0120-50-8000ヘ電話を掛けるメールで問い合わせするラインで問い合わせする

トイレが急に下水臭くなった時の対策と悪臭がする原因を徹底解説

トイレ

トイレに入っているとなんだか臭い。
「トイレ掃除はちゃんとしているのに下水臭いのはなんで?」とお客様に相談されることがあります。
これには悪臭がする原因があって、どれだけトイレをキレイに掃除していても下水の臭いがすることがあります。
下水の悪臭の侵入経路や対策方法がわかっていれば、トイレの嫌な臭いを除去できますので参考にしてみてください。

この記事ではトイレが急に下水臭くなる原因と、下水の悪臭を予防するための対策方法をご紹介します。
最後まで読んで頂ければ、トイレの下水の臭いで悩まされることはなくなるのでぜひ最後までご覧ください。

【この記事を読んで欲しい人】

  • 急にトイレ内が下水臭くなった
  • 何をしてもトイレが臭い
  • 悪臭の侵入経路が知りたい
  • 手軽なトイレの消臭方法が知りたい
  • 自分ではトイレの悪臭が解決できない

トイレで悪臭が発生する場所4つ

トイレで悪臭が発生する場所

トイレから急に下水の臭いがしてしまうのはなぜなのか?トイレ内の悪臭の原因や臭いが発生する場所はいくつか考えられます。
そこでトイレで下水臭が発生する場所について以下ではご紹介します。
トイレの悪臭と言ってもアンモニア臭・下水臭・カビ臭など臭いによって原因も違います
「トイレの悪臭をなんとかしたい!」とお悩みの方は、ご自宅のトイレをチェックしてみて該当する箇所がないかということを実際に確認してみましょう。

便器と床の間

下水臭が便器と床の間から侵入することがあります。
便器に座るとガタガタしたり、急に下水臭がするようになった場合は便器の設置面のトラブルの可能性が高いです。
これは排水管と便器を繋ぐためのガスケットやフランジが割れたり、ヒビが入っていることが原因です。
この場合には下水臭だけではなく、トイレの水を流す度に水が漏れる原因にもなってしまうため早急に対処する必要があります。
ただし、ガスケットやフランジの交換をする為には便器を取り外して作業を行う必要があるので、水道設備業者へ依頼して解決してもらうようにしましょう。

便座の裏

便器まわりはしっかりと掃除しているし、排水管もパイプクリーナーを使ってしっかりと掃除しているのに悪臭がしてしまうケースがあります。実はこの悪臭は便座の裏にこびり付いた汚れが原因の可能性があります。

便座の裏は尿などが跳ね返って付着してしまいやすい箇所です。そのまま放置してしまうことで鼻をつくようなアンモニア臭がしてしまうことがあるので注意しましょう。

壁紙

トイレの下水臭がする場所として壁紙も考えられます。
「なんんで壁紙が?」と思われる方も多いかもしれません。
実はトイレの壁紙には「飛び散った尿」「便座を開けたまま流した時の汚水」「カビや雑菌」などが、目には見えないレベルで付着していきます。
さらに下水臭が慢性的に続いている場合には、臭い自体が壁紙に染みついてしまう事もあります。

床下の排水管

トイレで使用した汚水は、床下の排水管を通り下水へ流れていきます。
この排水管は一本の配管ではなく、エルボやチーズなどの接続用と排水管で構成されています。
なんらかのキッカケで、排水管の接続部分に隙間ができてしまうと下水臭が床下に蔓延し、隙間からトイレへ悪臭が侵入してきます。

トイレで悪臭が発生する原因5つ

トイレで悪臭が発生する原因
トイレで下水臭が発生する場所がわかったら、次は原因について説明します。
下水臭の発生場所と原因さえわかれば、トイレ内の悪臭解決まであと一歩です。

