0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

トイレタンク内の水漏れの原因と対処法!自分で修理する方法

トイレタンク内の水漏れの原因と対処法!自分で修理する方法 トイレ
トイレ

トイレタンク内からなんだか水漏れの音がして気になっていませんか?
トイレタンクの中の水漏れは、タンクの中を確認してもパッと見で原因を判断するのが難しいため困っているという方も多いはずです。
トイレタンク内が水漏れしていてもトイレ自体は流すことができるケースが多いため、ついつい放置してしまいがちですよね。

しかし、そのまま放置していると水道代が一気に高くなってしまうことになります。

また、徐々に部品の劣化は進み最悪の場合、大きな水漏れの原因となってしまうこともあるので気付いた時にしっかりと対処しておくことが大切です。

この記事では、トイレタンク内から水漏れが発生する原因と対処方法についてご紹介します。

この記事を見れば、トイレタンク内の水が流れ続けてしまう原因と修理方法についてしっかりと理解することができるようになるのでぜひ最後までご覧下さい。

【この記事を読んで欲しい人】

  • トイレのタンクから水漏れの音がする
  • トイレタンクを自分で直したい!
  • 水漏れで水道代が心配
  • タンク内部の水漏れの原因を知りたい
  • 修理をしたことがなくて不安

トイレタンク内の水漏れが発生したらまず止水栓を閉めよう

トイレタンク内の水漏れが発生したらまず止水栓を閉めよう

トイレタンク内の水漏れの発生してしまった場合は、ついつい焦っていろいろな原因や対処方法を調べてしまいがちかもしれません。

ですがまずすべきことは「とにかく水を止める」ということです。

トイレタンク内の水漏れを放っておくとタンクから水があふれてしまうリスクがあります。

さらにタンクから水があふれると、床材や壁紙などに深刻な悪影響を与えてしまう可能性があります。

また、水が常に流れ続けてしまうために高額な水道代が請求されてしまうことにも繋がりかねません。

まずはこれ以上、無駄な水を流さないように止水栓を閉めるようにしましょう。

止水栓と元栓の場所

トイレタンク内に給水するための止水栓は、トイレの横か床付近にあります。
マイナスドライバーを使って時計回りに回して、完全に止水栓を閉めておくようにしましょう。

とりあえず水漏れが起きている水道設備の止水栓を閉めておけば、これ以上の漏水は防ぐことができます。

ただし、トイレを設置してから10年以上経過していたり、20年近く止水栓を閉めた覚えがないという方もいらっしゃるかもしれません。

長年使用していない止水栓は錆び付いて閉めることができないことがあります。

錆びついて固着した止水栓をマイナスドライバーで力任せに無理に回してしまうと、給水管を破損させてしまうリスクがあります。

そういった場合には家の外に設置されている元栓を一時的に閉めて対処するようにしましょう。

トイレタンク内の水漏れの主な原因は2つ

トイレタンク内の水漏れの主な原因は2つ

トイレのレバーを回して水を流すとフロートバルブが持ち上がり、トイレタンク内に溜まった水が放出されます。

タンク内の水が無くなると再び給水が始まり、ボールタップが規定の水位まで水を給水し追えると止まります。

トイレタンク内の水漏れの原因のほとんどが、このフロートバルブ」と「ボールタップ」の2つの部品の不具合や故障が原因です。

経年劣化によるものであれば、この2つの部品のうちどちらかを交換修理してしまえばトイレタンク内の水漏れは直る可能性が高いです。

トイレタンクは様々な部品がひとつひとつの役割を持って複合することで水を流して溜めるという一連の流れを担っています。

この2つの部品が水漏れの原因でない場合は、他の部品の劣化による故障や不具合を考えなくてはなりません。

主な原因1.ボールタップ

タンクのレバーを引くとタンク内の水が流れて空になりますが、このとき給水する働きをするのがボールタップです。

タンク外の給水管と繋がっているため、この部品が劣化していたり、不具合を起こしてしまうと水漏れの原因となってしまいます。

主な原因2.フロートバルブ

フロートバルブはタンク内に溜まった水をせき止めておく働きをするものです。

タンク底のゴム玉と呼ばれる栓が劣化してしまうと、その部分から水漏れが発生して便器内にチョロチョロと水が流れ出て行ってしまいます。

トイレタンク内の水漏れの原因を特定する際にまず疑うべき「ボールタップ」と「フロートバルブ」の不具合の確認方法についてご紹介します。

トイレタンク内の水漏れの原因を確認する方法

トイレタンク内の水漏れの原因を確認する方法

まずはタンク内の水漏れの原因を特定する必要があります。

しかし、トイレの蓋をこれまで開けたこともなければトイレが流れる仕組みさえ知らないという方も多いかもしれません。

「なにも分からない状態でタンク内を確認しても原因が本当に分かるの?」と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが心配はいりません。

