0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

排水管の高圧洗浄の定期的な実施方法とメリット・デメリットを解説!水回りのトラブルを予防するためのおすすめ頻度も紹介

排水管の高圧洗浄の定期的な実施方法とメリット・デメリットを解説!水回りのトラブルを予防するためのおすすめ頻度も紹介 給排水設備
給排水設備詰まり高圧洗浄

「排水管の高圧洗浄は、定期的にしたほうがいいの?」といったご質問を頂く事があります。
結論としては「イエス」です。
理由としては、時間と共に様々な要因で排水管の流れが悪くなっていくからです。

『排水管』が詰まってしまうと、悪臭の原因になったり、水道設備が使えなくなってしまいます。

このようなトラブルを防ぐためには、普段から定期的に高圧洗浄を行うことが有効です。
分譲マンションでは、1年に1回は水回りを高圧洗浄している管理組合も多いです。

ただし、排水管は適切に高圧洗浄しなければ、逆にトラブルを引き起こしてしまうリスクもあるので注意が必要です。

この記事では、『高圧洗浄で排水管を定期的に掃除する方法』『高圧洗浄を定期的に行うメリットやデメリット』について詳しくご紹介します。

この記事を読めば、【高圧洗浄による定期的なメンテナンス方法】や【メンテナンスのおすすめ頻度】についても知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

【この記事を読んで欲しい人】

  • 排水管のメンテナンスは必要か知りたい
  • 高圧洗浄する方法や手段を知りたい
  • 排水管を掃除する頻度について知りたい
  • 排水管に関するトラブルを知っておきたい
  • 高圧洗浄を行うメリットやデメリットを知りたい
  1. 排水管の定期的な高圧洗浄が必要な理由
    1. 戸建ては構造的に排水が流れにくい
    2. 集合住宅でも必ず高圧洗浄しているわけではない
    3. 排水管はつまりやすく注意が必要
  2. 定期的な高圧洗浄の頻度はどのくらい?
  3. 戸建ての排水管を定期的に高圧洗浄する方法
    1. 自分で行う高圧洗浄~準備するもの~
    2. 自分で行う高圧洗浄~手順~
  4. 自分で高圧洗浄をするときの注意点
    1. 絶対に手を離さない
    2. 早朝・深夜の作業は避ける
    3. 必ず目や体を保護する
    4. 説明書通りに正しく使う
  5. 自分で排水管の高圧洗浄を行うメリット
    1. 詰まりや悪臭を防げる
    2. 費用を抑えることができる
  6. 自分で排水管の高圧洗浄を行うデメリット
    1. キレイに洗浄できない可能性がある
    2. 排水管の破損・水漏れのリスクがある
    3. 事故やケガをしてしまうことも
  7. 排水管の高圧洗浄は水道業者に依頼するのがおすすめな3つの理由
    1. 確実にキレイにしてくれる
    2. 作業の手間が省ける
    3. 排水管の劣化や破損にも対応できる
  8. 高圧洗浄を業者に依頼した場合の費用相場
    1. 排水管の高圧洗浄にかかる費用を安く抑える2つのポイント
      1. 一部ではなく全体の排水管洗浄を依頼する
      2. 複数の業者で見積をもらい比較する
  9. 高圧洗浄を依頼する業者の選び方
    1. 料金が明確なところを選ぶ
    2. 実績豊富な地域密着型の水道業者を選ぶ
    3. 水道局指定工事店を選ぶ
  10. まとめ
  11. 水のトラブルなら水の救急隊へ

排水管の定期的な高圧洗浄が必要な理由

排水管の定期的な高圧洗浄が必要な理由

排水管には、キッチンの【油/食材の残りカス/洗剤】、お風呂場や洗面台での【石鹸カス/髪の毛】などが下水管へ流れていきます。

汚れが蓄積して排水管が詰まってしまうと、徐々に排水の通り道が狭くなり、最終的に完全に詰まってしまうこともあります。
特にキッチンから出る油分は、気温が下がると粘度が上がり、ひどくなると固形化します。

このような蓄積された汚れは、高圧洗浄を行うことで取り除くことができます。
薬剤やトーラーを使う事で排水管の洗浄もできますが、薬剤は効果が無かったり、トーラーは通管のみになります。
詰まりの原因を除去して、排水管内部をキレイにできるのは高圧洗浄のみです。

