0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

【トイレつまりの修理の相場は?】トイレつまりを修理するときの費用相場について徹底解説!費用を抑える方法や悪徳業者対策も!

トイレ
トイレ詰まり

トイレつまりを自力で解決できないときに考えるのが専門業者への依頼です。しかし、いったいいくらかかるのかと、費用面が気になるのではないでしょうか。

そこで本記事では、トイレつまりを専門業者に依頼するときの費用について解説していきます。

ただし、今回ご紹介する内容はあくまでも平均相場になります。業者によっては料金が異なる場合があるので、比較しながら検討することをおすすめします。

【この記事を読んで欲しい人】

  • トイレつまりを業者を使って直したい人
  • 業者にトイレつまりの修理を依頼した時の費用が気になっている人
  • 悪徳業者に騙されないか心配な人

トイレつまりを修理するときの費用相場

トイレつまりを修理するときの費用相場

トイレつまりの修理は症状によって費用が変わってきます。

まずは、基本的な費用から見ていきましょう。

トイレつまり修理の費用内訳

トイレつまりの修理に必要な費用の内訳は以下の通りです。

修理に必要な費用内訳
  • 見積もり料金
  •  ほとんどの業者が無料で提供しています。
  • キャンセル料金
  •  キャンセル時にかかる料金で、作業日までの日数に応じて変動します。
  • 基本料金
  •  修理内容に関係なく必要な基本的な料金です。一部の業者では無料で提供していることもあります。
  • 出張料金
  •  スタッフの移動に伴う料金です。一部の業者では請求されないことがあります。
  • 早朝・夜間対応料金
  •  修理が特定の時間帯に行われる場合に追加でかかる料金です。
  • 部品代金
  •  修理で交換される部品にかかる費用です。部品によって料金は異なります。
  • 作業料金
  •  作業内容に応じて請求される料金で、症状によって変動します。

多くの業者は、トイレつまりの見積もりを無料で提供しているので、複数の業者に相見積もりを取り、相場を確認するとよいでしょう。このようなときは水道修理業者のまとめサイトが役に立ちます。

キャンセル時の予約キャンセル料は、作業日までの残り日数や時間に応じて変動するので、キャンセルが必要の場合は早めに行ってください。

また、基本料金やスタッフの移動に伴う出張料金、さらに特定の時間帯での作業にかかる早朝・夜間対応料金は業者ごとに料金が異なります。無料とされる料金項目も業者によって異なるため、最終的な費用を比較検討する際には、これらの要素を総合的に考慮することが大切です。

トイレつまり解消にかかる料金相場

それでは、実際にそのくらいの費用が掛かるのか、まずはトイレつまり解消に必要な料金相場をご紹介します。

見積もり料金一般的に無料
予約キャンセル料金キャンセル時期によって0%から100%まで変動
基本料金0円から8,800円まで
出張料金0円から4,000円まで
早朝・夜間対応料金0円から15,000円まで

基本料金に関しては業者によってはじめから無料としている場合もあります。しかし、基本料金が無料だからといって、最終的な料金が必ず安くなるわけではありません。

業者選びの際には作業料金を含む合計料金を比較し、トータルコストで検討するようにしましょう。

トイレタンクが原因のトイレつまり修理費用相場

次にトイレタンクの修理が必要なトイレつまりの費用相場をご紹介します。

ゴムフロート1,000円から3,000円
排水弁1,000円から3,000円
オーバーフロー管2,000円から6,000円
ボールタップ3,000円から10,000円
レバー1,500円から2,500円
浮き球2000円から8000円

トイレタンクの部品の交換に必要な修理費用は、部品によって異なります。部品の種類やトイレのメーカーによっても料金にばらつきがあるため、見積もり段階で比較検討することが必要になるでしょう。

オプション費用について

トイレつまりの修理では、オプション費用が追加されることがあります。例えば、部品交換時には廃材の引き取り料金がかかることがあり、通常2,000円から5,000円程度の費用が必要です。

