0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

排水管洗浄は自分でできる!手軽な方法から専門的な方法まで解説

排水管洗浄は自分でできる!手軽な方法から専門的な方法まで解説 給排水設備
給排水設備

「排水管を洗浄しないとどうなるの?」
「排水管の洗浄は自分でできるの?」
「簡単に洗浄できないの?」

排水管の洗浄に関して、このようにお考えではありませんか?
排水管は、見えない箇所でもあるため「掃除をあまりしていない」という方も多いと思います。

しかし、定期的な洗浄をしなければ排水の流れが悪くなるだけでなく、さまざまなトラブルを起こしてしまいます。

本記事では、排水管の洗浄方法から水回り別の汚れ原因と対策方法まで、詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてみて下さい。

【この記事を読んで欲しい人】

  • 自分で排水管を洗浄したい
  • 排水管洗浄をするべき頻度を知りたい
  • 排水管洗浄の重要性を知りたい
  • 排水管のつまりを解消するために洗浄したい
  • 排水管洗浄をしないとどうなるか知りたい
  1. 手軽にできる排水管洗浄方法5選
    1. 1.大量のお湯を流す
    2. 2.ワイヤーブラシで排水管内部をこする
    3. 3.パイプクリーナー(洗剤)を使用する
    4. 4.重曹とクエン酸で汚れを落とす
    5. 5.排水つまりはラバーカップで対処する
  2. 専用工具を使った排水管洗浄方法
    1. 手動トーラーを使った排水管洗浄
    2. 家庭用高圧洗浄機を使った排水管洗浄
  3. 【場所別】排水管汚れの原因と対策
    1. キッチンの排水管が汚れる原因と対策
      1. キッチンの排水管汚れの原因
      2. 排水管汚れの対策と予防方法
    2. お風呂の排水管
      1. お風呂の排水管汚れの原因
      2. 排水管汚れの対策と予防方法
    3. トイレの排水管
      1. トイレの排水管汚れの原因
      2. 排水管汚れの対策と予防方法
    4. 洗面台の排水管
      1. 洗面所の排水管汚れの原因
      2. 排水管汚れの対策と予防方法
    5. 洗濯機の排水管
      1. 洗濯機の排水管汚れの原因
      2. 排水管汚れの対策と予防方法
  4. 定期的に排水管洗浄をしないと発生するトラブル
    1. 排水管から悪臭が発生する
    2. 汚れが蓄積して排水の流れが悪くなる
    3. 害虫が発生する
  5. 水まわり別|おすすめの排水管洗浄の頻度
  6. 排水管の汚れがひどい場合は高圧洗浄機が必要
    1. 高圧洗浄が必要なケース
    2. 水道修理業者に依頼した場合の費用
  7. 排水管洗浄のよくある質問
    1. 排水管汚れの原因は?
    2. 排水管洗浄はしたほうがいいですか?
    3. 排水管洗浄は義務ですか?
    4. パイプユニッシュは何を溶かしますか?
  8. まとめ

手軽にできる排水管洗浄方法5選

手軽にできる排水管洗浄方法5選

「排水管を洗浄したい」と考えた際、できれば手軽に行いたいですよね。

そこで、費用を抑えて手軽に行える「排水管の洗浄方法」を5つ紹介していきます。

排水管内部に付着している汚れがひどい場合は専用の洗浄工具が必要かもしれませんが、軽度の排水管洗浄はご自身でも十分対応可能ですので、ぜひお試し下さい。

それでは自分でできる排水管の洗浄方法をご紹介します。

1.大量のお湯を流す

大量のお湯を流す方法は、油汚れが多いキッチンの排水管におすすめの洗浄方法です。
油分は温度が上がると流動性が上がります。
お湯の温度を利用して、排水管の内部で固まった油汚れを流すことが期待できます。

手順としては、排水口の「排水トラップ」を外し、タオルや雑巾で排水口にフタをしてしまいましょう。
そして、シンク内に8割程度のお湯(50℃)を溜めて下さい。

お湯をシンクに溜めることができたら、排水口に蓋をしていたタオルをとって一気に排水管にお湯を流し込んでいきましょう
この洗浄方法のポイントは、「排水トラップを外すこと」「50℃前後のお湯を使用すること」です。