トイレが下水臭い原因1.排水管の不具合や気圧の変化

トイレから急に下水の臭いがする場合に、もっとも注意しなければならないポイントは「急に下水臭くなった」ということです。
通常であれば少しずつ汚れが蓄積していき、その汚れが原因で臭いを発生させますが、急に下水臭がする場合にはダイレクトに下水から臭気が漂ってきている可能性が考えらえます。
とくに排水管内の気圧の変化や排水管の接続部分に隙間ができているなどの不具合が、下水臭の原因である可能性があります。
空気の流れがあるということは、害虫が侵入してくる可能性もあります。
小さなゴキブリであれば1ミリ程度の隙間でも侵入してきますので、急に下水臭くなった時は早めに対処しましょう。

トイレが下水臭い原因2.封水切れ

封水とはトイレの便器内に溜まっている水のことです。
封水が必要な理由は、排水管から下水臭や害虫が上がってこないようにする役割があります。
排水管の詰まりからくる封水の減少や、単純にたまり水が蒸発してしまう事によって、封水の水量が少なくなってしまうと排水管から下水臭がするといったトラブルが引き起こされます。
できれば毎日、封水の量を確認してみるようにしましょう。
特に問題なければ、毎回同じ水量が便器に溜まっているはずです。
また、下水の臭いを防ぐための仕組みである封水は、トイレだけにあるものではありません。

お風呂たキッチンの排水トラップ内の封水がなくなってしまっている場合にも下水臭が上がってきてしまうことがあるので、トイレとお風呂が同じスペースにあるユニットバスで下水臭がする場合は、トイレだけが原因ではなく洗い場の排水トラップの封水切れ可能性もあります。
このような封水切れの場合は、洗い場の排水溝にコップ1、2杯程度の水を流すだけで解決できます。

トイレが下水臭い原因3.蓄積された尿石

尿の中には石灰化成分が含まれていて、時間の経過とともに尿石とよばれる汚れが蓄積していきます。
便座の裏などで「黄色くべっとりとした汚れ」を見たことがある方も多いのではないでしょうか?
これが便器の内側や外が、または壁や床にいたるまで徐々に蓄積していき強烈な臭いを放ちます。
固形化してしまうと簡単には汚れが落ちなくなるので、こまめなお掃除が予防方法になります。

トイレが下水臭い原因4.便器の設置面に隙間がある

便器と床の排水管は「ガスケット・フランジ」と呼ばれる部分があります。
このガスケットは、便器の設置面から水漏れしないようにするのと同時に下水の悪臭が入ってこないようにする役割があります。
ですが、毎日座ることで衝撃が蓄積していき、いずれ割れてしまったり緩んでしまうことがあります。
みなさんは座った時にグラグラする便器の経験はないでしょうか?
あれは設置面の不具合が原因です。
このような場合、床と便器の間から汚水や下水臭が侵入してきます。
害虫も入ってきますので、便器の設置面から下水臭がする場合は、早めに修理しましょう。

トイレが下水臭い原因5.大便などの汚れ

トイレは毎日使うものです。
そのため思っているよりも汚れていくスピードは速いです。
便座の裏や、目では見えないような細かい汚れが蓄積していき、下水臭を放つことがあります。
慢性的に下水臭がしている場合は、壁や天井の壁紙に悪臭が染みついているので、簡単に臭いをとることはできません。
トイレの掃除をしても下水臭がする場合には、壁紙に臭いが染みこんでいないか確認してみましょう。

トイレで悪臭がする臭いの種類

一般的に悪臭といっても様々な臭いがあります。トイレから漂ってくる臭いの種類を知ることで、「排水管からの臭いなのか」「便器からの臭いなのか」「トイレ全体から臭ってしまっているものなのか」ということを判断することができるので臭いの種類について知っておくようにしましょう。

下水臭

下水臭はトイレからする臭いの中でもっとも強烈で一番分かりやすい悪臭です。
排水管にこびり付いたヘドロや汚れがカビた臭いや、汚物から発されるアンモニア臭や腐敗臭のすべてが混ざった臭いです。
嗅いだ瞬間に吐き気をもよおす悪臭なので、早急に対策しなければ家全体に臭気が充満してしまう危険性があります。
公衆便所付近でよく臭っている下水の悪臭です。