トイレタンクの蓋を開ける方法、そして蓋を取り外した後にどの部分を確認して原因を特定すればいいのかということも以下で詳しくご説明します。

トイレタンクの蓋の外し方

トイレタンク内の水漏れの原因を特定するためには、トイレタンクの蓋を外して開ける必要があります。

タンクの蓋は陶器でできているため重く、誤って床に落とすと割れてしまうことがあるので注意しましょう。

トイレタンクの蓋は上に持ち上げるだけで簡単に取り外すことができます。

蓋の下にタンクカバーが取り付けられている場合もありますが、どちらも取り外しましょう。

タンクによっては手洗い栓部分の金具が固定されている場合がありますが、接合部分のナットをレンチで回せば取り外すことができます。

注意点としては、手洗い管に給水ホースが繋がっているので、蓋を外す前に止水栓を必ず閉めておくようにしてください。

うっかり給水ホースが外れてしまうと水が噴き出してしまいます。

水位の高さをオーバーフロー管で確認する

タンクの蓋を取り外せたら、タンク内に筒状の棒でオーバーフロー管と呼ばれる部品が縦に設置されているのが確認できます。

オーバーフロー管はタンクに水を給水する際に、タンク外に水が溢れてしまうのを防ぐために設置されている排水管です。

オーバーフロー管には管の先端から2㎝〜3㎝のところに「WL」と書かれた線が刻まれています。

その線がトイレタンクの適正水位です。

トイレタンクの水が溜まっている状態のときに線より水位が下なのか上なのかで、トイレタンク内の水が適正水量よりも多いか少ないかを判断することができます。

一般的に水位がWLの線よりも高い場合にはボールタップの不具合やよる故障が考えられ、水位が低い場合にはフロートバルブの不具合や劣化による故障が考えられます。

水位が高い場合はボールタップの故障の可能性

トイレタンク内の水位が通常よりも高くなっている場合、ボールタップが原因である可能性が考えられます。

ボールタップは給水設備で別名「低水位弁」「フロート弁」と呼ばれることがあります。

トイレのレバーを回すとタンク内の水が便器に流れて空になりますが、タンク外の給水管と繋がったボールタップが水を溜める役割を担う大切な部品です。

ボールタップには浮き玉がついています。

その浮き玉が上がったり下がったりすることで水の給水、止水を行っているためボールタップが壊れてしまうと給水を止めることができません。

そのため、いつまでたってもチョロチョロと水が流れ続けてしまうことになります。

水漏れの原因が浮き玉ではなくボールタップにあるかどうか確認するには、浮き玉を持ち上げて確認しましょう。

浮き玉を持ち上げて水が止まれば正常な働きをしている証拠です。

しかし、浮き玉を持ち上げても水が流れ続ける場合にはボールタップ本体のバルブが劣化しているという判断基準になるため、交換する必要があります。

水位が低い場合はフロートバルブの故障の可能性

タンク内の水が通常よりも低い場合はフロートバルブが原因である可能性が考えられます。

フロートバルブはタンク内の水が便器内に流れていかないように、排水弁を塞ぐ役割をしている部品です。

フロートバルブに不具合があったり経年劣化によってトラブルが引き起こされているかどうか確認するにはチェーン部分をまずは確認してみるようにしましょう。

フロートバルブは排水弁を塞いでいるゴム玉部分と、それを持ち上げるチェーン部分で構成されています。

しかし、チェーンが絡まってしまったり、他の部品に干渉してしまって常にゴム玉部分が持ち上がった状態になっていると便器内に水が流れ続ける原因になります。

通常であればチェーンに不具合が起きる可能性は少ないです。

ただ、節水のためにペットボトルなどを入れていたり、タンク内の掃除を行った際にトラブルが引き起こされていることがあります。

フロートバルブのチェーンに問題がなかった場合には、タンク底の穴を塞いでいるゴム玉部分を確認しましょう。

フロートバルブを触ってみて確認する

水位の高さなどで判断できなかった場合にはフロートバルブを直接触ってみましょう。

フロートバルブのタンク底にあるゴム部分が劣化しているとゴムが剥離し、ちょっと触っただけで手に黒いゴムが付着します。

