水管の詰まりや悪臭を防ぐようにしましょう。

トイレは週に1回の頻度で掃除しよう

トイレは使用頻度によって汚れの度合いが異なるため、定期的な掃除が重要な場所です。

主に、トイレでは以下の3つの汚れが排水管のトラブルを引き起こす可能性があります。

  • 便や尿石の汚れ
  • トイレットペーパー
  • 生理用品やおもちゃなどの異物

トイレの掃除をこまめに行っている方は多いと思いますが、便器の中のほうまで掃除をキチンとしている方は案外少ないかもしれません。

排水管には便や尿石が付着しやすく、固形化してしまうと詰まりなどの不具合が発生してしまいます。

トイレは、最低でも週に1回、トイレ専用の洗浄剤を使って掃除するようにしましょう。

トイレは、一度に大量のトイレットペーパーを流したり、誤って異物を流してしまうと頑固な詰まりになってしまいます。

トイレットペーパーなどの水溶性で溶ける軽度の詰まりは、ラバーカップを使って対処することができます。

トイレのラバーカップは、『和式用』『洋式用』『汎用』と3タイプあります。

ラバーカップを選ぶ際は、ご自宅のトイレに合ったタイプのラバーカップを選んでくださいね。

トイレつまりはスッポンで解決!使い方とスッポンがない時の代用品
トイレのつまりが発生したときの解消方法としてスッポンが思い浮かぶ人も多いと思います。 スッポンでトイレのつまりを解消することは可能です。 この記事ではスッポンの選び方やスッポンの正しい使い方を詳しく解説していきます。

トイレに『水に溶けない異物』を流してしまった場合は、トーラ-や、便器の脱着作業を行って異物を除去する必要があります。

トイレの修理はどこに連絡すればいい?トイレの修理業者6パターン
水漏れや詰まりなど急にトイレのトラブルが起きる事があります。 トイレのトラブルなだけに「急いで修理したいけれどどこに連絡すればいいかわからない」といった事になりかねません、 そこで、この記事では「トイレ修理の依頼先の選択肢」と「業者別のメリット・デメリット」を解説します。 自分の状況に合った修理業者を選んでください。
トイレが汚れる便や尿石の汚れはアルカリ性の汚れなので、アルカリ性洗浄液のパイプユニッシュで対処することはできません。

トイレの排水管の掃除を行う場合は、サンポールなどの強酸性の洗浄剤を使って掃除するようにしましょう。

排水管のメンテナンス方法

排水管のメンテナンス方法

排水管が詰まってしまったときは、詰まりの原因によって対処方法が異なります。

例えば、「汚れが蓄積して排水の流れが悪くなった」「排水管が完全に詰まって排水を行うことができない」などです。

以下では、【代表的な排水管のメンテナンス方法について】ご紹介します。

排水管のメンテナンス方法や注意点を知っておくことで、いざというときも安心して対処することができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

ラバーカップ

軽度の詰まりが発生しているときは、ラバーカップを使えば簡単に排水管のメンテナンスを行うことができます。

ラバーカップは空気圧で排水管のつまりを解消することができる、『すっぽん』と呼ばれることが多い道具です。

ラバーカップのサイズは、『大/中/小』『S/M/L』といったように3種類あります。ラバーカップのサイズは排水口の口径に合わせたものを選ぶようにしてくださいね。

手で持つ部分の『』のサイズも長かったり、短かったりと製品によって異なります。これからラバーカップの購入を検討されている方は、扱いやすい長さのラバーカップを選んでみてください。

ラバーカップは100円均一ショップや、ホームセンターでも購入することができます。

トイレつまりはスッポンで解決!使い方とスッポンがない時の代用品
トイレのつまりが発生したときの解消方法としてスッポンが思い浮かぶ人も多いと思います。 スッポンでトイレのつまりを解消することは可能です。 この記事ではスッポンの選び方やスッポンの正しい使い方を詳しく解説していきます。

ラバーカップで排水管のメンテナンスを行う手順】は以下の通りです。

【ラバーカップを使ったつまり解消の手順】
  1. 排水口に水を溜める
  2. ラバーカップを排水口に押し当てる
  3. ゆっくりと押し込み密着させる
  4. ラバーカップを勢いよく引き抜く
  5. 数回繰り返す
  6. つまりが解消されたら完了

