0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

失敗しないトイレつまり業者の選び方|悪徳業者を見極めるポイント

失敗しないトイレつまり業者の選び方|悪徳業者を見極めるポイント トイレ
トイレ

トイレが突然つまると何かと困ってしまいますよね。
トイレが一つしかないお家ではなおさらです。
ですが、普段通りに使っていたはずのトイレが、突然詰まってしまうことはよくあることです。

早く直したいけれど「どの水道修理業者に依頼したらいいのか分からない!」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

トイレが詰まったからといって慌てて適当な水道業者を選んでしまうと、思っていたよりも高額の請求に驚いてしまうこともあるので、まずは落ち着いて修理業者を選びましょう。

この記事では、トイレつまりが発生したときの『トイレつまり業者の選び方』についてご紹介します。

悪質な水道業者に騙されて後悔しないためにも、安心してトイレのつまりに対処してもらえる業者の選び方を確認しておきましょう。

また、見積の際には水の救急隊へもお気軽にお声掛けください。

お問い合わせ | 水の救急隊
水の救急隊のお問い合わせについて紹介しています。 水の救急隊ではWEBからのお問合せで「特別割引,000 OFF」実施中です。水まわり の相談は水の救急隊にお任せください。

【この記事を読んで欲しい人】

  • トイレがつまりで困っている
  • どの詰まり修理業者に依頼したらいいのか分からない
  • できるだけ早くトイレつまりを解消したい
  • 安心して任せられる水道業者を知りたい
  • 悪質なトイレつまり業者に騙されたくない

トイレつまり業者の選び方とポイント

トイレつまり業者の選び方とポイント

トイレのつまりを解消してくれる水道修理業者は全国に数多く存在しますが、トイレつまりの業者を頻繁に利用することもないので、どのように選べばいいのかよく分かりませんよね。

水道修理業者選びをしている方の中には「とにかく安ければいい」という理由で作業料金が安価なところだけを選んでいることもあると思います。

しかし、トイレつまりの解消を業者に依頼するときには値段だけではなく、その他のポイントも必ず抑えておかなければなりません。

トイレつまり業者を選ぶときには、以下の3つのポイントを確認するようにしましょう。

水道局指定工事店(排水設備工事責任技術者)に依頼する

トイレつまり業者を選ぶときには必ず『水道局指定工事店』から選ぶようにしましょう。

水道局指定工事店は各自治体の水道局から、適切に排水設備を設置することのできる業者だと認定を受けた業者のことです。

指定を受けた給水区域内でのみ工事を行うことができるため、水道局指定工事店に認定されている業者は地域密着型だという特徴があります。

トイレのつまりが排水管の劣化などが原因で発生している場合、非指定業者は対応できない可能性が高くなります。

指定工事店は排水管の工事を伴う施工に関しても適切に対処することができます。

水道局指定工事店を選ぶのは、家庭における水まわりのトラブルを業者に依頼するときに、もっとも重要なポイントの1つです。

水道局指定工事店とはどんな水道屋さん?何が違うの?
水道設備の修理を依頼するときに修理会社のホームページを見ると「水道局指定工事店」と記載があるのを見たことがあるかもしれません。 水道局指定工事店と記載されていると、なんとなく安心感がありますよね。 そこで「水道局指定工事店とはなんなのか?」「普通の業者と何が違うのか?」について詳しく解説していきます。

緊急系の水道業者を選ぶ

トイレつまり業者を選ぶときには、緊急時の対応が得意な水道業者に依頼するというのも大切なポイントです。

トイレのつまりはいつ起こるか分かりません。

早朝や深夜などトイレを使うタイミングは家庭によって異なるため、いつトイレのつまりが発生しても迅速に対応できる業者を選ばなければなりません。

トイレつまり業者は『24時間365日対応可能』なところが多いですが、業者によっては早朝料金などを請求されることがあります。

時間帯によっては通常よりも請求額が高くなってしまうため、必ず依頼する前に確認するようにしましょう。

24時間対応とホームページに記載されている場合でも、インターネットからの依頼受付が24時間いつでも利用できるというだけで、実際の対応は翌日の営業時間まで待たなければならないというケースもあります。

トイレのつまりが直らないと日常生活にも大きな支障がでてしまうため、今すぐにでも解消してほしいですよね?

