0120-50-8000ヘ電話を掛けるメールで問い合わせするラインで問い合わせする

トイレでチョロチョロ水漏れする3つの原因と直し方と注意点まとめ

トイレでチョロチョロ水漏れする3つの原因と直し方と注意点まとめトイレ

トイレのタンクからチョロチョロと水漏れの音がして悩んでいませんか?

わずかな水漏れでもずっと水が漏れている状態で放置してしまうとかなりの水道代が無駄になってしまうので要注意!

しかも、そのまま放置してしまうと水漏れの量も徐々に増えていってしまうので今すぐに対処する必要があります。

この記事ではトイレからチョロチョロと水漏れ音がする原因自分でできる直し方を詳しくご紹介します。

トイレのチョロチョロとした水漏れを放置してしまうリスクについてもご紹介していくので、後悔する前に必ず最後までご覧ください。

【この記事を読んで欲しい人】

  • 今、チョロチョロと水漏れしている
  • トイレの水漏れの直し方を知りたい
  • 賃貸の水漏れ修理はどうすればいいのかわからない
  • 自分でトイレの水漏れを修理したい
  • 水漏れを放置したらどうなるのか知りたい
  1. トイレタンクのチョロチョロとした水漏れを放置した時のリスク
    1. 水道代が上がる
    2. 時間と共に水漏れがひどくなる
    3. 修理しないとトイレが使えなくなる
  2. トイレがチョロチョロ水漏れしているときはタンク内の修理が必要
    1. 正常なトイレではチョロチョロと水漏れしない
    2. 最新のトイレは自動で水が流れるものもある
      1. 除菌水や除菌ミスト
      2. 温水洗浄便座のノズルを自動洗浄
  3. トイレがチョロチョロと水漏れする3つの原因
    1. ゴムフロートの劣化
    2. オーバーフロー管(サイフォン管)の破損
    3. ボールタップの故障
  4. トイレからチョロチョロ音がする水漏れが起きた時の対応手順
    1. ➀止水栓を締めて、水漏れを止める
    2. ➁賃貸の場合は大家さんに相談する
    3. ➂どこから水漏れしているか確認する
    4. ➃修理や部品交換をする
  5. トイレがチョロチョロ音がする水漏れは自分で修理することもできる
    1. 修理部品はホームセンターで購入できる
    2. 修理に必要な工具
  6. トイレのチョロチョロ音の原因別の修理方法と難易度
    1. ボールタップが原因の水漏れ
      1. ボールタップ交換の難易度
    2. ゴムフロートが原因の水漏れ
      1. ゴムフロート交換の難易度
    3. オーバーフロー管が原因の水漏れ
      1. オーバーフロー管の交換の難易度
  7. トイレのチョロチョロ音が不安な場合は水道修理業者へ依頼しよう
    1. 修理費用の目安
      1. ボールタップの交換費用
      2. フロートバルブの交換費用
      3. オーバーフロー管
    2. 修理時間の目安
  8. SNS上のトイレからチョロチョロと音がする水漏れについての感想や口コミ
  9. まとめ

トイレタンクのチョロチョロとした水漏れを放置した時のリスク

トイレタンクのチョロチョロとした水漏れを放置した時のリスク
トイレのタンクからチョロチョロとした水漏れ音が聞こえたら要注意!今すぐ対処しなければ以下のリスクがあります。

危機感をしっかり持てるようリスクについてしっかりと把握しておきましょう。

水道代が上がる

トイレの水漏れに気付かずに放置していると、毎月の水道代が跳ね上がってしまっている可能性があります。

通常の蛇口で1mmの水漏れを放置していると1時間あたり5Lの水を無駄に流してしまっていることになり、1ヵ月当たりの水漏れによる水道代は1,000円にもなってしまいます。

面倒くさいし、大した金額にもならないだろうと長期間放置してしまうとわずかな水漏れが原因で1年間で12,000円の無駄な出費になってしまうため早急に修理するようにしましょう。

時間と共に水漏れがひどくなる

トイレのタンク内の部品劣化による水漏れが原因でチョロチョロとした音がなるのであれば、放置すればするほど水漏れはひどくなっていってしまいます。

目に見えない箇所だからこそ早めに修理を行わなければその被害は甚大なものになりかねません。

水漏れが1mmあたりのものであれば月間1,000円の無駄な水道代となってしまいますが、水漏れがさらにひどくなってしまって直径5mmの水漏れでは1時間当たり30Lを排水してしまうことになります。