ラバーカップの使い方のコツは、しっかりとゴム部分を便器に隙間なく密着させて、勢いよく引き抜くことです。

使い終わったラバーカップは水で洗い流して、きちんと乾かしてから保管するようにしましょう。

製品によっては、ゴム部分に抗菌加工が施されているラバーカップもあります。

抗菌加工が施されているラバーカップは洗剤を使ったり、お湯で洗ってしまうと抗菌加工が剥がれてしまうこともあるので注意しましょう。

ラバーカップは詰まり抜きの道具ではありますが、慢性的にトイレの流れが悪い時はメンテナンス用の道具としても使えます。

ワイヤー式パイプクリーナー

ワイヤー式パイプクリーナーは、ワイヤーの先にブラシが付いており、排水管に挿し込んで直接的に汚れやつまりを取り除く道具です。

ワイヤー式パイプクリーナーは、ホームセンターやネットなどで購入することができます。

また、簡易的なものであれば100円均一ショップでも購入することができます。

パイプクリーナーの使い方を徹底紹介!種類別の手順と注意点
「キッチンやお風呂の排水口が詰まってしまった」そんなときに役立つアイテムがパイプクリーナーです。 薬剤・ワイヤー・空気圧の力を用いて排水管の詰まりを解消できます。 でもパイプクリーナーには種類がたくさんあって、どれを選べばいいのかわからない方も多くいらっしゃいます。 この記事ではパイプクリーナーの種類別の使い方と特徴を詳しく解説していきます。

ワイヤー式パイプクリーナーの使い方】は以下の手順になります。

【ワイヤー式パイプクリーナーの使い方】
  1. 排水口の部品を取り外す
  2. 排水口にパイプクリーナーを挿し込む
  3. ゆっくりと押し進めていく
  4. ブラシを動かしてつまりの原因を削り取る
  5. つまりが解消されたら引き抜く
  6. 水を流して完了

ワイヤー式パイプクリーナーは、3~5m程度のものを準備します。

5m程度のワイヤー式パイプクリーナーは、ネットやホームセンターで1,500円~2,500円程で購入することができます。

ただし、ワイヤー式パイプクリーナを使った排水管の掃除は、あまりおすすめはできません。

無理にワイヤー部分を排水口に押し込んでしまうと、排水管本体を破損させてしまうリスクが高くなるためです。

排水管の奥深くで詰まっている場合は、費用はかかってしまいますが、業者に依頼することをおすすめします。

パイプクリーナー(薬液タイプ)

排水管専用のパイプクリーナーは、排水口に薬液を注ぎ込んで、放置することで汚れを取り除きます。

基本的に排水管の汚れを防止するために使うものなので、頑固なつまりそのものを除去することは難しいことを知っておく必要があります。

キッチンやトイレなどは汚れの種類が異なるので、場所によってパイプクリーナーの種類を使い分けるようにしましょう。

パイプクリーナーの使い方を徹底紹介!種類別の手順と注意点
「キッチンやお風呂の排水口が詰まってしまった」そんなときに役立つアイテムがパイプクリーナーです。 薬剤・ワイヤー・空気圧の力を用いて排水管の詰まりを解消できます。 でもパイプクリーナーには種類がたくさんあって、どれを選べばいいのかわからない方も多くいらっしゃいます。 この記事ではパイプクリーナーの種類別の使い方と特徴を詳しく解説していきます。

自分でパイプクリーナーを使って掃除する】ときは、以下の手順で行います。

【パイプクリーナー(薬液タイプ)の使い方】
  1. 排水トラップの部品を取り外す
  2. 換気を行う
  3. パイプクリーナーを排水口に流し込む
  4. 規定時間放置する
  5. 水でしっかりと洗い流す

パイプクリーナーは、基本的には15分~30分程度放置し洗い流しますが、パイプクリーナーごとに使用量や放置時間は異なります。

規定時間以上放置してしまうと、汚れがパイプクリーナーの成分と固まってヘドロ状になってしまいます。

パイプクリーナーを使用する際は、必ず使用上の注意をしっかりと読んでから作業するようにしましょう。

頑固な汚れの場合は長い時間放置するのではなく、規定時間通りに洗い流し、上記の作業を2~3回繰り返し行うことをおすすめします。

高圧洗浄

高圧洗浄は、排水管に蓄積した汚れやつまりの原因を、高圧洗浄機を使って一気に排水マスまで押し流して掃除する方法です。

高圧洗浄作業とは|高圧洗浄機の使い方や排水つまり時の効果を紹介
重度の排水つまり時には必ずと言っていいほど使用されているのが高圧洗浄作業です。 「高圧洗浄機は何故つまりに効果的なのか?」「どのような時に使うのか?」について解説しています。 高圧洗浄機も種類が多くあり、機種によって違いもありますので併せて紹介しています。