業者に依頼するときには必ず『24時間365日いつでも対応可能』なところを選ぶようにしましょう。

口コミや評判を参考にする

トイレのつまりが発生して「どこの水道業者を選べばいいのか分からない」と困ったときには、口コミや評判について調べてみるようにしましょう。

しかし、業者名で検索しても胡散臭いステマ記事ばかりで、リアルな口コミを見つけることができないとお悩みの方も多いかもしれません。

そんな方でも業者のリアルな口コミを知る方法があります。

Googleで『業者名+支店名』で検索してみると概要が表示され、実際に利用した方の口コミを知ることができます。

口コミを参考にするときには必ず悪い評判も確認するようにしましょう。

口コミを投稿するのは、満足した人よりも不満足だと感じた利用者の方が圧倒的に多いという特徴があります。

良い口コミだけでなく悪い口コミを知ることで、その水道業者がどのような対応を行っているのかということが理解できるはずです。

また、TwitterなどのSNSで企業名を検索するのもおすすめです。

公式アカウントが情報を発信している水道業者は、顧客満足度にも力を注いでいるため対応にも期待できるでしょう。

悪質な水道業者を見極めるポイントは3つ

悪質な水道業者を見極めるポイントは3つ

トイレのつまりを解消することができる修理業者は全国に多く存在していますが、すべてが優良業者というわけではありません。

トイレつまり業者の中には、必要のない工事を行うような悪質業者も存在しているため気をつけなければなりません。

ただ、実際にトイレつまり業者を探す際、ほとんどの方は「少しでも早く修理してほしい…!」「できるだけ安く済ませたい…!」と考えているはずです。

焦って業者を選んでしまうと思わぬ落とし穴に引っかかってしまう可能性もあるため、必ず以下の3つのポイントに注目するようにしましょう。

他社と比較して安すぎる

インターネットや広告で『トイレのつまり200円~』と宣伝している業者を見たことがある方も多いのではないでしょうか?

まず理解しておかなければならないのは、トイレのつまりを200円という値段で工事することは不可能だということです。

トイレのつまりを解消する水道業者は、慈善事業でサービスを行っているわけではありません。

企業として利益を必ず出す必要があるため、人件費も賄うことができないような金額で修理を請け負うことはあり得ません

「客寄せのために安くしているんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、水道業者に水まわりのトラブルを依頼する機会なんて滅多にありませんよね?

業者にとって初回を安くするメリットはそこまで大きくありません。

どんなに軽度なトイレのつまりでも、必ず4,000円~10,000円程度の修理費用はかかります。

費用相場と比較したとき、あまりに安すぎる金額で集客を行っているような業者は、ほぼ確実に悪質業者なので絶対に利用してはいけません。

蓋を開けてみると200円というのは作業料金のみの金額で、その他の基本料金や見積もり料金、追加工事費で多額の請求をされてしまうようなトラブルも数多く存在しています。

できるだけ費用を抑えてトラブルを解消したいという気持ちはよく分かりますが、価格だけで業者を選んでしまうと後々、確実に後悔してしまうことになるため注意するようにしましょう。