以下では、【高圧洗浄を行うべき3つの理由】について、具体的に解説していきます。

戸建ては構造的に排水が流れにくい

戸建ての排水管は、マンションやアパートと違い排水経路が複雑になっていたり、勾配がゆるいため、汚水を流す力が弱いのが特徴です。

マンションやアパートなどの集合住宅は、一般的には管理会社によって定期的に排水管のメンテナンスが行われています。

対して戸建ての場合はすべて家主の判断なので、排水管のメンテナンスを怠ってしまうこともあるかもしれません。

そのため、戸建て住宅でよくある起きるトラブルとして、「排水管が詰まり庭にあふれている」といったケースがあります。

このように、戸建てでも集合住宅でも、排水管のメンテナンスをしていないと、排水トラブルが起きる可能性が高くなります。

集合住宅でも必ず高圧洗浄しているわけではない

一般的にマンションやアパートなどの集合住宅では、1年~2年おきに定期的な排水管のメンテナンスが行われます。

しかし、定期的な高圧洗浄は法律で義務化されているわけではありません

物件によっては、管理会社が適切に対応を行っていない可能性もあります。

集合住宅は、排水管が各住居者の部屋と繋がっているため、他の部屋で排水トラブルが発生すると被害拡大しやすいです。

集合住宅での排水管のトラブルを放置してしまうと、近隣間でのトラブルに発展することもあります。

排水管のトラブルが起きた時は管理会社に問い合わせ、定期的に排水管のメンテナンスを実施されているか確認してみてください。

排水管はつまりやすく注意が必要

水道設備には、流れていく汚水によって詰まりやすい箇所があります。
特に「トイレ」「キッチン」「浴室」です。

トイレの排水管に流れていくのは、主に【トイレットペーパー・尿・便】です。
なぜトイレが詰まりやすいのかについてですが、それは《尿石の蓄積》が挙げられます。
尿の成分は、空気に触れると徐々に粘度が上がり、排水管の中にこびりついていきます。

キッチンでは【生ゴミ・油・洗剤カス】、洗面台や浴室では【髪の毛・皮脂・石鹸カス】といった排水管に固着しやすいものが流れます。
油分が一番詰まりの原因になりやすく、お料理で使った油を排水管に流してしまうと、簡単に詰まってしまいます。

浴室では、皮脂汚れなどが蓄積していきます。

この様な理由から、排水管は詰まりやすいのが普通だと思っておきましょう。

定期的な高圧洗浄の頻度はどのくらい?

定期的な高圧洗浄の頻度はどのくらい?

戸建ての場合は、排水管の高圧洗浄を行う目安は『3~5年に1回の頻度』です。

排水管の掃除頻度や経年劣化の状況によって異なりますが、油汚れなどは3~5年の期間をかけて徐々に蓄積します。

詰まりや悪臭のトラブルが発生する前に、高圧洗浄を定期的に行うことが大切なポイントです。

ご自宅の排水口が以下のような状況の場合は、3~5年が経過していなくても高圧洗浄を検討しましょう。

  • 水まわり設備から下水臭がする
  • 排水口が詰まったり逆流している
  • 排水口からゴポゴポ音がする
  • 繰り返し何度も詰まる

ご自宅の状態が上記に当てはまる場合は、排水管の一部だけではなく、排水管全体に汚れが蓄積している可能性が高いです。

メンテナンス時期だけではなく、排水トラブルの症状によっては高圧洗浄を行いましょう。

前回の高圧洗浄から3~5年経っていなくても、1~2年で油の層が排水管内部にこびりついていることもあります。

戸建ての排水管を定期的に高圧洗浄する方法

戸建ての排水管を定期的に高圧洗浄する方法

戸建ての排水管は、定期的に掃除することで詰まりや悪臭のトラブルを防ぐことができます。

以下では、【自分で排水管の高圧洗浄を行う手順】について紹介していきます。

自分で行う高圧洗浄~準備するもの~

まずは、排水管の高圧洗浄を行うときに準備するものについて紹介します。

準備するもの

  • 高圧洗浄機
  • パイプクリーニングホース
  • ノズル
  • バケツ
  • ゴム手袋

高圧洗浄機を行う際には、排水管を洗浄するための「ホース」「ノズル」が必ず必要です。
ノズルの種類によって、水が出る方向や威力が変わってきます。
使い方に合わせて変えていきましょう。