高圧洗浄を自分で行う手順】は、以下の通りになります。

【高圧洗浄の手順】
  1. 排水枡の位置を確認
  2. 排水管の出口から洗浄ホースを差し入れる
  3. 下流から上流に向かって洗い流す
  4. 屋内の排水トラップを分解する
  5. 排水口側から洗浄ホースを差し入れる
  6. 上流から下流に向かって洗い流す

高圧洗浄は、老朽化した排水管の場合や必要以上の水圧で洗浄すると破損してしまうリスクがあるため、慎重に行う必要があります。

高圧洗浄は時間も手間もかかる重労働なので、プロの水道修理業者に依頼するのがもっとも安心で確実な方法です。

排水設備の詰まり修理 | 水の救急隊 | 排水設備の詰まりのトラブルを年受無休で解決中!
排水設備の詰まり修理ページです。「下水の流れが悪い」「浄化槽の水が流れていかない」「下水の悪臭がする」など排水設備の詰まりトラブルやお困り事ならお任せ下さい。 TVCM放映中。安心の前見積でご検討下さい。即日修理も可能です。「ネット見た!」...

排水管のメンテナンスに役立つ便利グッズ

排水管のメンテナンスに役立つ便利グッズ

排水管のメンテナンスを自分で行うときに、安価で購入できるお掃除道具があると便利ですよね。

排水管の詰まりは頑固な汚れになってから対処すると、費用も手間も大きくなってしまいます。

排水管は、日頃からこまめなメンテナンスを心がけることが大切です。

排水管のメンテナンスに役立つ便利グッズは、ネットやホームセンターで数百円程度と安価で購入することができます。

以下では、排水管のつまりや汚れを、普段から予防するための【メンテナンスに役立つ便利グッズ】をご紹介します。

激落ちくん 排水管お掃除ロングブラシ 46㎝

激落ちくん排水管お掃除ロングブラシ』は、洗面台や、お風呂の排水管につまった髪の毛や汚れを簡単に除去することができます。

直径3.5㎝の三角形ブラシが排水管の46㎝奥までしっかり届くので、頑固なヌメリも取り除くことが可能です。

3本入りの使い捨てタイプなので、いつでも気になったときに配水管のメンテナンスが行えます。

小林製薬 かんたん洗浄丸

『小林製薬のかんたん洗浄丸』は、塩素系のパイプ洗浄剤を排水口に『ポンッ』と投げ込むだけでシュワシュワと発泡し、臭いの元をしっかり洗浄します。

キッチン、洗面台、お風呂などの排水管にも使うことができるので、面倒なメンテナンスも手軽にいつでも行えるのが嬉しいポイントです。

アース製薬 らくハピ マッハ泡バブルーン 洗面台排水管用

アース製薬のらくハピマッハ泡バブルーン』は、排水口にピタッとフィットするノズルで、洗面台の汚れやつまりを一気に押し流す泡スプレーです。

塩素不使用の中性タイプの泡が汚れの奥にまで浸透し、排水管の汚れやつまりに対して効果的に働きかけます。

排水管のメンテナンスを水道修理業者に依頼すべき5つのケース

排水管のメンテナンスを業者に依頼すべき5つのケース

排水管の簡単なメンテナンスは自分で行うことができますが、詰まりの度合いによっては水道修理業者に依頼して徹底的に掃除してもらう必要があります。

以下では、【水道修理業者に依頼するべき排水管のトラブルや不具合について】5つご紹介します。

ご自宅の排水管の症状に当てはまる場合は、業者に依頼して根本的な対処をしてもらうようにしましょう。

排水の流れが悪く症状が改善しない

排水を行っても流れが悪く水が溜まってくる場合は、排水管が汚れが原因で詰まりが発生している可能性が考えられます。

排水の流れが悪く、繰り返し同じトラブルが起きてしまう場合は汚れが排水管内部に固着していることがあるので注意しましょう。

設置から長年経過した排水管は部分的な汚れではなく、排水管全体が劣化して排水の通り道が狭まっている可能性もあります。

自分で対処することができない詰まりや、経年劣化による排水トラブルはプロの業者に依頼するようにしましょう。

排水溝の流れが悪い!自分で直す方法と水道業者に依頼したほうが良いケース
水まわりの排水溝の流れが悪くて困っていませんか? 普段何気なく使っているキッチンやお風呂などの排水溝は、ちょっと油断しただけで排水詰まりのトラブルが発生してしまうため、日頃から注意しておかなければなりません。 この記事では排水溝の中でも、とくに『詰まりが発生しやすい場所』に焦点を当てて、原因別の対処方法と水道修理業者に依頼すべきケースをご紹介します。