排水トラップとは、「封水」と呼ばれる水を排水口に溜めて、悪臭や害虫の侵入を防ぐ役割を果たしている部分です。
排水トラップを外してからお湯を流すことで、直接排水管へお湯を流し込むことが可能ですので、より高い効果が期待できます。

また、排水管に熱湯を流してしまうと痛めてしまう可能性があります。
排水管の素材によっては耐熱温度が80℃くらいの場合もありますので、熱湯は絶対に流さないようにしてください。

2.ワイヤーブラシで排水管内部をこする

排水管内部の付着汚れを直接こすり落としたい場合は、ワイヤーブラシを使用すると便利です。

ワイヤーブラシとは、ワイヤーを排水管の中に挿入して汚れをおとすための掃除用品です。
ワイヤーの周りや先端には、ブラシが付いていて排水管を直接こすることができます。

メーカーによっては「ワイヤー式パイプクリーナー」や「クリーナースプリング」と呼ばれていたりしますが、同じ役割をもった清掃道具です。

使用方法はいたって簡単で、排水口からワイヤーブラシを入れ込み、回転させたり上下させたりして排水管内部の汚れをこすり落としていきましょう。

何度か繰り返してみて、ブラシ部分に汚れがつかないようになれば洗浄完了です。
ワイヤーブラシには、家庭用と業務用がありますが、家庭用であればホームセンターやネットショップなどで1,500円程度で購入可能です。

手軽に購入できて直接汚れを落とせる優れものですが、使用する際には「力の入れすぎ」「奥まで突っ込みすぎない」ように注意しましょう。

ワイヤーブラシは排水管内部で直接汚れをこすり落とすため、力を入れるほど汚れは落ちやすいですが、あまりに強い力でこすってしまうと排水管を痛めてしまう恐れがあります。

また、排水管は複雑な形状をしているため、ワイヤーブラシを奥まで入れ込みすぎると抜けなくなる恐れもあります。

3.パイプクリーナー(洗剤)を使用する

薬剤のパイプクリーナーを使用する方法は、汚れに直接触れないで済むため手軽に掃除したい方におすすめの方法です。

パッケージなどに書かれた量の薬剤を排水管に流し込み、規定時間放置しましょう。
その後は、50℃前後のお湯を流して洗浄完了です。

パイプクリーナーは、排水管内部の汚れを落とすために強力な薬剤を使用しています。
揮発性が高いものや有毒なものもあるので、窓や換気扇をつけてしっかり換気を行い、ゴーグルや手袋などの保護具も必要に応じて着用しましょう。

パイプクリーナーを使うときには、薬剤が飛び散って身体に付かないように取り扱いには十分注意して下さい。

パイプクリーナーの使い方を徹底紹介!種類別の手順と注意点
「キッチンやお風呂の排水口が詰まってしまった」そんなときに役立つアイテムがパイプクリーナーです。 薬剤・ワイヤー・空気圧の力を用いて排水管の詰まりを解消できます。 でもパイプクリーナーには種類がたくさんあって、どれを選べばいいのかわからない方も多くいらっしゃいます。 この記事ではパイプクリーナーの種類別の使い方と特徴を詳しく解説していきます。

4.重曹とクエン酸で汚れを落とす

排水管洗浄を家にあるもので手軽に行いたい場合は、重曹とクエン酸が有効です。
重曹2に対してクエン酸1の分量を排水管へ流すと発泡しますので、30分もしくは1時間ほど放置しましょう。

泡が排水管内部の汚れを剥がしてくれますので、放置後は50℃程度のお湯を流して下さい。
重曹とクエン酸を使用したこの方法は、自然由来の成分で洗浄するため、安全面に関しても安心です。

小さいお子様がいる家庭では、ぜひこの洗浄方法をお試し下さい。

5.排水つまりはラバーカップで対処する

排水管がつまっている場合は、ラバーカップ(スッポン)の出番です。

ラバーカップの吸引力で、つまっている原因を引き出しましょう。

使い方はシンプルです。
使用する排水管に適した形状とサイズのラバーカップを用意して、排水口へ押し当てます。
ラバーカップを押し込んだらしっかりと引きましょう。
ポイントは「引く」ことです。
この「押して引く」動作を何度か繰り返すことで排水つまりを解消できます。