この症状が確認されるのであれば、ゴムフロートが劣化して交換が必要な状況なので交換するようにしましょう。

直接触って確認するときには手を洗っても落とすことがなかなかできないので、ゴム手袋をつけてから触るようにしましょう。

トイレタンク内の水漏れの修理方法

トイレタンク内の水漏れの原因がボールタップかフロートバルブなのか特定できたら、実際に部品を交換して水漏れを改善させましょう。

ボールタップとフロートバルブの交換方法とそれぞれの注意点についてご紹介します。

ボールタップの交換方法と注意点

ボールタップはホームセンターやネットショップなどで購入できます。

平均の価格帯は2,000円〜5,000円ですが、トイレメーカーなどによって種類も多いため、お使いのトイレに適したボールタップを購入する必要があります。

比較的新しいタイプのトイレであればメーカー公式サイトで交換用の部品を購入することもできる事も多いので確認してみましょう。

設置してから10年以上前のトイレなどは、タイプによって製造販売が中止されていてメーカーなどの保有部品も手に入れることができなくなっていることもあるため注意が必要です。

また、見た目が似ているというだけで取り付けることができると判断して購入してしまうと、お使いのトイレタンクに対応していないというケースもよくあります。

部品を購入する前には必ず対応しているボールタップの製品番号などを確認しておくようにしましょうね。

準備するもの

ボールタップを交換する際に準備しておくものは以下の3つです。

準備するもの

  • 新しいボールタップ
  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ

ボールタップ交換の手順

ボールタップは浮き玉が付いているオーソドックスなタイプのものであれば比較的簡単に修理交換をすることができます。

作業時間の目安は約30分程度で交換することができるでしょう。

【ボールタップ交換の手順】
  1. 1.止水栓を閉める
  2. 2.タンク内の水を抜いておく
  3. 3.ボールタップを取り外す
  4. 4.新しいボールタップを取り付ける
  5. 5.止水栓を開けて取付の確認
  • 1.止水栓を閉める

ボールタップを交換する前に必ずトイレの止水栓か元栓を閉めておくようにしましょう。

そのまま交換修理を行ってしまうと最悪の場合、タンク外に水漏れしてしまう可能性があり危険です。

トイレの止水栓とウォシュレットなどの温水洗浄便座の止水栓を間違えて閉めてしまうことのないように注意する必要があります。

  • 2.タンク内の水を抜いておく

タンクの蓋は持ち上げるだけで取り外すことができますが、持ち上げるだけで取り外すことができない場合もあります。

その場合には、じゃばら管についているナットを反時計回りトイレのレバーを回しすことで取り外すことができます。

この時、タンクを誤って落としてしまわないように注意しましょう。トイレタンク内の水をすべて空にしてから作業します。

  • 3.ボールタップを取り外す
ボールタップを固定しながらタンクの外側にある給水管のツバ付きナットと袋ナットをモンキーレンチを使って緩めて取り外します。

給水管を取り外すことができたら、ボールタップをタンクの内側に引っ張って取り外しましょう。

ボールタップを長期間交換していない場合、ナットが錆びてしまって取り外しにくくなっていることがあります。

無理に取り外そうとしてしまうと破損してしまうリスクもあるため。錆取りスプレーなどを用いてナットを回すと取り外しやすくなります。

  • 4.新しいボールタップを取り付ける
新しいボールタップの蝶ネジを反時計回りに回してピストンバルブを取り外しましょう。

シートパッキンの上下をしっかりと確認して直径が大きい方をピストンバルブにはめ込み交換します。

バルブをボールタップに差し込んだことを確認して蝶ネジを時計回りに回して閉めます。ボールタップをタンクの内側に取付け取り外しとは逆の手順でツバ付きナットと袋ナットを取り付けましょう。