その金額はなんと月間5,500円の損失です。
こう考えるとチョロチョロとしたわずかな水漏れがいかに怖いものかが分かりますよね。

修理しないとトイレが使えなくなる

トイレタンクの水漏れが最初はチョロチョロとした小さな水漏れでも、そのうち劣化はどんどん大きくなっていってしまいます。

最終的にはトイレタンクの水が十分に溜まらなくなって水を流せなくなってしまうこともあります。

ここまで放置してしまうことは稀なことですが、毎日使うトイレだからこそ小さなトラブルに気付いたその時にしっかりと対処しておくことがなによりも大切なことです。

トイレがチョロチョロ水漏れしているときはタンク内の修理が必要

トイレがチョロチョロ水漏れしているときはタンク内の修理が必要

トイレのタンク内からチョロチョロと水漏れの音がしている場合にはタンク内を修理する必要があります。

しかし、中にはトイレ自体の洗浄システムとしてチョロチョロとした水漏れのような音がする場合もあるのですべてのチョロチョロとした音が水漏れだと断定することはできません。

そのトイレから聞こえるチョロチョロとした音がタンク内の水漏れによるものなのか、それともトイレの洗浄システムによる音なのかをまずはしっかりと確認してみましょう。

正常なトイレではチョロチョロと水漏れしない

基本的に正常なトイレでチョロチョロとした音はしません。

トイレから聞こえるチョロチョロとした音をしっかりと聞いてみるとその音がタンクから聞こえる音の場合はまず間違いなく、トイレタンク内の不具合や部品劣化による異音です。

水道代が上がってしまうだけでなく、水漏れがさらに悪化してしまい最終的にトイレが使えなくなってしまう恐れもあるので早急に対処する必要があります。

最新のトイレは自動で水が流れるものもある

昔ながらのトイレにはついていない機能として、最新のタンクレストイレには家庭用のものでも自動洗浄機能が付いているものがあります。

トイレが終わった後に自分で流さなくても立ち上がっただけで自動で水を流してくれるだけでなく、定期的に決まった時間に自動で水を流し洗浄するシステムです。

そのため、その自動洗浄が終わった後の給水の音をチョロチョロとした水漏れの音と勘違いしてしまうこともあるかもしれません。

しばらく待ってみて数分でそのチョロチョロ音がとまるようであれば故障ではなく、正常な運転であるため心配をする必要はありません。

また除菌水や除菌ミストの音や温水洗浄便座のノズル洗浄の音を水漏れのチョロチョロ音と勘違いしてしまうケースもあるためこちらも一緒に理解しておきましょう。

除菌水や除菌ミスト

現在のTOTOのトイレの機種にほとんど搭載されているプレミストという機能があります。

便座に座ると水が勝手に流れて便器にミストで水のクッションを作る機能です。

この音をタンク内のチョロチョロとした音と勘違いしてしまう場合もあります。また、同じくTOTOの機能に『きれい除菌水』という機能があります。

きれい除菌水とは、使用前に便器ボウルにミストを吹きかけ汚れをつきにくくするものと、使用後8時間使用しない場合にトイレの除菌を自動で行ってくれる機能が付いています。

この機能によってチョロチョロとした音が気になって故障だと感じてしまう方もいるので、そのチョロチョロ音がTOTOの便器自体に付随した機能なのかどうかということをしっかりと見極めるようにしましょう。

基本的にはタンク内から聞こえるチョロチョロ音であれば経年劣化による水漏れだと思って構いません。

しかし、最新トイレでタンクレスの場合に便器からチョロチョロと音がして数分で音が鳴りやむようであれば便器自体の機能だと思っていいでしょう。

温水洗浄便座のノズルを自動洗浄

温水洗浄便座のノズルを自動洗浄する機能のチョロチョロとした音を水漏れと考えてしまうケースもあるので注意しましょう。

タンクレスでチョロチョロと音がする場合には故障等ではなく洗浄機能による正常な運転だと考えても問題ありません。

温水洗浄便座を使用した後にノズルを洗浄するときに便器内から聞こえるチョロチョロ音であれば問題なく心配する必要はありません。

ただし、洗浄音が何時間も止まらないというのであればノズル部分からの水漏れが考えられますので、そういった場合には専門の修理業者に速やかに連絡して対処してもらうようにしましょう。