また、排水管の高圧洗浄を始めるとと、溜まっていた汚泥が排水桝へ大量に流れてきます。
大きい塊の汚泥は、バケツやごみ袋に回収していきましょう。
この際、手が必ず汚れるのでゴム手袋をしてから作業しましょう。

他にも、排水桝を清掃するときは悪臭がひどいので、マスクを着けて作業することをオススメします。

自分で行う高圧洗浄~手順~

排水管の高圧洗浄は、一般的には水道業者へ依頼しますが、高圧洗浄機本体とノズルがあれば自分で行うことができます。
ですが、自分で高圧洗浄を行うことは労力と手間が非常にかかる作業です。
「汚いのが苦手」「高圧洗浄機を買うのがもったいない」といった方は、水道修理業者へ相談しましょう。

排水設備の詰まり修理 | 水の救急隊 | 排水設備の詰まりのトラブルを年受無休で解決中!
排水設備の詰まり修理ページです。「下水の流れが悪い」「浄化槽の水が流れていかない」「下水の悪臭がする」など排水設備の詰まりトラブルやお困り事ならお任せ下さい。 TVCM放映中。安心の前見積でご検討下さい。即日修理も可能です。「ネット見た!」...

また、家庭用の高圧洗浄機と業務用の高圧洗浄機では、価格も性能も段違いです。
キッチリ排水管をキレイにしたい方も、水道修理業者へ相談しましょう。

それでは、自分で高圧洗浄を掛ける手順を紹介します。

【高圧洗浄の手順】
  1. 排水枡の位置を確認

戸建・集合住宅のどちらにも、必ず排水桝が一定の間隔で設置されています。
お庭の地面に、マンホールのようなものや塩ビの蓋があるはずです。
排水桝や汚水桝と記載がある場合もあります。

  1. 排水枡の蓋を開けて準備する

まずは、最下流にある排水桝の蓋を開けましょう。
マイナスドライバーがあると便利です。
排水桝の蓋には、マイナスドライバー挿し込めるような溝があることが多いです、
コンクリート製の排水桝のフタは、重量があるので注意して下さい。

  1. 下流から上流に向かってノズルを入れていく

排水管の高圧洗浄を掛ける時は、屋外の排水マスから屋内へ向けて行います。
下流から上流へ向けて、高圧洗浄をかけると覚えておいてください。
ノズルは「後ろ側」、もしくは「後ろ側+前方」に向けだせるノズルを使いましょう。

準備ができたら、最下流の排水桝からノズルを入れていきます。
このとき50㎝から1メートル程度、挿し込んでから水を出して下さい。
水を出し始めると、水圧の力でノズルが勝手に進んでいきます。

  1. 汚泥を取り除きながら、次の排水桝へ進めていく

汚れが大量に蓄積していた場合は、汚泥が大量に流れ始めます。
排水桝を覗いてみて、大きな汚泥はすくい上げていきましょう。

次の排水桝に到達したら、一度ノズルを抜いて、次の排水桝から同じ作業を繰り返していきましょう。
この作業を繰り返しながら、排水管を洗浄していきます。

トイレやキッチンなどの水道設備近くまで進めたら、水道設備へ向かってノズルを入れていきます。
ですが、排水管の長さがわからない場合は、あまり奥まで進めないようにしてください。
屋内側で水が噴き出してしまう可能性があります。