排水が飛び散ることあるので、新聞紙やビニール袋を敷くなど対策を行ったうえでラバーカップを使用しましょう。

専用工具を使った排水管洗浄方法

専用工具を使った排水管洗浄方法

排水管洗浄をする際に、専用工具を使用することでより高い洗浄力を期待できます。

専門工具なので費用がかさむ点がネックではありますが、排水管内部の汚れがひどい場合は専用工具が必要になります。

以下では、排水管洗浄工具である「手動トーラー」「家庭用高圧洗浄機」を使った洗浄方法を解説しますので参考にして下さい。

手動トーラーを使った排水管洗浄

まず、手動トーラーとは「ワイヤーブラシ」の業務用版のことを指します。
家庭用のワイヤーブラシよりも、威力があり耐久性も高く長さもあります。

また、電動で動く「電動トーラー」もありますが、電動トーラーは最低でも数万円はしますので、家庭で使用する場合は手動タイプで十分です。

手動トーラーの使用方法は、排水口から排水管の奥へワイヤーを挿入し手元のハンドルを回すだけです。

トーラー作業とは|トーラーの使い方や排水つまり時の効果を紹介
洗面台や浴室、トイレ、キッチンなどの排水つまり時に「トーラー」と呼ばれる工具を使うことがあります。あまり聞きなれない名称かもしれませんが、つまりのトラブル時にはかなりの威力を発揮してくれます。 この記事では「トーラーってなに?」「トーラーと...

しかし、トーラーは排水管のつまりを通管させることが目的です。
排水管内部の汚れをキレイに落としたい場合は、次に紹介する高圧洗浄機を使用しましょう。

家庭用高圧洗浄機を使った排水管洗浄

高圧洗浄機は、水を高圧で噴出させて水だけで汚れを落とす洗浄機器です。
業務用のプロが使用する品物では数十万円~百万円を超えるものもありますが、家庭用であれば数万円ほどで購入可能です。
ただし、通常の家庭用高圧洗浄機には「排水管洗浄用ホース」と「洗浄ノズル」は付いていないので、別途購入する必要があります。

高圧洗浄を使った排水管洗浄は、少し手順が多くなります。

【高圧洗浄を使う手順】
  1. 排す管洗浄ホースとノズルを高圧洗浄機に取付
  2. 給水ホースを水道に繋ぐ
  3. コンセントを指す
  4. 最終桝の手前にある排水桝の蓋を開ける
  5. 洗浄ノズルをお家の方向へ差し込む
  6. 高圧洗浄機のスイッチをON
  7. 洗浄ホースが自然と排水管の中を進んでいく
  8. 届く範囲まで洗浄できたら、次の排水桝へ
  9. これを繰り返す

排水管は複雑な形状をしていることもあるので、うまくホースを調節しながら排水管の洗浄をしていきましょう。
気を付けなければならないのが、あまりに強い水圧を使用することで排水管内部を痛めてしまうことがあります。
排水管を破損してしまうと、排水管自体の交換や補修が必要になり、大きな出費となりますので高圧洗浄機の取り扱いには十分注意しましょう。

排水管の高圧洗浄の定期的な実施方法とメリット・デメリットを解説!水回りのトラブルを予防するためのおすすめ頻度も紹介
【自分で排水管を高圧洗浄する方法】がよく分からなくて困っていませんか? 排水管を定期的に高圧洗浄で掃除することで、排水詰まりや悪臭を防ぐことができます。 この記事では、『高圧洗浄で排水管を定期的に掃除する方法・メリットやデメリット』についてご紹介します。 この記事を読めば、高圧洗浄によるメンテナンス方法について知ることができますのでぜひ最後までご覧ください。

【場所別】排水管汚れの原因と対策

【場所別】排水管汚れの原因と対策

排水管には、トイレ・キッチン・お風呂・洗面所・洗濯場などの水回りから、毎日汚水が流れ込みます。
その結果、排水管の内部に汚れが徐々に蓄積していきます。
蓄積した汚れは、排水経路を塞いでしまったり悪臭や害虫が発生する原因になります。