ただし、一部の業者は高額なオプション代を請求してくるケースもあるので注意するようにしてください。

トイレつまりの症状や場所によって費用は変わる

トイレつまりの症状や場所によって費用は変わる

ここまでは基本的な料金についてご紹介してきましたが、トイレつまりの修理費は症状や場所によって大きく変化します。

軽度なつまり解消に必要な費用相場

水に溶けるようなものが原因のつまりは軽度のつまりに該当します。ただし、水に溶けるものでも大量に流すことでつまりを引き起こすことがあるので注意が必要です。どちらにせよ、一般的にはラバーカップや薬剤を使用してつまりを除去します。

修理費用は以下の通りです。

つまり除去4,000円から8,000円程度
薬剤使用約3,000円

ちなみに、軽度なつまりであれば自分で解消できる場合もあります。ラバーカップはホームセンターやオンラインショップで500円から1,000円程度で入手できるので、出費を大幅に節約できるかもしれません。

重度なつまり解消に必要な費用相場

トイレに流してはいけないものがつまったときなどが重度なつまりに該当します。例えば、スマートフォンや子供のおもちゃ、オムツ、生理用品といった固形物が該当し、軽度のつまりよりも多額な費用が掛かります。

具体的な料金相場は以下の通りです。

トイレつまり除去7,000円から20,000円程度
便器着脱10,000円から40,000円程度
薬剤使用約3,000円

重度のつまりを解消する場合、ローポンプと呼ばれる高圧器具を使用するため、基本料金を含めると約20,000円前後の費用がかかります。トイレの便器を取り外してつまりを解消する必要がある場合には、別途10,000円以上の費用が必要となることもあるでしょう。

修理費用が心配な場合は、業者に見積もりを依頼した段階で便器の取り外し作業が必要かどうか確認してください。

また、つまりの原因となっている異物が比較的浅い位置にある場合、自分で取り除くことが可能かもしれません。業者を呼ぶ前に確認し、目視できるのであれば自力で対処することでコストを節約できます。

排水管のつまり解消に必要な費用相場

排水管のつまりは専門道具であるトーラーや高圧洗浄機でなければ解消できず、一戸建てと集合住宅の場合で料金に差がある上、トーラーと高圧洗浄機を使用する際に、1mあたりの追加料金が発生することも考慮に入れる必要があります。

具体的な料金相場は以下の通りです。

一戸建て(トーラー)7,000円から17,000円
一戸建て(高圧洗浄機)8,000円から35,000円
集合住宅(トーラー)12,000円から30,000円
集合住宅(高圧洗浄機)12,000円から50,000円

排水管のつまりでは、便器の着脱が必要なケースが多いです。10,000円以上の追加料金が発生するので、そのあたりも考慮して修理の見積もりを依頼しましょう。

また、アパートやマンションにお住まいの場合、管理会社に連絡を取る前に業者に直接連絡をすると、修理費用を全額自己負担しなければならない可能性があるため、先に管理会社や大家と連絡を取ることをおすすめします。

便器の破損や故障が原因のつまり解消に必要な費用相場

もし便器が故障している場合には、便器を丸ごと交換しなければならず、作業料を合わせて考えると、約30,000円から50,000円程度の費用が必要になります。

また、本来は軽いつまりだったのに、間違った対処法をしたことで便器が故障するということもあります。自分で解決するのが難しいと思うのであれば、無理をせず専門業者にお願いする方がよいでしょう。

トイレつまりの修理を安く抑える方法

トイレつまりの修理を安く抑える方法

トイレつまりの症状によって費用が異なることがお分かりいただけたと思います。ケースによっては多額な費用が掛かるため、少しでも安く済ませたいと思う方も多くいるのではないでしょうか。

そこでここでは、費用を安く抑える方法をご紹介していきます。

自分で対処する

まず検討したいのは自分で解決できるかどうかです。前述した通り、軽度なつまりであれば、ラバーカップや薬剤を使用して解消することができるかもしれません。

ラバーカップや薬剤はホームセンターやオンラインショップで安価に購入することができ、作業手順も難しくないため、修理費を節約することが可能です。

相見積りをとる

トイレつまりの修理を業者に依頼する場合、複数の業者から見積もりをとることが重要です。提供された見積もりを比較すれば、もっとも適切な価格がわかります。

なお、見積もりをとる際は、修理内容や料金について十分に質問するなどし不明点を明確にしておくことで、余計な追加費用を避けることができます。

複数の修理業者に問い合わせるのが面倒な時は、以下のようなまとめサイトを利用しましょう。

トイレつまりを起こさないための予防策を実施する

トイレつまりを発生させないために、予防策を講じることも大切です。具体的には、トイレに流せるもの以外の異物を流さないようにし、過度なトイレットペーパーの使用を避けましょう。