アンモニア臭

便器にこびり付いた尿や、壁紙や床に飛び散った見えない尿汚れなどが原因でトイレからツンとした鼻をつくようなアンモニア臭がしてしまうことがあります。

基本的にはいきなり臭くなるのではなく、いつのまにか臭いが蓄積してしまっているケースが多いのが特徴です。
しっかりと掃除をして臭いの原因を取り除けば症状は緩和されます。

カビ臭

トイレは水まわりなので、壁紙の裏側やトイレマット、小窓のサッシなどにカビが発生しやすいという特徴があります。カビの臭いは独特なのですぐに分かるという方も多いのではないでしょうか?

カビ臭を放っておくと全体にカビが繁殖してしまうだけでなく、カビの胞子などを吸い込んでしまって人体にも大きな悪影響を与えてしまうので根本的な原因を解決する必要があります。

トイレの下水臭対策~封水切れの場合~

トイレの下水臭対策~封水切れの場合~

トイレが急に下水臭くなってしまうことの多くは、排水トラップの封水切れが原因で引き起こされています。封水は便器にたまった水のことで、排水管から下水臭や虫などが侵入してこないようにする役割を持っています。

これが排水トラップという仕組みです。この封水が切れてしまっている原因と対策を以下ではご紹介します。

封水の蒸発

毎日水を流している場合には問題ありませんが、長期間の間トイレを使用せずにいると徐々に封水が蒸発して悪臭の原因になることがあります。

しばらく自宅を留守にしていて帰宅した際に下水の臭いがする場合には封水の蒸発が考えられます。トイレの封水が蒸発してしまうとトイレだけでなく部屋全体に下水臭が充満してしまうリスクがあるので、長期間トイレを使用しない場合には、トイレにラップをしたり、水を多めに入れておくことで封水切れを防ぐことができます。

なくなってしまった封水は洗浄用のレバーハンドルを回して水を流してあげるだけで元に戻るので心配はいりません。

毛細管現象

トイレの封水切れには水が細い隙間や溝に引っ張られていく毛細管現象が関係していることがあります。

とくに節水型のトイレでこの症状は起きやすく、水を流した時に水量が少なかったせいでトイレットペーパーが排水トラップの上部に流れ切らず残ってしまい、そこに引き寄せられるように便器内の封水が減っていってしまいます。

こういった場合には、ラバーカップなどでトイレつまりを改善することで封水の減少を改善することができます。

トイレつまりはスッポンで解決!使い方とスッポンがない時の代用品
トイレのつまりが発生したときの解消方法としてスッポンが思い浮かぶ人も多いと思います。 スッポンでトイレのつまりを解消することは可能です。 この記事ではスッポンの選び方やスッポンの正しい使い方を詳しく解説していきます。

サイホン作用(誘因現象)

トイレの便器の封水が下がってしまう原因としてサイホン作用という現象が関係している可能性があります。

便器内の水が一気に排水管に流れたことで排水管に大きな気圧変化が起きてしまって封水の水も排水管の中へ引っ張られていってしまい封水が減少してしまいます。

またマンションなどの集合住宅の場合には、上の階の住人が洗濯機やお風呂などの排水を行った場合に同じく排水管の気圧変化が起き、下の階のトイレの封水まで引っ張られてしまうこともあります。

この現象は滅多に起こりませんが、繰り返し何度も引き起こされるようであれば、排水管の不具合が考えられます。個人で対応することはできないので、管理会社や専門業者へ依頼するようにしましょう。

通気管の不具合

気圧の変化が原因で引き起こされる封水切れには通気管も関係している場合があります。

集合住宅で2階以上の建物では、トイレの排水管の空気圧を調整するための通気管が設置されています。この通気管になんらかの不具合がある場合にも、トイレの封水が切れてしまうことがあります。