ですが、排水管汚れの原因と対策を知っておくことで、汚れの蓄積を予防することが可能になります。

次は、場所別に排水管汚れの原因と対策・予防方法を解説していきます。

キッチンの排水管が汚れる原因と対策

キッチンの排水管には食品や食材のカスや料理の油汚れが流れ込むため、汚れが蓄積しやすい排水管です。

油汚れは固まってしまうと落ちにくくなりますし、食品や食材のカスによって害虫も沸きやすいです。
原因と対策をしっかりと把握して、キッチンの排水管トラブルを防ぎましょう。

キッチンの排水管汚れの原因

キッチンの排水管汚れの主な原因は、以下の通りです。

  • 食品・食材のカス
  • 料理の油汚れ
  • 洗剤のカス
  • 雑菌の繁殖によるヘドロ

キッチンの排水管が汚れる一番の原因は「油汚れ」です。
油は温度が下がると粘度が高くなり、最終的に固体化します。
焼肉のあとに油が冷えて固まっているのを見たことがある

排水管汚れの対策と予防方法

対策や汚れを防止する方法としては、「油を流し込まないようにする」ことが最も重要です。
油が付着した調理機器や食器を洗う際は、事前にキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。

また、天ぷらやフライに使用した大量の油は、排水口へは流さずに可燃ごみや資源ごみとして処分して下さい。
油の処分方法は、各自治体の処分方法に従いましょう。

油を流してしまったら要注意!排水溝に油を流してはダメな理由と対処法
お料理をしたあとの油の処理はどうされていますか? 油を台所の排水口に流すと詰まりの原因となりますので、正しく処理する必要があります。 この記事では「使用した油の正しい捨て方」と「排水口に油を流してしまった時の効果的な対処法」を紹介します。

お風呂の排水管

お風呂の排水管は、シャンプーなどと一緒に髪の毛や体毛が流れ込みます。
基本的に毎日入浴しますし、家族が多いほど汚れやすく、つまりも起こりやすいです。

原因を把握して対策をしっかり行っていきましょう。

お風呂の排水管汚れの原因

お風呂の排水管汚れの原因は以下の通りです。

  • シャンプーや石鹸カス
  • 髪の毛や体毛
  • 整髪料・クレンジングの油汚れ
  • 皮脂

皮脂やクレンジングなどの油汚れに、シャンプーのカスや髪の毛が絡みつき蓄積していきます。
整髪料をよく使用する方や、女性の場合は髪も長いため排水管内部に蓄積しやすくなります。

お風呂の詰まり!費用や相場は?安い業者の選び方も紹介
お風呂の排水が詰まってしまうと、入浴もできなくて困ってしまいますよね。 「早く直したいけれど修理費用が高そう!」といった不安もあるのではないでしょうか? お風呂の排水詰まりの実際の費用は、《どのような作業が必要か》で費用相場が変わってきます。 この記事では、安い業者の選び方やお風呂の詰まり修理の相場を詳しく解説していきます。

排水管汚れの対策と予防方法

予防として1番効果的なのは、排水口にヘアキャッチャーなど、体毛をキャッチするものを取り付けることです。

流れ込んだ体毛が排水管内部の油汚れや石鹸カスに絡みつくと、つまりの原因となります。

そのため、排水口のサイズにあったヘアキャッチャーを取り付けて、体毛が流れ込まないようにしましょう。
石鹸カスや油汚れはどうしても流れてしまいますので、排水口をこまめに掃除しましょう。

トイレの排水管

人間は誰しも1日1回はトイレを利用しますよね。
毎日利用する場所ですので、こまめに掃除をしていなければ汚れが溜まってしまいます。

また、異物を誤って流してしまうケースも多く、排水管つまりが多発する箇所です。

大便(うんち)でトイレがつまる原因と8つの解消方法をご紹介
トイレは様々なことが原因で詰まってしまいますが、実は大便(うんち)が原因で詰まってしまうこともあります。 大便でトイレが詰まってしまった場合、しばらく放置する事で詰まりは解消されることもあります。 しかし、トイレが詰まっている間は家族がトイレを使うことができなくなってしまうため、できるだけ早く詰まりを解消したいものですよね。 そこで、この記事では大便でトイレが詰まってしまう主な原因と解消方法についてご紹介します。 『トイレ詰まりの予防方法』についてもご紹介するのでぜひ最後までご覧ください。