『適正価格で修理してくれる水道業者を選ぶ』ということが悪質業者に騙されないための重要なポイントの1つです。

見積書を作成しない

業者にトイレのつまり解消を依頼すると、現地調査を行って見積書を作成します。

見積もりの内容に合意してから契約を行い、作業に移るというのが一般的な流れです。

悪質な水道業者は追加工事や不必要な作業をいかに行って費用を高くするかということしか考えていないため、詳しい見積もりの内容を説明することはありません。

最悪の場合には、現地調査すら行わずに「このまま放置していると大変なことになる」とまるで脅迫するように契約を迫ってくることもあります。

業者に依頼するときには、詳細が明確に分かる見積書を提示するところを選ぶようにしましょう。

曖昧な説明しか行っていないにも関わらず「便器の脱着が必要」「高圧洗浄をしなくてはならない」と言うような場合には契約を行わないようにしてください。

ホームページやチラシに会社情報がない

業者のホームページや広告を確認したときに、電話番号や住所の記載がない場合には悪質業者の可能性が非常に高くなるため、気を付けなければなりません。

業者との間にトラブルが発生したときに連絡する手段がなくなり、泣き寝入りしなければならないような状況に陥ってしまうこともあります。

インターネットで業者を選ぶ場合には、必ず企業情報を確認して以下の5つのポイントを確認するようにしましょう。

・サイトのドメイン
・会社の所在地
・法人名
・代表者名
・連絡先

悪質業者は口コミなどで要注意企業として晒されるのを恐れているため特定のサービス名を持たない傾向にあります。

わずか数ヵ月程度で名前を変更するためサイトのドメイン(https://○○○○.com/)と企業名が全く関係のない文字列になっていることがあります。

検索結果の上位に表示するために、今は存在しない企業の古いドメインを使っている業者も存在するということを知っておきましょう。

その他にも必ず会社の所在地や法人名を確認して、Googleマップで検索し実際に存在する会社なのかということを調べるようにしてください。

トイレつまりの修理を業者に依頼するのが恥ずかしい!と感じているあなたへ

トイレつまりの修理を業者に依頼するのが恥ずかしい!と感じているあなたへ

トイレにつまりのトラブル時に水道業者へ依頼するのが恥ずかしいと感じている方も多いのではないでしょうか?

流していないトイレを他人に見られることに、どうしても抵抗を感じてしまう気持ちはよく分かります。

女性の方はとくに恥ずかしい思いをされるかもしれません。

しかし、トイレのつまりは放置しておくとトイレを使用できないだけでなく症状が悪化してしまうこともあるため、早急に依頼しなけれななりません。

まず、はじめにお伝えしておくと『水道業者はまったく気にもしていない』ということです。

水道業者は慣れているのでまったく気にしていない

トイレのつまりを水道業者に依頼する方にとっては滅多にいないトラブルなので「他人に使用後のトイレを見られるのなんて恥ずかしすぎる…」と思われるかもしれません。

しかし、水道業者はトイレのつまりを解消するのが仕事です。

つまり、1日に何件も同じような症状に悩まされている依頼者の対応を行っています。

こちらが気にしているほど水道業者はまったく気にもしていません。

トイレのつまりの原因を特定して、どのように作業を行えば効率的かということに集中しているため、気にする必要はまったくありません。

淡々と作業をこなすため、トイレつまりが解消されたときには「余計な心配をせずにもっと早く依頼しておけばよかった」と思う方がほとんどです。

どうしても恥ずかしい場合は取り除いておく

人によっては自分が用を足した後のトイレを、他人に絶対に見られたくないと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

どうしても恥ずかしくて業者に依頼することができない場合には、自分でトイレのつまりを解消する方法もあります。

しかし、トイレのつまりを自分で解消することができないと、覚悟を決めて業者に依頼しなければいつまで経ってもトイレを使うことができませんよね。

そんなときには、恥ずかしいと感じている汚物などをあらかじめ取り除くことも1つの手段です。

トングや割りばしなどを使って、ビニール袋の中に新聞紙を敷き詰めてから汚物をくるんで燃えるごみとして処分しましょう。

ただ、わざわざ汚物を自分の手で処理しなければならないというのは精神的に大きなストレスになるため、おすすめできる方法ではありません。

恥ずかしいと感じる場合も、そうでない場合にもトイレのつまりを解消するために業者に支払う金額は変わりません。

どうせ同じ金額を支払うのであれば、すべてを任せてしまった方が余計な手間もかからず、精神的な負担も少なく済むかもしれませんね。

トイレが詰まった時に最初に試す対処法|自分でできる事
「急に夜中にトイレが詰まってしまった!」こんな時は困ってしまいますよね。お店も閉まっているし自分でなんとかしたい。そんな時に自分で試せるトイレ詰まりの解消方法を解説しています。 工具はなくてもできることはあります。お湯やビニール袋、ペットボトルを使うことで詰まりが抜ける事がありますので手順通りに試してみてください。

トイレつまりを業者に依頼した場合の費用相場の目安

トイレつまりを業者に依頼した場合の費用相場の目安

トイレのつまりを業者に依頼しようとしたときに「費用はいくらかかるの?」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

トイレのつまりを業者に依頼する機会なんて滅多にないため、費用相場も分からず業者ごとの料金設定が相場と比較して高いのか安いのかも判断できませんよね?