  1. きれいな水しか流れてこなくなったら終了

最終的に汚泥がなくなり、キレイな水しか流れてこなくなった時点で作業完了です。

自分で高圧洗浄をするときの注意点

自分で高圧洗浄をするときの注意点

「高圧洗浄機は持っているけれどあまり使ったことがない」「あまり使い方がわからない」といった方も中にはいらっしゃると思います。

排水管の高圧洗浄を、自分で行う際には注意点があります。

自分で排水管の高圧洗浄を行う際は、以下の4つの注意点を守るようにしましょう。

絶対に手を離さない

高圧洗浄を行うときは、洗浄ノズルから手を離さないようにしましょう。

初めて高圧洗浄を使う方は、ノズルから噴出される水の勢いに驚いてしまうこともあるかもしれません。

使用中に誤って洗浄ノズルから手を離してしまうと、洗浄ノズルから噴出された水が勢いよく噴き出します。

屋外の排水桝』の高圧洗浄を行っている場合は屋外ですので、水がまき散っても被害を最小限に抑えることができます。

万が一、手を放してしまったら、すぐに水を止めてしまいましょう。

高圧洗浄を自分で行う際は、しっかり洗浄ホースを抑えながら作業していきましょう。

早朝・深夜の作業は避ける

高圧洗浄はコンプレッサーを使っているため、使用中は大きな音と振動が発生します。

早朝や深夜に高圧洗浄機を使ってしまうと、近所迷惑になるので、高圧洗浄は日中に行いましょう。

時間帯は10時~17時くらいまでの間で使用すると、あまり近所迷惑にならずに済むと思います。

心配な方は高圧洗浄を行う前に、お隣さんに一言声をかけておくと安心かもしれませんね。

必ず目や体を保護する

高圧洗浄機を使って作業するときは、必ず厚手の長袖を着用し、マスク・ゴーグル・手袋を付けて作業するようにしてください。

コンプレッサーによって圧縮された水は、「全開の蛇口から吐水される水の40倍水圧」で噴出します。

誤って身体や目に高圧洗浄機から吐水された水が当たってしまうと、ケガや失明の恐れがあります。
高圧洗浄機を扱う際は、細心の注意を払って作業するようにしましょう。

また、高圧洗浄機は派手な色をしているものも多いです。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、お子様が高圧洗浄機をおもちゃと勘違いしてしまう可能性も考えられます。

高圧洗浄機を使用するときは、お子様がケガをしないように細心の注意を払ってくださいね。

説明書通りに正しく使う

高圧洗浄機は、必ず取扱い説明書通りに使用しましょう。

高圧洗浄機は水を使用して洗浄しますが、お湯を使用して洗浄されている方もいらっしゃると思います。

しかし、お湯に対応していない高圧洗浄機の場合は、お湯を使ってしまうと故障の原因になってしまうので注意しましょう。

高圧洗浄機の種類によっては15分以上使用する場合、電源を切ってしばらく休ませないといけないこともあります。

高圧洗浄機の連続使用はモーターに負荷がかかってしまいます。
焼き付きなどの故障リスクがあることを知っておきましょう。

自分で排水管の高圧洗浄を行うメリット

自分で排水管の高圧洗浄を行うメリット

ここまで、【排水管の高圧洗浄の重要さ】【高圧洗浄機を扱う際の注意点】についてお伝えしてきました。

排水管の高圧洗浄は、高圧洗浄機をお持ちであれば自分で行うこともできます。

では、自分で排水管の高圧洗浄を行うことで、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

以下では、【排水管の高圧洗浄を自分で行う2つのメリット】について解説していきます。

詰まりや悪臭を防げる

高圧洗浄を定期的に行うと排水管に汚れが蓄積を防ぐことができるので、詰まりや悪臭被害を予防することが可能です。

排水管本体も清潔な状態に保たれるので、排水トラブルが発生するリスクを下げることができるのも大きなメリットです。

費用を抑えることができる

自分で排水管の高圧洗浄を行うことができれば、費用を抑えることができるのもメリットの1つです。
自分で高圧洗浄をかけるのは労力と時間がかかりますが、費用を格段に抑えることができます。
高圧洗浄作業を水道修理業者に高圧洗浄を依頼すると、最低でも¥30,000程度は必要です。
お家全体であったり、長い排水管を洗浄すると¥100,000以上の費用になることもあります。

自分で排水管の高圧洗浄を行うデメリット

自分で排水管の高圧洗浄を行うデメリット


自分で高圧洗浄を行うメリットもありますが、実は自分で排水管の高圧洗浄するデメリットもあります。
デメリットについてもきちんと知っておきましょう。
以下では、【自分で排水管の高圧洗浄を行う3つのデメリット】について解説します。

キレイに洗浄できない可能性がある

床下に埋設された排水管は、いくつにも分岐しているため、目視で排水管の位置を確認しながら作業することが難しいです。
排水桝ごとに分岐していたり、90度に曲がっているような箇所もあります。
この様な場所を通過させるときは、コツや技術が必要だったりします。