トイレの排水管汚れの原因

トイレの排水管汚れの多くは、尿石便の蓄積です。
尿石は、尿に含まれる尿素やタンパク質が変質したもので、排水管内部で結晶化してしまいます。

結晶化した尿石は薬剤を使用しなければ、なかなか落とせません。
また、水に溶けないティッシュや子ども用のお尻拭きなど、異物を流してしまうと確実につまってしまいます。

排水管汚れの対策と予防方法

トイレの汚れ対策としては、まずはこまめな掃除を心掛けましょう。
そして、水に流れないものを流してしまわないように注意が必要です。

トイレットペーパーでも海外製のものは水に溶けないものがあるため、注意しなければなりません。また、異物を流してしまうと確実につまるため、トイレに不要なものは持ち込まないようにしましょう。

トイレつまりの直し方を徹底解説!つまりの原因別の解消方法
「急にトイレがつまってしまった!」こんなとき困りますよね。 この記事ではトイレつまりをいち早く解消できるように《トイレつまりの直し方》を徹底解説します。 自分で修理できる方法から業者の選び方まで詳しく解説していますので、参考にして下さい。

洗面台の排水管

洗面台では、洗顔や手洗いのほかドライヤーを使用して髪の毛を乾かしますよね。
日々の生活においても、使用頻度の多い箇所になりますので、汚れやすくつまりやすい箇所であると言えます。

たとえ、排水口にゴミ受けを設置していても、少なからず髪の毛や石鹸カスは流れてしまいます。
当然水垢も蓄積しますので、放置していると高圧洗浄機が必要になったり、排水管を交換しなければなりません。

洗面所の排水管汚れの原因

洗面台の排水管が汚れる原因は以下の4つです。

  • 水垢
  • 髪の毛
  • 異物(アクセサリーなど)
  • ぬめり

ヘアキャッチャーやゴミ受けを通り抜けた髪の毛が石鹸カスなどとあわさりぬめりを発生させます。そこに水垢や、誤って流した異物が絡み合うとつまりを引き起こします。

洗面台のつまりを自分で直す方法と水が流れない原因を徹底解説
洗面台を使うたびに水の流れが悪くてイライラしていませんか?毎日使う洗面台は住まいの中でもとくにつまりが生じやすい場所の1つです。この記事では洗面台がつまってしまう原因と、排水つまりの対処方法についてご紹介します。 自分で簡単に直すことができる方法を分かりやすく解説するのでぜひ参考にしてみてくださいね!併せて知って絶対に知っておくべき洗面台のつまり問題に役立つ便利グッズも紹介します。

排水管汚れの対策と予防方法

まずは、日々の清掃を心掛けましょう。
帰宅後1番に手を洗う機会も多いため、砂やチリなど外部の汚れもあります。

また、洗顔料や整髪料の残りカスも混じりますので、ぬめりとして残りやすいです。
週1回程度は掃除を行うようにして、ヘアキャッチャーも設置すると、髪の毛が排水管へ流れ込むのを防げます。

そして、月に1度はパイプユニッシュなどの薬剤を使用して掃除をしましょう。

洗濯機の排水管

洗濯機の排水管は、キッチンやお風呂など、ほかの箇所と比べると掃除を忘れがちです。
そもそも、洗濯機の排水ホースが繋がっているため、自分で掃除しようと思わない場合も。

しかし、定期的に掃除しておかなくては、衣類から出る皮脂汚れや繊維クズなどで排水管がつまってしまいます。

洗剤の残りカスも混じりますので、ぬめりとして残りやすいです。
長年放置してしまうと、突然洗濯機にエラーが表示されて止まってしまうこともあります。

忘れてしまいがちな洗濯機の排水管ですが、定期的な掃除を心掛けましょう。

洗濯機の排水管汚れの原因

洗濯機の排水管が汚れる原因は以下の通りです。

  • 皮脂
  • 髪の毛
  • 衣類の繊維
  • 洗剤のカス

洗濯機の排水管が汚れる原因はさまざまありますが、基本的には汚れの蓄積によるものです。
皮脂や髪の毛はもちろん、洗濯物の繊維などが少しずつ排水管に付着することでつまってしまいます。