トイレのつまりは、トイレットペーパーを大量に流してしまったというような軽度のつまりから、スマホや生理用品を誤って流してしまったという重度のつまりまで様々です。

ローポンプなどを使うことで比較的簡単につまりを解消することができる場合には、4,000円~8,000円程度が必要になります。

排水経路に汚れなどが蓄積していることが原因で複合的につまりが発生している場合には、高圧洗浄やトーラー作業を行わなければならないため、15,000円~100,000円の費用がかかることもあります。

便器脱着が必要な場合や排水管の取り替えなどが必要な場合には、さらに費用が高くなってしまうでしょう。

基本的にトイレのつまりは、手間と時間がかかる作業ほど費用も高額になりやすいという特徴があります。

業者によって費用は異なりますが、業者に依頼したときに必要になるのは作業料金だけではありません。

基本的に業者にトイレのつまりを依頼したときには以下のように支払額が算出されます。

基本料金+作業料金+部品代+諸費用=総支払額

基本料金は業者ごとに異なりますが、一般的には2,000円~4,000円が相場となっています。

業者によっては基本料金が無料のところも多いですが、トータルで支払う金額が必ずしも安くなるわけではないということは理解しておきましょう。

基本料金が0円というだけで、その他の作業料金が平均よりも高い金額に設定されていることもよくあります。

キャンセル料金や見積もり料金が無料の場合にも同じように、その他の金額が高くなっている可能性も考えられるので、業者に依頼するときには必ずトータルで必要となる総支払額で検討するようにしてください。

トイレの修理費用|症状別の費用の目安と割引情報|水の救急隊
水の救急隊のトイレの修理費用についてご案内しています。 トイレのトラブルの症状別の費用・無料で行える範囲・料金が発生するポイント・割引情報などの詳細です。 トイレの水漏れ修理やトイレの詰まり修理の費用感が知りたい方はこちらを参考にして下さい...

トイレつまり解消を水道業者に格安で頼む方法

「トイレのつまり解消を安い料金で依頼したい」というときにおすすめの方法は『相見積もり』です。

相見積もりとは複数の業者に見積もりを依頼して費用を比較する方法のことです。複数の業者に見積もりを取ってもらうことで以下のメリットがあります。

  • 価格が安い業者を選ぶことができる
  • 対応の良し悪しを判断できる
  • 必要な工事を見極めることができる
  • ぼったくり業者に騙されることがなくなる

複数の業者に依頼することで価格だけでなく、トイレのつまりを解消するために必要な作業を業者ごとに知ることができるという大きなメリットがあります。

見積内容の詳細をしっかりと説明してくれる業者に依頼することで、ぼったくり被害に遭う確率を下げることができるはずです。

相見積もりを行うときには必ず見積もり料金やキャンセル料金が無料の業者を選ぶようにしてください。

また、相見積もりを行っていることを事前に伝えることでトラブルを回避することができます。

トイレのつまりは緊急を要する場合も多いため、状況に応じて相見積もりを行うかどうかを適切に判断することが大切です。

トイレつまりを業者に依頼せずに自分で直す方法

トイレつまりを業者に依頼せずに自分で直す方法

トイレのつまりを業者に依頼すると想定外の出費となってしまうため「できることなら自分でなんとかしたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

トイレットペーパーなどがトイレにつまってしまった場合には比較的簡単につまりを解消することができるので、まずは自分で対処してみるのがおすすめです。

ほとんどのトイレのつまりは、ラバーカップと呼ばれる道具で対処することができます。

スッポンという名称で呼ばれることの多い道具なので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

ラバーカップはホームセンターで1,000円前後の価格で購入することができます。

排水口に押し込んで勢いよく引き抜くだけで、つまりを解消することができるラバーカップは、空気圧の力を利用して間接的につまりを除去するための道具です。

その他にも、ワイヤー式パイプクリーナーというワイヤーの先にブラシなどをアタッチメントを取り付けて、つまりの原因を直接除去する道具もあります。

トイレのつまりを自分で解消することができれば余計な出費を抑えて、いつでも手軽につまりに対処することができます。

トイレつまりの直し方を徹底解説!つまりの原因別の解消方法
「急にトイレがつまってしまった!」こんなとき困りますよね。 この記事ではトイレつまりをいち早く解消できるように《トイレつまりの直し方》を徹底解説します。 自分で修理できる方法から業者の選び方まで詳しく解説していますので、参考にして下さい。