また、家庭用の高圧洗浄機は業務用のものと比べると洗浄力が弱いです。

家庭用の高圧洗浄機では、頑固にこびりついた汚れや蓄積した油汚れをうまく取り除くことが難しいケースもあります。

排水管の破損・水漏れのリスクがある

設置から長年経過した排水管の高圧洗浄を行う場合は、排水管の劣化具合をきちんと把握してから作業を行う必要があります。

排水管の状況確認を行わずに知識のない方が高圧洗浄してしまうと、排水管本体が破損するリスクも考えられます。

排水管が破裂したり破損してしまうと、結果的に排水管の修繕費用の方が高くついてしまうかもしれません。
特に地中の埋設配管は、掘削作業も
排水管の高圧洗浄は、高い水圧で洗浄すればいいというものではありません。

排水管の状態に合わせて、高圧洗浄の圧力を適切にコントロールすることが大切です。

事故やケガをしてしまうことも

排水管の高圧洗浄を自分で行ったことが原因で、事故やケガをするリスクがあることを知っておくようにしましょう。

高圧洗浄機は、ノズルから勢いよく水が噴き出します。

たかが水と思ってはいけません。水圧の力は予想以上に強力です。

ホースをきちんと持っていない状態でスイッチを入れてしまったり、誤って高圧洗浄ノズルから手を放してしまうと危険です。

例えば、車にノズルから勢いよく出た水が当たって傷をつけてしまったり、ホースが暴れて目に当たってしまう危険があります。

自分で高圧洗浄を行う際は、事故やケガをしないように細心の注意を払うようにしましょう。

排水管の高圧洗浄は水道業者に依頼するのがおすすめな3つの理由

排水管の高圧洗浄は水道業者に依頼するのがおすすめな3つの理由

排水管の高圧洗浄作業は、プロの水道修理業者に依頼することで安心してすべての作業を任せることができます。

以下では、【排水管の高圧洗浄を業者に依頼するべき3つの理由】について解説します。

自分で排水管の高圧洗浄を行うべきか迷っている方も、ぜひ参考にしてくださいね。

確実にキレイにしてくれる

水道業者は様々な建物の高圧洗浄を行っている経験豊富なプロなので、状況に応じて確実に排水管内部をキレイにしてくれます。

プロの業者は短時間で効果的に高圧洗浄を行ってくれるため、安心して任せることができます。

さらに業務用の高圧洗浄機は、一般家庭用と比べても水の威力が強いです。

自分では取り除くことのできない頑固な汚れも、プロの水道業者が使用する業務用高圧洗浄機なら除去することができます。

作業の手間が省ける

高圧洗浄をかけるには、非常に手間と労力が掛かります。

戸建ての排水管全ての高圧洗浄を行う場合は、プロでも半日~丸一日掛かります。

また、高圧洗浄を行う準備はもちろんですが、意外と大変なのが後片付けです。

高圧洗浄をかけた後のホースは、排水管の中のゴミや油汚れなどが付着しています。

汚れたまま保管すると、後から強烈な悪臭を放つことがあります。

このようなことを防ぐためにも、10メートルの高圧洗浄ホースをキレイにしてから保管する必要があります。

このように、高圧洗浄作業は想像以上に手間が掛かります。

排水管の劣化や破損にも対応できる

プロの水道業者は、排水管の高圧洗浄を行ったときに、破損などのトラブルを見つけた場合も臨機応変に対応することができます。

排水管の状態を確認してから作業を行うので、排水管を破損させてしまうようなことが無いように、水圧を調整して作業を行います。

もし万が一、水道業者の不手際で排水管を破損させてしまったとしても、水道業者ならキチンと復旧してもらうことができます。

前述の通り、埋設配管の修理は自分で作業することは難しいので、トラブルが起きた時の保険代わりになるのも水道業者に任せるメリットです。

高圧洗浄を業者に依頼した場合の費用相場

高圧洗浄を業者に依頼した場合の費用相場

排水管の高圧洗浄を水道業者に依頼したときにかかる費用は【2万円~3万円前後】が相場です。

しかし、排水管の高圧洗浄は「排水管の設置状況」や「高圧洗浄をかける長さ」によって費用は大きく異なります。

排水管の高圧洗浄は、現地調査で「排水管の状況を確認」してからの見積となることがほとんどです。

なざ現地見積になるのかというと、「どれだけの工数(手間)」が必要かを確認しなければならない為です。

他にも、排水管の汚れがひどく、高圧洗浄だけでの対処が難しい場合はトーラ-作業を行うこともあります。

トーラ-作業を行う場合は、高圧洗浄の料金にトーラ-作業の【1万5千円~3万円前後】が加算されます。

排水管が2階以上に設置されている場合は、高圧洗浄を行う範囲も広くなるため追加料金がかかることもあります。

場合によっては、排水管の高圧洗浄にかかる費用がトータルで10万円を超えるようなケースもあることを知っておきましょう。

排水管の高圧洗浄にかかる費用を安く抑える2つのポイント

水道業者に排水管の高圧洗浄を依頼するときには、「少しでも費用を安く抑えたい」方がほとんどだと思います。

高圧洗浄は、詰まりや汚れなどの状況によっては費用が高額になりやすい作業です。

費用を少しでも安く抑えるためには、以下の2つのポイントに注目するようにしましょう。

一部ではなく全体の排水管洗浄を依頼する

水道業者に作業を依頼する場合は、まとめて家全体の排水管の高圧洗浄を行った方がお得です。

排水管にトラブルが発生する度に依頼すると、その度に人件費がかかるので、何度も依頼するほうが高額になります、

そのため、費用を安く抑えるには「まとめて依頼する」のがオススメです。

複数の業者で見積をもらい比較する

水道修理全般に言える事ですが、費用や相場感がわからない場合は「必ず相見積もり」をするようにしましょう。
相見積もりとは、複数の業者に見積を取ってもらう事です。
見積を比較することで、必要な作業項目や相場感を掴めます。
さらに安い業者を見つけることもできます。

ただし、いくら作業費用が安くても、キチンと修理作業をしてもらえなければ意味がありません。
安さだけで作業依頼をするのではなく、キチンとした会社かどうか、言動もチェックしておきましょう。