また、通気管そのものから悪臭が上がってきてしまうケースがあるので、異常がある場合には専門業者へ相談するようにしましょう。

トイレの下水臭対策~封水切れ以外の場合~

トイレの下水臭対策~封水切れ以外の場合~

トイレの下水臭の原因が封水切れ以外の場合には、トイレ本体の汚れや配管からの臭い漏れなどが考えられます。

臭いの原因となる場所を特定して掃除をすれば悩みが解消されるはずです。ただし、トイレ本体の不具合である場合には、部品交換を行なわなければなりません。以下の方法を試してみるようにしましょう。

汚れやカビを取り除く

封水には問題がないのに悪臭がする場合には排水口にこびり付いた汚れが原因である可能性が高いです。

それ以外にも、トイレタンクのカビなどの可能性もあるため、実際にどの箇所から臭いが強く放たれているか確認してみましょう。便器の排水口の汚れを掃除するのにもっとも効果的なものは薬液タイプのパイプクリーナーを用いた掃除方法です。

排水口の中に、ヘドロ状にこびりついた汚物などから臭いが放たれている場合には、パイプユニッシュなどの薬液を排水口に投入し55℃程度のお湯を流すことで、臭いの原因となる排水口の汚れを洗い流すことができます。 薬液タイプのパイプクリーナーを使用しても臭いが取れない場合には、ワイヤータイプのパイプクリーナーを試してみましょう。

明らかにトイレットペーパーなどが詰まっている場合にはラバーカップなどの詰まり解消道具も効果的です。また、トイレタンクの中は常に水で満たされているためカビが発生しやすい場所です。

実際にタンク蓋を開けてみてカビが発生している場合には、中性洗剤を用いて拭き掃除するようにしましょう。しかし、タンク内を掃除する際にはタンク内の部品を破損させないように気を付ける必要があります。

ドラッグストアなどでタンク内に投入するだけで洗浄することができる洗浄剤も販売されているので、市販されている臭いや汚れに対して有効な薬剤を活用するのも有効な手段です。

便器と床の間のガスケットを再設置

便器と床の間から下水臭がする場合、トイレの接続部に使用されているガスケットやフランジが経年によって劣化している可能性もあります。

また、臭いだけでなく床からジワジワと水漏れが発生している場合には早急な対策が必要です。ガスケットは便器を取り外して作業を行う必要があるため、自分で部品交換するのはあまりおすすめできません。

一度便器を取り外してしまうと最後まで作業を中断することができず、慣れていない場合にはトイレ本体を破損させてしまう可能性もあるため危険です。ガスケットなどを交換する場合には、必ず水道設備業者に依頼して交換してもらうようにしましょう。

排水管の繋ぎ目を塞ぐ

トイレに手洗い場が付いているご家庭も多いかと思いますが、排水パイプと排水管のつなぎ目から下水臭が漏れ出していることがあります。その場合にはつなぎ目の防臭キャップを確認してみましょう。

下水臭などが漏れ出ないように防臭する役割のある部品ですが、経年劣化している可能性があります。プラスチック製の防臭キャップは自分自身で交換することが可能ですが、金属製の防臭キャップは交換が難しいケースがあるため水道設備業者に交換を依頼するのがおすすめです。

便器や便座を清潔にする

トイレを清潔にしているつもりでも便器や便座から鼻を突くようなアンモニア臭などの悪臭がする場合があります。

便器内は真っ先に掃除する箇所ですが、便座の裏や便座の接合部などにも尿などのアンモニア成分が付着してしまいます。徐々に蓄積していった成分が臭いを発してしまうことになるので、定期的にしっかりとトイレ用のシートなどで拭き取ることが大切です。

便座に尿をこぼしてしまったりした場合などには拭き取ることができない接合部に臭いの原因が蓄積していってしまうこともあるので、取り外して掃除する必要がありますが、自分で取り外すのが難しい場合に水道修理業者へ依頼するのがおすすめです。