業者に依頼するのが恥ずかしいという方も、ぜひ自分で試してみるようにしてください。

ただ、すべてのトイレのつまりを自分で解消することは不可能です。

以下の3つに当てはまる場合には自分で対処しようとせず、必ずプロの業者に依頼して適切に作業を行ってもらうようにしましょう。

トイレつまり業者に依頼するべき3つのケース

軽度なトイレのつまりはラバーカップなどの道具を使えば自分で解消することができます。

しかし、以下の3つの症状に当てはまる場合には自分で作業を行ってしまうと、トイレ本体の破損や症状の悪化のリスクもあるため注意しなければなりません。

トイレのつまりは何が原因?原因別の直し方と予防策をつまり修理のプロが解説
トイレは毎日使うものです。トイレが急につまってしまうと、思っている以上に困ってしまいます。 この記事では「トイレのつまりが起きる原因」と、トイレのつまりの症状や原因別の「自分でできるつまりの解消法」を排水つまり修理のプロが解説していきます。 便秘の方で慢性的にトイレがつまるような場合も参考になると思います。

自分で対処することが難しい場合

基本的に自分でトイレのつまりに対処できるのはトイレットペーパーや便のつまりのみです。

水に溶ける性質の異物がつまってしまったときには、素人の方でも比較的簡単につまりを解消することができるでしょう。

しかし、トイレの排水口にスマホや生理用品などを誤って流したことが原因でつまりが生じたときには、自分で対処するのは難しくなってしまいます。

ワイヤー式パイプクリーナーなどで無理に力を加えてつまりを除去しようとすると、便器を破損させてしまったり、排水管を傷付けてしまう危険性もあります。

自分で対処することが難しいトイレのつまりは、必ずプロの業者に依頼して適切に対処してもらうようにしましょう。

原因を特定できない場合

トイレにつまりが発生した原因が分からない場合も、業者に依頼して根本的なつまりの原因を特定してもらうようにしましょう。

トイレットペーパーを大量に流したことが原因でつまりが発生している場合にも、実は排水管の側面に長年蓄積し続けた尿石などの汚れも複合的な要因となってつまりが生じていることもあります。

つまりは様々な要因が引き金となってある日突然、つまりの症状が現れてしまうため注意する必要があります。

トイレのつまりの原因がはっきりと分からないときには、プロの業者に早急に依頼して対応してもらうことが重要です。

便器の脱着が必要な場合

トイレのつまりを解消するためにラバーカップやワイヤー式パイプクリーナーで掃除した結果、根本的なつまりの解決にはならず、つまりの症状が繰り返し現れたりすることがあります。

ラバーカップなどを使っても解消することが難しいつまりは、排水管の奥深くに原因がある可能性が考えられます。

重度のつまりは便器の脱着作業を必要とするケースも多く、場合によっては便器の脱着+トーラー作業+高圧洗浄などを行って徹底的に掃除をすることもあるでしょう。

自分で修理するときにこれらの作業を行うのには非常に時間がかかってしまうため、業者に依頼して確実に修理してもらうのがおすすめです。

sns上のトイレつまり業者に関する感想や口コミ

snsのトイレつまり業者に関する感想や口コミ

まとめ

まとめ

トイレのつまり解消を水道業者に依頼するときには必ず『水道局指定工事店』に依頼するということ、見積もりを行うときには詳細を分かりやすく説明を行ってくれるかどうかを確認することがとても重要です。

この記事ではトイレのつまりが生じた場合の『業者の選び方』や『悪質業者にだまされないためのポイント』についてご紹介しました。

いつ起こるか分からないトイレのつまりに備えて、安心して依頼することのできる業者をあらかじめ見つけておくようにしてくださいね。

トイレの詰まり修理 | 水の救急隊 | 排水詰まりのトラブルを年受無休で解決中!
トイレは排水詰まりトラブルを起こしやすい場所です。水の救急隊はトイレの詰まり修理・異物除去・排管洗浄を年中無休・で4時間対応しています。 作業員はお近くの水道局指定工事店が伺います。 テレビCM放映中!「ネット見た」と伝えるだけで¥3,00...