高圧洗浄を依頼する業者の選び方

高圧洗浄を依頼する業者の選び方

高圧洗浄を業者に依頼したいけれど、「どの水道業者を選べばいいのか分からない…」とお悩みの方も多いです。

水道業者を選ぶときは、必ず以下の3つのポイントを確認するようにしましょう。

料金が明確なところを選ぶ

高圧洗浄の費用は、業者によって費用が大きく異なるため、料金を明確に提示しているところを選ぶようにしましょう。

水道業者のホームページには、料金表が記載されているのが一般的です。

水道業者に依頼する際は基本料金が必ず発生しますが、この基本料金は【5,000円前後】が相場です。

基本料金のみがホームページに記載されている業者の場合は、必ず作業費用を確認しましょう。

また、極端に基本料金が安い水道業者に依頼することもおすすめはできません。

「排水管が破損している」「特殊な機材を使って作業しなければならない」などと、言いがかりをつけて高額請求されるケースもあります。

水道業者に依頼するときは、必ず見積もりを行って「追加料金が発生するかどうか」について確認しておくようにしましょう。

実績豊富な地域密着型の水道業者を選ぶ

排水管の高圧洗浄は、豊富な経験と知識を持った水道業者に依頼するほうが安心です。

ホームページに実績数が記載されていない場合は、設立年や対応可能なトラブルを確認することで、その水道業者の実力を知ることができます。

そして、水道業者に依頼するときには必ず対応エリアを確認して、地域密着型の水道業者を選ぶようにしましょう。

地域密着型の水道業者は対応スピードも早く、施工後にトラブルが発生した場合でも迅速に対応してくれるので安心です。

水道局指定工事店を選ぶ

水道業者を選ぶときは、水道局指定工事店を選ぶようにしましょう。

水道局指定工事店は、正確には『指定給排水装置工事事業者』といいます。

『非指定工事店』と『水道局指定工事店』の大きな違いは、水道工事ができるかどうかです。

非指定工事店は、軽度の詰まりや簡単な部品の交換は可能ですが、排水管に万が一トラブルがあった場合は対応することができません。

「水道業者に依頼する際は水道局指定工事店を選ぶ」ことは、安心して作業を任せることができる業者を選ぶときの重要なポイントになります。

まとめ

まとめ

この記事では、【高圧洗浄で定期的に排水管を掃除する重要性やメリットとデメリット】について詳しくご紹介しました。

高圧洗浄機は適切な使い方をしないと、排水管にとって悪い影響を与えてしまうリスクがあるので注意する必要があります。

快適な暮らしを維持するためにも、排水管を定期的に高圧洗浄で掃除して、排水管詰まりなどのトラブルを防ぐようにしましょう。

自分で排水管の高圧洗浄を行うことは難しいと感じられた際は、専門の水道業者への依頼をご検討くださいね。

水のトラブルなら水の救急隊へ

水道修理業者を判断する材料として、口コミサイトや公式サイトの修理実績などを確認するのもおすすめです。水道屋さんの口コミをまとめたサイトも多くあるので、そちらを確認したり、SNSを確認するのもいいかもしれません。

一刻を争うような水のトラブル発生している場合、水道修理業者をじっくり選んでいる場合ではないと思われる方もいるかもしれません。そんな時は、地域密着型の水道屋さんを選ぶといいでしょう。家の近くの水道修理業者を見つけておけば、早ければ30分以内に修理を始めてもらえるかもしれません。