下水臭が上がってくる

排水管には、下水臭が直接上がってくるのを防ぐために『排水トラップ』が設置されています。

この排水トラップ内の封水が、なんらかのトラブルで減少してしまったり、封水切れが起きると下水臭くなります。

封水切れは、排水管の汚れや破損が原因で引き起こされることが多いです。

封水は、長期間水回りを使用していないことで蒸発し、封水切れを起こしてしまうこともあります。

「排水管から下水臭が直接上がってくる」場合は、水道修理業者に依頼して原因の特定と適切な対処をしてもらうと安心です。

排水溝がなんだか臭い!悪臭が発生する場所と対策方法
キッチン・お風呂・洗濯機置き場・洗面所など、水まわりの排水溝から嫌な臭いがして困っていませんか? 排水経路は定期的に掃除を行わないと、汚れが溜まって悪臭を放ってしまうことがあります。 水まわりの設備によって、汚れの原因や悪臭がする場所も変わってくるので、排水溝の悪臭を無くすにはそれぞれの対策が必要です。 この記事では『排水溝から臭いがする原因』と『原因別の対策方法』について詳しくご紹介します。 排水溝からの嫌な臭いにお悩みの方はぜひ最後までご覧になってくださいね。

油を流してしまった

キッチンで料理をした後に揚げ油などの油脂を流してしまうと、排水管の内部にこびりつくことがあります。

キッチンで使うことの多い油は、洗剤の成分と化学反応を起こすと固形化してしまいます。

1度に大量の油を流してしまうことだけでなく、洗い物に付着した油汚れなども徐々に排水管内に汚れが蓄積するので注意しましょう。

油を流してしまったら要注意!排水溝に油を流してはダメな理由と対処法
お料理をしたあとの油の処理はどうされていますか? 油を台所の排水口に流すと詰まりの原因となりますので、正しく処理する必要があります。 この記事では「使用した油の正しい捨て方」と「排水口に油を流してしまった時の効果的な対処法」を紹介します。

異物を誤って流してしまった

排水口に誤ってスポンジや歯ブラシなどの異物を流してしまうと、排水管の奥で異物に汚れが絡まって、深刻な詰まりの原因になります。

基本的にはキッチンや洗面台は、基本的に排水口に設置されているゴミ受けで、異物が排水管に流れ込むのを防ぐことができます。

しかし、排水トラップの掃除を行っているときに手元が滑って落としてしまうこともあるので注意が必要です。

トイレの場合は、誤って生理用品やオムツなどの吸水ポリマー素材の異物を流してしまい、トイレが詰まってしまうことがよくあります。

異物が詰まったまま排水してしまうと、更に排水管の奥で詰まりが起こるリスクがあるため放置するのは危険です。

異物を誤って排水口に落とした、もしくは流してしまった場合は、業者に依頼して早急に対処してもらうようにしましょう。

3年以上排水管の掃除を行っていない

排水管は、定期的に掃除をすることで汚れの蓄積を防ぐことができます。

しかし、3年以上排水管の洗浄を行っていない場合は、頑固な汚れが固着している可能性が高くなるなります。

排水管は、排水管のメンテナンス期間が開くほど、トラブルが深刻化する可能性が高く、大がかりな作業が必要になってしまいます。

排水管のメンテナンスをしばらく行っていない場合は、プロの水道修理業者に依頼して徹底的に洗浄してもらうのがおすすめです。

排水管のメンテナンスを水道修理業者に依頼した場合の費用相場

排水管のメンテナンスを水道修理業者に依頼した場合の費用相場

「排水管のメンテナンスを水道修理業者に依頼するときは、どのくらいの料金が必要なの?」と気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

業者に依頼して排水管のメンテナンスを行う場合は、詰まりが発生している場所によって難易度や使用する道具が異なります。

排水管のトラブルが発生している原因や、場所によって費用が大きく異なるため、費用相場はあくまで目安だということを意識しておいてください。

水のトラブル修理料金 | 水の救急隊 |まずはお気軽に無料お見積り
急な水まわりのトラブル!でも費用はどのくらい掛かる?と気になるかと思います。水漏れ修理や排水詰まり作業のサービス料金ページです。 水の救急隊では安心してご依頼していただけるようにお電話一本でお近くのサービススタッフがお見積りを致します。 「...