また、洗濯槽や排水ホース自体にも汚れは溜まります。

洗濯場の排水つまり|自分でできる直し方と料金相場
洗濯機をいつも通り使っていると、排水がうまくできずにエラーが出ていたりしませんか? 洗濯場の排水つまりは洗濯機の陰に隠れて見えづらかったり、L字の排水エルボや排水ホースが取り付けられているせいで確認することができず対処が遅れてしまうことがあります。 そのような方のために、この記事では洗濯場で排水のつまりが生じてしまった場合に自分でできる対処法についてご紹介します。

排水管汚れの対策と予防方法

まずは、洗濯機についているゴミ取りフィルターを定期的に掃除しましょう。
フィルターがつまっていると、ゴミをキャッチしてくれませんので、直接排水管へ流れてしまいます。

洗濯にお風呂の残り湯を使っている場合も、できるだけ使用しないようにしましょう。
残り湯には、皮脂や髪の毛などはもちろん雑菌が多くいるため使用しないほうがいいです。

また、洗濯槽の掃除や排水ホースの交換も定期的に行って下さい。
洗濯槽や排水ホースは、排水の通り道ですので、徐々に汚れが蓄積します。

掃除や交換をしておくことで、排水管へ汚れやゴミが流れるのを防止しましょう。

洗濯場の排水口の掃除方法と汚れの原因|便利グッズで掃除が快適に!
洗濯機の排水口って普段なかなか確認することがないため「どのくらいの頻度で掃除すればいいの?」って迷ってしまいますよね。 洗濯機を使用していくうちに必ず排水口は汚れが溜まってつまりなどが生じてしまう原因にもなってしまうので定期的に掃除しなけれ...

定期的に排水管洗浄をしないと発生するトラブル

定期的に排水管洗浄をしないと発生するトラブル

排水管は入り口の排水口までは掃除をしていても「排水管の中まではあまり掃除しない」という方も多いと思います。

しかし、定期的に排水管を掃除しておかなくては、トラブルのもとになってしまいます。

トラブルが起こってから、掃除や対処を迫られると手間や費用がかかりますので、こまめな掃除をしておきましょう。

排水管から悪臭が発生する

排水管の汚れを放置してしまうと、水回りから嫌な臭いを感じる場合があります。
洗剤カスや油汚れなど、さまざまな汚れが蓄積する排水管は、雑菌が増殖しやすい環境です。

「封水」と呼ばれる水を排水管の内部に貯めておくことで、臭いの漏れを防いでいます。
しかし、汚れが蓄積してしまうと、水圧のバランスが崩れて封水がなくなることがあります。

排水トラップの水がなくなるとどうなる?封水切れの原因と対策方法
という言葉をご存知でしょうか?水回りには大切な機構です。 例えばしばらく空けていたお家に帰るとなんだか下水の臭いがする」「賃貸物件を見に行ったら下水臭い」といった経験はないですか? コレ、実は封水切れによることが主な原因です。 この記事では「排水トラップの仕組み」と、水まわりの水道設備に備え付けられている「排水トラップの水がなくなるとどうなるのか?」ということについてご紹介します。

そのため、悪臭がする場合はまず「封水がきちんと溜まっているか?」チェックして下さい。

封水があるのにもかかわらず、悪臭がする場合は、汚れが封水より排水口側に蓄積していることが原因です。
ブラシなどを使い掃除しましょう。

排水溝がなんだか臭い!悪臭が発生する場所と対策方法
キッチン・お風呂・洗濯機置き場・洗面所など、水まわりの排水溝から嫌な臭いがして困っていませんか? 排水経路は定期的に掃除を行わないと、汚れが溜まって悪臭を放ってしまうことがあります。 水まわりの設備によって、汚れの原因や悪臭がする場所も変わってくるので、排水溝の悪臭を無くすにはそれぞれの対策が必要です。 この記事では『排水溝から臭いがする原因』と『原因別の対策方法』について詳しくご紹介します。 排水溝からの嫌な臭いにお悩みの方はぜひ最後までご覧になってくださいね。