また、定期的なトイレのメンテナンスを行い、早期につまりの兆候を発見することも大事です。

出張料金がかからない業者を選ぶ

一部の業者では出張料金が必要になりますが、中には出張料金を無料に設定している業者もあります。事前に出張料金について確認し、出張料金がかからない業者を選ぶことで費用を削減することが可能です。

深夜や早朝の修理依頼は避ける

深夜や早朝の修理には追加料金がかかりますが、かなり高額な設定となっているため注意が必要です。高い業者であれば8,000円~15,000円程度かかることもあるので、できる限り通常の営業時間内に修理を依頼しましょう。

保険適用できるか確かめる

保険の加入内容によっては、トイレつまりに必要な費用を補償される場合があります。もし保険が適用されれば、経費を大幅に節約することができるので、保険に加入されている方は一度内容をチェックしてみるとよいでしょう。

悪徳業者に騙されないための対処法

悪徳業者に騙されないための対処法

トイレつまりは普段の生活に支障をきたすため、早急に直したいと思うのは当然です。しかし、そんな気持ちに付け込んで、高額な料金を請求してくる悪徳業者も残念ながら存在します。

そこで、悪徳業者に騙されないための対処法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

修理前に見積りを出してもらう

トイレつまりの連絡をしたとき、「すぐに対処します」と自宅に来て、いきなり修理を始める業者がいます。これは修理後に高額な金額を請求するという手法ですが、作業に入る前にまずは見積もりを出すようにお願いしてください。

そもそも、見積もりを出す前に修理に取り掛かろうとする業者はやめておいた方がいいかもしれませんね。

営業を行う修理業者に注意する

修理業者の中には飛び込み営業やチラシなどで顧客を獲得しようとする業者が存在します。もちろん大手業者でも行う手法ですが、中には悪徳業者も混ざっているので注意が必要です。

例えば、チラシと異なる作業や不要な修理、メンテナンスと称して不要な部品の取り付け、故障を誘発して再度修理に訪れ、追加の料金を請求する業者も存在します。そのため、契約前には必ず料金や作業内容を確認し、信頼できる業者を選ぶようにしてください。

作業変更時には必ず料金を確認する

修理を進めている最中に、何らかの理由をつけて作業内容を変更し、追加の料金を要求する悪徳業者もいます。作業内容が予定通りでない場合には必ず再度見積もりを取り、変更内容に対する料金を確認しましょう。

仮に明確な合意なく追加費用を一方的に請求されても、支払う必要はありません。

トイレつまりに関する知識を持つことも大事

トイレつまりや故障が発生した場合、冷静に状況を判断し、適切な対処法を選ぶ必要があります。トイレの構造やつまりの修理方法について基本的な知識を持っていると、信頼性のある業者を選ぶ際にも役立つのでおすすめです。

例えば、見積もりに誤りや不明瞭な点がないかを確認しやすくなるだけでなく、業者が不必要な作業を提案した場合の必要性を問うこともできるでしょう。

まとめ

この記事では、トイレつまりに関する修理相場をご紹介してきました。

トイレつまりの修理に必要な費用は、症状によって異なります。業者に依頼する際には、今回ご紹介した記事を参考に比較して決めるのがよいでしょう。損害を避けるために、複数の業者から見積もりを取り、内容を比較することで信頼性のある業者を選び出すことができます。

また、トイレつまりに関する知識を持つことで悪徳業者を見極めることもできるので、最低限の知識は持っておいた方がいいでしょう。それでも万が一、悪徳業者から被害を受けたという場合は、消費者センターなどに相談するようにしてください。