  • 5.止水栓を開けて取付の確認
取付が完了したら止水栓を開いて給水を行い、適正水位に保たれるか確認しましょう。水位が低すぎたり高すぎたりする場合には調整弁で水位を調整します。

ボールタップ交換の注意点

ボールタップを交換して実際に動作確認をしたときに、給水量が少なすぎたり多すぎたりする場合は、ボールタップの調整弁で水量を調整するようにしましょう。

ボールタップ根元にある調整弁を回すことで水量を調整することができるので、オーバーフロー管の先から2cm~3cmのラインを基準に調整します。

実際に水を流してみて水位が適正水位であるかどうか確認すれば、ボールタップの交換は完了です。

ボールタップの水位調整はメーカーやボールタップの形状や種類によって異なる場合があるため、説明書やメーカーのホームページ等で確認するようにしましょう。

フロートバルブの交換方法と注意点

フロートバルブはホームセンターやネットショップなどで500円〜1,000円前後で購入することができます。

しかし、トイレタンクの型に合ったものを購入しなければサイズが合わない可能性があるため注意が必要です。

実際にトイレタンクに貼られた製品番号などで確認してから購入するか、実物をホームセンターに持って行って購入するようにしましょう。

劣化したフロートバルブは、ゴム部分が劣化しているため黒く手についてしまい、洗ってもなかなか汚れが落ちないので必ずゴム手袋などをつけて作業します。

フロートバルブはゴムフロートやゴム玉と呼ばれることもありますが、最近のトイレのフロートバルブの材質はプラスチックである場合も多いです。

購入間違いには気を付けるようにしましょう。

プラスチック製のゴムフロートもパッキン部分はゴム製なので劣化してしまいます。

トイレを交換して保証期間内である場合にはメーカーに故障修理を対応してもらえる場合もあります。

まずは保証期間内であるかどうかを確認してみてもいいでしょう。

準備するもの

フロートバルブの交換修理に必要なものは以下の3つです。

準備するもの

  • 新しいフロートバルブ
  • マイナスドライバー
  • 手袋

フロートバルブの交換手順

【フロートバルブ交換の手順】
  1. 1.止水栓を閉める
  2. 2.タンク内の水を抜いておく
  3. 3.フロートバルブを取り外す
  4. 4.フロートバルブの取付け
  • 1.止水栓を閉める