また、便器内たまってしまった尿石が原因で菌が増殖し臭いの原因となることもあります。軽い尿石は酸性の洗剤で除去することができますが、頑固な場合には尿石を除去することができる専用の薬剤がホームセンターで手に入るので試してみるようにしましょう。

尿石をサンドペーパーなどで取り除く方もいますが、便器は陶器でできているため破損させてしまったり。表面のコーティングを剝がしてしまい取り返しのつかないトラブルを招いてしまう危険性もあるため、絶対にサンドペーパーなどは使用しないということが重要です。

換気扇の掃除を行う

換気扇の掃除を行っていないことが原因で、トイレから漂う臭いを上手く換気できないことがあります。トイレの換気扇は天井部に付いている場合が多いですが、滅多に掃除をする箇所ではありませんよね?

ただ、掃除を行ってしまうとどうしてもトイレ内の空気を取り込む際にホコリなども一緒に吸い込んで吸気口部分が詰まってしまうことがあります。喫煙などをトイレでする方は、タバコのヤニが換気扇にこびりつき、そこにホコリが付着して換気扇の機能を低下させてしまっていることも多いので注意する必要があります。

最低でも1年に1度は換気扇の掃除を行って換気機能を保つようにしましょう。換気扇を掃除する際に便器の上に乗ってしまうと便器が体重で割れてしまう可能性もあるので、脚立や椅子などを利用して破損しないようにすることも大切です。

トイレのアンモニア臭とカビ臭の対策

トイレのアンモニア臭とカビ臭の対策

トイレの悪臭の1つとしてアンモニア臭とカビ臭があります。下水臭と同じぐらい不快感を感じる臭いなので、小さな汚れでも放置し続けてしまうと臭いの原因が蓄積してしまって知らず知らずのうちに強烈な悪臭の原因となってしまうので、こまめに対策を行うことが大切です。

以下では、アンモニア臭とカビ臭対策についてご紹介します。アンモニア臭が漂うトイレはどれだけ掃除していても清潔感がないので、この機会にしっかりとアンモニア臭の原因を特定して臭い対策を行うようにしましょう。

便器・便座・床や壁の掃除を徹底する

トイレの悪臭は掃除を怠っていることが原因である場合が多く、便器や便座を徹底的に掃除することで臭いが改善されます。

便器のフチや便座裏なども掃除で見落としがちなので、掃除する場合には見えない部分に注意して掃除するようにしましょう。そして、意外に怠りがちなのが床や壁の掃除です。

女性の場合は便座に座りますが、男性は立ったまま小便をするという方も多いのではないでしょうか?便器との距離がある場合には目に見えない尿が床や壁に飛び散ってしまっていることが多く、そのアンモニア臭の成分が蓄積されてしまって悪臭の原因になってしまうこともあります。

また、尿が壁や床に付着してしまったことが原因でカビなどが発生してしまうリスクもあるので便器や便座だけでなく、床や壁もしっかりと掃除することが重要です。そして飛び散りを防止するためにも便座に座って小便をするように徹底することも大切なことです。

クエン酸水を作り壁紙に吹き付ける

壁紙などに尿の成分が付着してしまって臭いの原因となっている場合には、クエン酸水を作って壁紙に吹きかけることで、除菌や消臭効果を発揮し臭いを予防改善することができます。

壁だけでなく床材に染み付いた臭いにも有効なので、ぜひ試してみることをおすすめします。以下では、クエン酸水が臭いに有効な理由と、クエン酸水の作り方や注意点についてご紹介します。

クエン酸水が有効な理由

トイレの嫌な臭いの原因は尿の成分が原因で発生するアンモニアによるものです。壁や床に尿が飛び散ってしまった結果、臭いの原因であるアンモニアが蓄積して悪臭を放っています。

そんなアンモニア臭にはクエン酸が有効です。アンモニアはアルカリ性なので、酸性であるクエン酸を使って掃除をすることで、アルカリ性のアンモニアが中和されて高い消臭効果を発揮することができます。