近くの水道屋さんなら市区町村単位で近くの水道屋さんを探すことができます。

¥3,000割引きクーポン
急な水まわりのトラブルやお困り事は、なんでもご相談下さい。
修理受付:0120-50-8000
お客様相談室:0120-225-779
お役立ちコラムの監修者
中村 覚信
株式会社 クリアライフ

株式会社クリアライフは水道設備の駆付けサービスを開始して9年目。創業23年。累計60万件の水道修理を行ってきました。
さらに2024年より全国の修理対応が可能となりました。
「突然の水のトラブルからお客様を救いたい!役に立ちたい!」そんな気持ちから水の救急隊お役立ちコラムを立ち上げました。

株式会社 クリアライフをフォローする
良い
に基づいています 26 レビュー
木村倫子
木村倫子
きっちり丁寧に仕事していただきました。
山本千雅子
山本千雅子
台所の水漏れで電話をしました。 昼の12時頃に電話して13時半過ぎに到着 すごくわかりやすい説明をしていただいて 助かりました。ありがとうございます!
ヒロイケンイチ
ヒロイケンイチ
当日にすぐ対応してくれて、作業員やコールセンターさんも非常に良い対応で、よかったです。
メガだよ
メガだよ
4/30の夜にトイレが詰まり水が溢れそうになり、急遽出動をお願いをしました。夕飯時であり、到着時間に来ていただけるのか心配してましてが連絡時間通りに来ていただきました。状況説明をしてから考えられる不具合の内容説明を受けて、作業依頼内容は業者さんのおすすめで決めました。作業に入り色々と問題点も指摘してもらい沢山知らなかったことを教わりました。そして、詰まりの原因を取り除き無事に作業は完了。さらに心配事はないかと言われ、水回りで漏れてるところはないが心配と話したとこら、親切に調査して心配ないと言われました。親切、丁寧に作業いただき大満足でした。費用も予想よりも安く済み助かりました。帰る時間は遅くなったけど嫌な顔せず笑顔でした。感謝感謝
今井信子
今井信子
トイレに携帯を落として、出せなくなったので、電話したら、素早く対応して処置して頂けました。
Takemi Terao
Takemi Terao
18時過ぎにトイレ詰まりで電話。19時半の到着から色々と親切に対応していただき21時前には全工程終了。本当に助かりました。
畑民恵
畑民恵
キッチンの排水溝が詰まり、依頼させて頂きました。すぐに来て下さり説明や見積りをして、作業を開始。目に見える詰まり解消に感動でした。 とても気さくな作業員さんで色々な質問も快くお返事して頂けました。 迅速、丁寧な対応で安心してお任せする事ができたと思います。 また何かありましたら、お願いしたいと思います。
濱田さゆり
濱田さゆり
とても親切丁寧な対応で助かりました。
杉野真砂美
杉野真砂美
ご丁寧にな説明に作業ありがとうございました。台所の水回りが綺麗になってスッキリして嬉しいです。親切にしていただきありがとうございます。またよろしくお願いします
上前隆一
上前隆一
アポインターから現場の方まで対応が良くて早かったです。内容も丁寧で、終わった後もしっかり説明して頂き、しっかりした会社だなと感じました。ありがとうございました。
シェアする