汚れが蓄積して排水の流れが悪くなる

排水管に汚れが蓄積すると、排水の通り道が狭くなるため流れが悪くなります。
結果として、つまりを起こしたり、排水が逆流してしまいます。

特に、油汚れや髪の毛などは蓄積しやすい汚れのため、キッチンやお風呂場の排水管は要注意です。

定期的な掃除を行いましょう。

排水管の詰まりを防ぐ!簡単な排水メンテナンス方法とおすすめグッズ紹介
排水管の詰まりが水の流れが原因で悪くなって困っていませんか? 排水管が詰まってしまうと、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。 そこで、この記事では『排水管の詰まりを解消する方法』と『詰まりを予防する方法』についてご紹介します。 【排水管を簡単にメンテナンスすることができる便利グッズ】についてもご紹介するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

害虫が発生する

排水管に汚れが蓄積すると、害虫が発生して家の中に侵入してくる可能性があります。
排水管に溜まる汚れは栄養が豊富にあり、食品のカスが流れるキッチンは特に害虫が発生する可能性が高いです。

普段は「封水」が悪臭とともに害虫の侵入を防いでいますが、汚れが溜まると封水がなくなることがあり、その際に害虫が家の中へと侵入してきます。

古い住宅では、封水をためる排水トラップがない場合や、排水口の隙間からも害虫は侵入してきますので、注意しましょう。

水まわり別|おすすめの排水管洗浄の頻度

水まわり別|おすすめ排水管洗浄の頻度

場所掃除頻度
キッチン週に2〜3回
洗面所・お風呂週に1〜2回
洗濯機月に1回

それぞれの排水管は、上記の頻度で洗浄していきましょう。
放置しておくと、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいますので、定期的に洗浄することがとても重要です。

ですが、排水管の内部は直接目で確認できないため、汚れ具合をみての掃除はできません。

「水の流れが悪いな」と感じてから掃除するのでは、手遅れの場合もありますので、こまめに掃除しておきましょう。

排水管の汚れがひどい場合は高圧洗浄機が必要

排水管の汚れがひどい場合は高圧洗浄機が必要

排水管の汚れが、あまりにもひどく蓄積していると、薬剤やブラシなどでは落とせないことがあります。

その場合は、高圧洗浄機が必要です。
しかし、高圧洗浄機は家庭用のものでも数万円はしますので、業者に任せるのもひとつの手です。

高圧洗浄機は、使用方法を誤ると排水管を痛めてしまい、配管の交換が必要になります。
出費の負担が増える恐れもありますので、高圧洗浄機を使用する場合は、慎重に行なって下さい。

排水管の高圧洗浄の定期的な実施方法とメリット・デメリットを解説!水回りのトラブルを予防するためのおすすめ頻度も紹介
【自分で排水管を高圧洗浄する方法】がよく分からなくて困っていませんか? 排水管を定期的に高圧洗浄で掃除することで、排水詰まりや悪臭を防ぐことができます。 この記事では、『高圧洗浄で排水管を定期的に掃除する方法・メリットやデメリット』についてご紹介します。 この記事を読めば、高圧洗浄によるメンテナンス方法について知ることができますのでぜひ最後までご覧ください。

高圧洗浄が必要なケース

以下の症状がみられた場合は、排水管内部に汚れが蓄積しているサインです。

排水管洗浄に高圧洗浄機が必要なケース

  • 水を流すとゴボゴボを音がする
  • 頻繁に排水の流れが悪くなる
  • 悪臭がする

汚れがひどく排水管の内部に付着している場合は、高圧洗浄機を使用しなければ落とすことが難しいです。

排水管内部に汚れが蓄積すると、床下などから「ゴボゴボ」と音がすることもあります。

排水口からゴボゴボ音がする5つの原因と対処法!放置したらどうなる?
水を流すと排水口からゴボゴボと音がする・・。こんな経験ないですか? 水回り(お風呂・キッチン・洗濯場・洗面所)などの排水口から突然ゴボゴボと音がすると「詰まってるのかな?」「汚水があふれないかな?」と心配になってしまうと思います。 目に見える症状じゃないからこそ不安になってしまいがちですが原因と対策方法を知っておけば問題ありません。 この記事では、排水口から聞こえるゴボゴボという音の原因と対処法についてご紹介します。