壁や床を掃除するときに、中性洗剤を使用しているという方も多いかもしれませんが、中性洗剤では汚れを落とす効果はあっても、臭いの原因を消す効果はないため、通常の掃除に加えてクエン酸スプレーを使用することで臭いの悩みが解決するはずです。

クエン酸水の作り方

クエン酸水の作り方はとても簡単なのでぜひ作ってみましょう。お湯200mlに対してクエン酸5mlを混ぜてスプレー容器に入れるだけです。

クエン酸の代わりに重曹でも代用することができますが、その場合には200mlのお湯に対して15mlのクエン酸を混ぜ合わせるようにしましょう。クエン酸がない場合にお酢を利用することができますが、お酢は独特な強い酸の臭いが充満してしまうことになってしまうのであまりおすすめはできません。

クエン酸水の吹き付け方

クエン酸水を使って掃除する場合には、塩素系漂白剤と絶対に混ぜないようにしましょう。有毒ガスが発生してしまい危険です。

クエン酸を壁に吹きかけた後はしっかりと水拭きをすることが重要です。そのまま放置してしまうとクエン酸の粉が壁や床に付着し後になってしまうことになります。

クエン酸を混ぜる量は多ければ多いほど良いということはありません。一度に大量のクエン酸を使用してしまうと手荒れの原因になります。また、トイレの素材によってクエン酸を使用できない場合もあるので注意しておきましょう。

酸に反応してしまうアルミや鉄、真鍮などの金属素材や、大理石、プラスチック、タイルの目地部分には使用しないようにしましょう。変色や腐食の原因になってしまいます。

撥水・消臭効果のある壁紙に張り替える

壁紙に尿が飛び散ってしまったときにすぐに拭き取って掃除をすれば被害は最小限で済みますが、ほとんどの方はそのまま放置してしまっているはずです。

飛び散っていないと思っている方も、目には見えていないだけで霧状の尿が少量ずつ蓄積していって臭いの原因となっていることがあります。通常の壁紙は水分が付着してしまうと染み込んでしまいますが、撥水性が高い素材の壁紙に変えることで臭いの原因の蓄積を防ぐことができます。

壁紙の中には消臭防菌効果のある素材の壁紙もあるので、壁紙を張り替えるのもおすすめの方法です。また、床材の上にマットなどを敷いている方も多いかと思いますが、定期的に洗濯を行っていますか?

スリッパなども同様でこぼしてしまった尿などをそのまま放置してしまっている可能性もあります。マットやスリッパなどの小物類も定期的に洗ったり買い替えたりするようにしましょう。

下水の臭いが消えないときは水道設備業者へ依頼

下水の臭いが消えないときは水道設備業者へ依頼

下水の臭いが封水切れなどによるものではなく、掃除などを徹底しても消えない時には排水管や見えない部分の不具合によって下水臭がトイレまで上がってきてしまっている可能性があります。

放っておくとトイレだけでなく、家全体に下水臭が充満してしまったり、最悪の場合、排水管からの水漏れなどで大きな被害が出てしまう危険性もあります。

原因が特定できない悪臭は、早急に水道設備業者に依頼して原因の特定と根本的な問題の解決をしてもらうようにしましょう。

SNS上のトイレで下水臭がするときに関する口コミや声

SNS上のトイレで下水臭がするときに関する口コミや声

まとめ

この記事ではトイレが急に下水臭くなってしまった場合の原因と対処法と予防方法について詳しくご紹介しました。どれだけトイレを徹底的に掃除をしていても、悪臭がしてしまうだけでトイレの印象は不潔なものになってしまいます。
急に下水臭くなった場合は、排水管内の悪臭がトイレ内に侵入してきている可能性が高いので早めに対処しましょう。
悪臭を放っておくと壁などに臭いが染み付いてしまうことにもなりかねないので、早急に対処することがなによりも重要なことです。この記事をぜひ参考にして、快適で清潔感あふれるトイレを維持するようにしましょう。

         
タイトルとURLをコピーしました