以下では、【業者に排水管のメンテナンスを依頼するときの費用相場について】ご紹介します。

調査費用

すべてのメンテナンスにおいて排水管の調査を行うわけではありませんが、作業を行う前に『排水管の調査』を行うことがあります。

業者によっては、パイプカメラなどの専用カメラを使って配管か劣化していないか確認が必要な場合があります。

排水管の調査費用は、8,000円~10,000円前後が目安です。

排水管の内部が比較的キレイな状態で、ピンポイントでつまりの原因を特定することができれば費用を抑えることが可能な場合もあります。

ポンプ作業

ローポンプは家庭用のラバーカップ(すっぽん)と仕組みは同じですが、より強力な力で詰まりを除去することができる専用工具です。

ローポンプを使って詰まりを解消する場合、8,000円~20,000円前後が一般的な費用相場になります。

ドレンクリーナーを併用して排水管のメンテナンスを行う場合は、追加で1万円~1万5千円程度の費用が必要です。

トーラ-作業

排水管に異物がつまったり、一部分に頑固な汚れが固着している場合は、異物や汚れを掻き出すトーラ-作業を行います。

トーラ-作業の費用相場は1万5千円~3万円前後です。

詰まりが奥深くの場合は追加料金がかかることもあるため、見積もり時に必ず確認するようにしましょう。

高圧洗浄

排水管に頑固な油汚れや詰まりが発生しているときは、専用の高圧洗浄機を使って一気に排水マスまで押し流します。

高圧洗浄は業者によって料金設定が大きく異なるため、とくに注意が必要です。

排水管の長さ』『設置環境』『症状の度合い』によっても相場は変動しますが、2万円~3万円が一般的な費用相場です。

また、戸建てよりもマンションなどの集合住宅の方が費用は高額になりやすいです。

高層階で排水が行えなくなった場合に高圧洗浄を行うと、10万円を超えるケースも珍しくはありません。

排水管のメンテナンスを依頼する水道業者の選び方

排水管のメンテナンスを依頼する水道業者の選び方

排水管のメンテナンスを水道修理業者に依頼するときに「とにかく安いところだったらどこでもいい!」と考えていませんか?

メンテナンス費用を安く抑えたい気持ちはよく分かります。しかしながら、値段だけで業者を選ぶのは悪質業者に騙されるリスクが高いので注意しましょう。

悪質な水道業者を見極めるポイント6選|ぼったくられないために
キッチンやお風呂の蛇口から水漏れが発生したり、トイレが詰まってしまう事があります。 依頼するときに心配なのが『悪質水道業者』の存在ですよね。 「どうやって水道修理業者を選べばいいのか分からない」方も多いかもしれません。 この記事では悪質水道業者の見極めポイントについてご紹介します。

水道修理業者を選ぶときは、以下の5つのポイントに注目することが大切です。

水道修理業者を選ぶポイント

  • 水道局指定工事店かどうか?
  • 価格が安すぎないか?
  • 口コミや評判はどうか?
  • ホームページは手の込んだ作りかどうか?
  • 対応が丁寧かどうか?

「どの水道修理業者を選べばいいのかさっぱり分からない」という方は、業者の公式ホームページをチェックしてみましょう。

安心して任せることができる業者のホームページには、必ず作業料金や基本料金が詳しく記載されています。

基本料金だけを記載しているような『格安業者を装った悪質業者』に注意しましょう。

また、水道修理業者の保有している資格や、会社情報を確認することも大切です。

業者選びの際の会社情報の確認点としては、『運営会社』『会社の所在地』『連絡先』『代表者名』『設立日』の記載などです。

資格としては、水道局指定工事店であれば『給水装置工事主任技術者』という国家資格を保有している者が在籍しています。

各自治体ごとに登録されている水道局指定工事店を選べば、適切に給排水設備の設置やメンテナンスを行ってもらうことができます。

時間に余裕がある場合は、複数の業者に見積もりを行ってもらう『相見積もり』をおすすめします。

相見積もりを行えば、各業者の対応や費用を比較することができます。気になる業者を3社くらいに絞って相見積もりを行うようにしましょう。

水道修理専門店として選ばれる理由| 水の救急隊 |[24時間年中無休・水道局指定工事店・見積主x町費無料・事前見積]
水まわりのトラブルで水の救急隊の選ばれる理由について紹介しています。 水漏れや詰まりのトラブルは【スピード・技術・費用】が求められています。弊社ではまず水のトラブルを解決するスピードを最重視し24時間年受無休で受付しております。キチンと修理...

まとめ

まとめ

排水管の詰まりは、日々のメンテナンスや水回り設備の使い方によって、水道修理業者に依頼したときも費用を抑えることができます。

普段は目視で確認することのできない排水管だからこそ、定期的にきちんとメンテナンスすることが大切です。

この記事では、【排水管の詰まりを解消する方法】【詰まりを予防する方法】についてご紹介しました。

この記事でご紹介した【排水管のメンテナンス方法】を活用していただけるなど、排水管詰まりでのお悩みにおいて、お役立ちできれば幸いです。