また、頻繁に排水の流れが悪いと感じたり、悪臭がしている場合も、汚れが蓄積しているサインですので、高圧洗浄機を使用しましょう。

水道修理業者に依頼した場合の費用

高圧洗浄を業者へ依頼する場合は、洗浄する範囲によって料金は異なります。

範囲費用の相場
家全体の排水管70,000円〜100,000円
部分的な排水管20,000円〜50,000円

また、洗浄する排水管の長さや使用する水圧によっても料金は異なります。
しかし、どの項目についても、状況や状態を自分で判断するのは難しいですよね。

まずは、水道修理業者へ見積もりを依頼しましょう。

水道修理を依頼したい!水道修理業者の選び方と注意点
蛇口の水漏れやトイレのつまりなど、水道設備にトラブルが起きると、生活に支障が出てしまいます。 水道修理を頼みたいけど、たくさんの業者があってどこに依頼すればいいのかわからない事もあると思います。 そこで「水道修理業者の選び方」「失敗しない為のポイントや注意点」を紹介します。 ぼったくりの被害にあわない為にも、ポイントを抑えておきましょう。

水の救急隊であれば、見積もりはもちろん出張費用も無料です。

依頼時に「ネットをみた」と伝えていただくだけで3,000円の割引もいたしますので、排水管を高圧洗浄したいとお考えの方は、ぜひ水の救急隊へご相談下さい。

排水管洗浄のよくある質問

排水管洗浄のよくある質問

最後に排水管の洗浄についてよくある質問を紹介します。
排水管は直接見えない箇所でもありますし、掃除方法もよくわからない方が多いと思います。

誤った洗浄方法をとってしまうと、排水管が損傷する恐れもあるため、疑問を解決してから排水管洗浄をするようにしましょう。

排水管汚れの原因は?

排水管を設置してある箇所で変わってきますが、【油分・雑菌の繁殖によるヘドロ・尿石・石鹸や洗剤カス・髪の毛】が主な詰まりの原因です。
これらが絡まりあい、排水管の内部で蓄積していきます。

排水管洗浄はしたほうがいいですか?

排水管は定期的に掃除するべきです。頻度は1年に1度程度が理想ですが、難しい場合は5年に1度は排水管の洗浄をしましょう。
排水管に蓄積した汚れによって、様々なトラブルを引き起こします。

  • 悪臭の発生
  • 害虫の発生
  • 排水の流れが悪くなる
  • 排水管がつまる

放置を続けると、最悪の場合は排水管を交換しなければならず費用の負担が増えてしまいます。

排水管洗浄は義務ですか?

排水管の洗浄は義務ではありません

しかし、マンションなどでは清潔な状態を保つために、管理人もしくは管理会社へ年1回程度の排水管洗浄が推奨されています。

また戸建ての持ち家の場合は、自己管理となります。
排水詰まりが起きる前に、必要に応じて排水管洗浄をしていきましょう。

パイプユニッシュは何を溶かしますか?

パイプユニッシュは、強アルカリ性の薬品で食品のカスや髪の毛のほか、皮脂などの油汚れを溶かします。

固形物がつまっている際には、効き目がありませんので注意しましょう。

まとめ

まとめ

排水管は、定期的な洗浄を行わなければ様々なトラブルを引き起こします。
しかし、排水管内部の汚れ具合が直接見えないため、掃除すべき頻度がわからなかったり掃除方法もわからなかったりします。

長年放置してしまうと、汚れが蓄積してしまいますし、掃除の手間や費用の負担が大きくなります。
本記事で解説した、排水管洗浄の方法や予防策を実施していただき、大ごとになる前に対処していきましょう。

心配な方は水の救急隊へお気軽にご相談下さい。
【見積・相談・出張費】は無料で対応可能です。

排水設備の詰まり修理 | 水の救急隊 | 排水設備の詰まりのトラブルを年受無休で解決中!
排水設備の詰まり修理ページです。「下水の流れが悪い」「浄化槽の水が流れていかない」「下水の悪臭がする」など排水設備の詰まりトラブルやお困り事ならお任せ下さい。 TVCM放映中。安心の前見積でご検討下さい。即日修理も可能です。「ネット見た!」...