まずはマイナスドライバーを使ってトイレの止水栓を閉めて水漏れを防止します。

給水管付近にある止水栓を時計回りに回らなくなるまで閉めますが、このとき何回くらい回したのかということを覚えておけば再び開けるときの目安になるのでおすすめです。

  • 2.タンク内の水を抜いておく

トイレタンクの蓋を持ち上げ取り外し、レバーを回してタンク内の水をすべて抜きます。

この時に、レバーの動作確認を同時に行ってチェーンやレバー部分に不具合がないかも一緒に確認しておくようにしましょう。

  • 3.フロートバルブを取り外す

フロートバルブのチェーン部分が切れていたり外れている場合には交換、もしくは再び取り付けることで不具合はなくなります。

長さが適切でない場合にはチェーンが貼りすぎていない程度の余裕があるのが理想的です。

フロートバルブを交換する場合には手がゴムの劣化によって汚れてしまわないように手袋をつけて作業するようにしましょう。

チェーンからフロートバルブを取り外すだけなので作業は簡単です。

  • 4.フロートバルブの取付け

フロートバルブを取り外したときと逆の手順で新しいものに交換します。

フロートバルブと交換するときにはチェーン部分が適切な長さとなるようにレバーを実際に動かしながら調整するようにしましょう。

チェーンの穴が2つ分くらいの遊びがあるのが目安です。

フロートバルブ交換時の注意点

フロートバルブを交換したら止水栓を開けるときにゆっくりと開けるようにしましょう。

ゆっくりと回して止水栓を全開にしたら、ほんの少しだけ閉めるのがポイントです。

止水栓を開けたらしっかりとタンク内に適正水位の水量が溜まっているか確認した後、トイレの水漏れが止まっているかも確認しましょう。

修理してもチョロチョロと水漏れする場合の原因と対処法

修理してもチョロチョロと水漏れする場合の原因と対処法

修理を行っても直らない場合、タンクと便器隙間のゴムパッキンの劣化が原因の場合があります。

このゴムパッキンはネットショップやホームセンターなどで購入することができます。

ただし、タンクと便器隙間のゴムパッキンの交換は非常に難しい作業です。

タンクを取り外すだけでなく、取り外すべき部品も多いため、取り外した後に組み立てることができずに八方塞がりになってしまうケースも考えられます。

さらにタンクや便器にヒビ割れなどが発生してしまうと、トイレ本体を交換しなくてはならなくなってしまうリスクもあります。

タンクを取り外す作業を伴う部品交換は必ず専門の水道修理業者に依頼するようにしましょう。

タンクレストイレの水漏れが止まらない場合の原因と対処法

タンクレストイレの水漏れが止まらない場合の原因と対処法

この記事ではタンク内で水漏れがする場合の対処法についてご紹介しましたが、INAXやTOTO、LIXILなどのタンクレストイレの水漏れでお困りの方も多いのではないでしょうか?

一般的に有名なアラウーノやネオレストなどのタンクレストイレは自動で水が流れたり、便器洗浄したりするシステムが付いています。

水が止まらず水漏れのような症状が出ている場合には電子基板の故障が原因である可能性が考えられます。

電子基板などが故障している場合には水道修理業者も修理することは不可能なので、まずはメーカーへ連絡するようにしましょう。

トイレタンク内の水漏れを放置する危険性

トイレタンク内の水漏れを放置する危険性

トイレタンク内のチョロチョロとした水漏れは放っておいてもトイレ自体の使用に困ることがないため放っておくという方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、トイレタンク内の水漏れを放置しているとわずか1ヵ月で約7,600円程の無駄な水道料金がかかってしまうと言われています。

わずか1ヵ月放置してしまうだけで修理代とほぼ同等の金額が掛かってきてしまうと考えると、今すぐにでも対処することがなによりも重要な事です。

また、水道料金だけでなくもっとも危険なのが、タンク外への水漏れです。基本的にトイレの水漏れは放置しておけば、さらに部品は劣化していきます。

フロートバルブやボールタップが原因ではなくオーバーフロー管が故障している場合には、タンク外に水漏れしてしまって床や壁などを傷めてしまうリスクもあるので危険です。

タンクの水漏れだけでなく水道設備の水漏れは気付いたときにすぐに対処するということがとても大切なことだということを覚えておきましょう。

トイレタンクの水漏れは業者に任せるのが安心

トイレタンクの水漏れは業者に任せるのが安心

トイレ修理は基本的に一度部品を取り外してしまうと、その部品を交換修理するまでは水を流すことができなくなってしまうため、あまり長い時間をかけて修理することができません。

手際よくスムーズに修理する必要があるので、焦ってしまいそうですよね。

また、タンク内は他の部品も多く存在しているため1つの部品を取り替えようとして他の部品を破損させてしまうリスクもあります。

タンクだけでなくトイレそのものが陶器だということもあり、モンキーレンチなどを落としてしまって便器を割ってしまってトイレごと交換しないといけなくなってしまうケースもあります。

トイレの修理に関して不安点が大きいという方は最初から水道修理業者に依頼してトイレの修理を行ってもらうのがおすすめです。

トイレ修理業者に依頼することで部品を自分で探したりしなくていいだけでなく、修理にかかる時間と手間をかけずに最短でトイレタンクの水漏れを修理することができます。

sns上のトイレタンク内の水漏れに関する感想や口コミ

トイレタンク内の水漏れに関するsnsの感想や口コミ

まとめ

まとめ

トイレタンク内のチョロチョロとした水漏れは放置しておくと水道代が高くなるだけではありません。

タンク外への水漏れの原因にもなってしまうため早急に対処する必要があります。

水漏れは放置すると徐々に部品の劣化が早まってさらなる水漏れの原因となってしまうため、気付いたそのときに適切に対処するようにしましょう。

水の救急隊は24時間年中無休でトイレの水漏れトラブルに対応しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

水道修理業者を判断する材料として、口コミサイトや公式サイトの修理実績などを確認するのもおすすめです。水道屋さんの口コミをまとめたサイトも多くあるので、そちらを確認したり、SNSを確認するのもいいかもしれません。

一刻を争うような水のトラブル発生している場合、水道修理業者をじっくり選んでいる場合ではないと思われる方もいるかもしれません。そんな時は、地域密着型の水道屋さんを選ぶといいでしょう。家の近くの水道修理業者を見つけておけば、早ければ30分以内に修理を始めてもらえるかもしれません。

近くの水道屋さんなら市区町村単位で近くの水道屋さんを探すことができます。

お役立ちコラムの監修者
中村 覚信
株式会社 クリアライフ

株式会社クリアライフは水道設備の駆付けサービスを開始して9年目。創業23年。累計60万件の水道修理を行ってきました。
さらに2024年より全国の修理対応が可能となりました。
「突然の水のトラブルからお客様を救いたい!役に立ちたい!」そんな気持ちから水の救急隊お役立ちコラムを立ち上げました。

株式会社 クリアライフをフォローする
良い
に基づいています 26 レビュー
木村倫子
木村倫子
きっちり丁寧に仕事していただきました。
山本千雅子
山本千雅子
台所の水漏れで電話をしました。 昼の12時頃に電話して13時半過ぎに到着 すごくわかりやすい説明をしていただいて 助かりました。ありがとうございます!
ヒロイケンイチ
ヒロイケンイチ
当日にすぐ対応してくれて、作業員やコールセンターさんも非常に良い対応で、よかったです。
メガだよ
メガだよ
4/30の夜にトイレが詰まり水が溢れそうになり、急遽出動をお願いをしました。夕飯時であり、到着時間に来ていただけるのか心配してましてが連絡時間通りに来ていただきました。状況説明をしてから考えられる不具合の内容説明を受けて、作業依頼内容は業者さんのおすすめで決めました。作業に入り色々と問題点も指摘してもらい沢山知らなかったことを教わりました。そして、詰まりの原因を取り除き無事に作業は完了。さらに心配事はないかと言われ、水回りで漏れてるところはないが心配と話したとこら、親切に調査して心配ないと言われました。親切、丁寧に作業いただき大満足でした。費用も予想よりも安く済み助かりました。帰る時間は遅くなったけど嫌な顔せず笑顔でした。感謝感謝
今井信子
今井信子
トイレに携帯を落として、出せなくなったので、電話したら、素早く対応して処置して頂けました。
Takemi Terao
Takemi Terao
18時過ぎにトイレ詰まりで電話。19時半の到着から色々と親切に対応していただき21時前には全工程終了。本当に助かりました。
畑民恵
畑民恵
キッチンの排水溝が詰まり、依頼させて頂きました。すぐに来て下さり説明や見積りをして、作業を開始。目に見える詰まり解消に感動でした。 とても気さくな作業員さんで色々な質問も快くお返事して頂けました。 迅速、丁寧な対応で安心してお任せする事ができたと思います。 また何かありましたら、お願いしたいと思います。
濱田さゆり
濱田さゆり
とても親切丁寧な対応で助かりました。
杉野真砂美
杉野真砂美
ご丁寧にな説明に作業ありがとうございました。台所の水回りが綺麗になってスッキリして嬉しいです。親切にしていただきありがとうございます。またよろしくお願いします
上前隆一
上前隆一
アポインターから現場の方まで対応が良くて早かったです。内容も丁寧で、終わった後もしっかり説明して頂き、しっかりした会社だなと感じました。ありがとうございました。
シェアする