トイレがチョロチョロと水漏れする3つの原因

トイレがチョロチョロと水漏れする3つの原因

トイレのタンクからチョロチョロと水漏れがするのは以下の3つの原因が考えられます。

どれも長年使用してきたことによる経年劣化なので部品を取り換え修理することでチョロチョロとした異音を改善することができます。

どの部品が原因でチョロチョロとした水漏れが引き起こされているのか確認してみましょう。

ゴムフロートの劣化

ゴムフロートはトイレタンクのレバーを引いた際に鎖に繋がれたゴム状の栓でタンク内の水が勝手に便器に流れ出ないための部品です。

ゴムフロートにゴミが挟まっていたりなんらかの理由で正常な位置からずれてしまっていた場合、水が常にチョロチョロと排水されている状態になってしまいます。

この場合には新しいゴムフロートに交換して正常な位置に設置することで水漏れを解消することができるのでチョロチョロとした音はしなくなります。

しかし、トイレの種類によってフロートバルブ部品選びは難しいので、自分で修理交換する場合には念入りに型番を確認してから購入するようにしましょう。

オーバーフロー管(サイフォン管)の破損

オーバーフロー管(サイフォン管)はタンク内に異常が起こり水がタンク内に溢れそうになってしまった場合に強制的に排水するためについている筒状の部品です。

この部品がなんらかの理由でヒビがはいってしまったり、折れてしまっていた場合には水がチョロチョロと流れだしてしまう原因にもなります。

アーバーフロー管(サイフォン管)が破損してしまうのは人為的な原因がほとんどです。

節水のためにタンクにペットボトルを入れてしまっていたり、清掃のためにタンクを開けてしまったりなどがあります。

タンク内には便器を洗浄するために最適な量の水が保たれるようになっているので節水のためにペットボトルは入れないようにしましょう。

思わぬ破損やトラブルの原因になってしまいます。

ボールタップの故障

ボールタップはタンク内に給水するための部品で、ボールタップが破損してしまうと適切な水量を保てなくなってしまい常に水が溢れてしまうトラブルになってしまいます。

溢れた水はオーバーフロー管(サイフォン管)から便器内に流れ出てしまいチョロチョロとした水漏れになってしまうので注意が必要です。

ボールタップが壊れているか確認するには、浮き球を持ち上げてみても水が止まらずチョロチョロと便器内に漏れ出てしまっていた場合にはボールタップが原因で水漏れが起きている可能性が高いです。

トイレからチョロチョロ音がする水漏れが起きた時の対応手順

トイレからチョロチョロ音がする水漏れが起きた時の対応手順

もしもある日突然トイレからチョロチョロと水漏れの音がしだしたらどのように対応すればいいのか迷ってしまう方も多いかもしれません。

まずは以下の手順で対応して早急に水漏れを解決できるようにしましょう。

➀止水栓を締めて、水漏れを止める

トイレからチョロチョロと音がする場合、水漏れが考えられるのでこれ以上無駄な水を排水させないためにも止水栓を止めましょう。

トイレの止水栓は貯水タンクの壁や床付近にあります。

マイナスドライバーで右側に動かなくなるまで回せば水を止めることができます。

このとき止水栓を再びどれくらい開ければいいのか判断するためにマイナスドライバーで何回転させたのかを覚えておくといいでしょう。

➁賃貸の場合は大家さんに相談する

賃貸物件にお住まいの方はトイレからチョロチョロと水漏れがする場合、まずは大家さんや管理会社に連絡してみるようにしましょう。

自分でお金を出して部品の修理交換や業者に依頼しなくても大家さんや管理会社が手配してくれる場合が多いです。

その場合の費用も居住者側に落ち度がない限り、経年劣化によるものとして大家さんや管理会社が負担することがほとんどです。

勝手に部品を交換したことで原状回復のために余計な費用を請求されることもあるため自分で勝手に交換することのないようにしましょう。

➂どこから水漏れしているか確認する

トイレからある日突然チョロチョロとした水漏れ音が聞こえた場合には、まず耳を澄ませてどこの箇所から水漏れがしているか確認するようにしましょう。

ほとんどの場合はタンク内からチョロチョロと音が聞こえてくるはずです。

最新式のタンクレスタイプのトイレをお使いの方はトイレの洗浄を行うための排水をチョロチョロとした水漏れと勘違いしてしまう場合もあるので、しっかりと区別することが大切です。

便器内の水をしばらく見てみて、30分以上水が揺らいでいるようであれば水漏れが考えられます。

➃修理や部品交換をする

すべての状況を確認して確実にトイレの部品が経年劣化したものによる水漏れだった場合には部品の交換や修理を行うことになります。

修理交換する場合にはトイレの種類や型番によって対応している水栓部品が異なるため必ず確認してから購入するようにしましょう。

そして、タンク内の修理を行う場合には誤って他の部品を破損させてしまったりゴムフロートをずらしてしまったりする可能性があります。

自分でトイレタンクの水漏れを修理するのに自身がないという方は、はじめからプロの修理業者に依頼するのがもっともコスパが高く、安心な方法だということを理解しておきましょう。

トイレがチョロチョロ音がする水漏れは自分で修理することもできる

トイレがチョロチョロ音がする水漏れは自分で修理することもできる

トイレのチョロチョロとした水漏れ音は自分で部品を購入して修理することができます。

修理部品はほとんどの場合、ホームセンターで揃ってしまうので正しい手順と方法で行えばその日のうちに水漏れを解消することができるはずです。

修理部品はホームセンターで購入できる

トイレタンクのチョロチョロとした水漏れを修理するための部品はホームセンターで購入することができます。

トイレタンク内の水漏れの原因である経年劣化しやすい部品はゴムフロート(1,000円程度)、オーバーフロー管(サイフォン管)(2,000円~5,000円程度)、ボールタップ(3,000円~5,000円程度)の3つです。

しかし、トイレのメーカーや形状によって部品の種類は違うため間違ったものを購入してしまえば無駄な出費となってしまう恐れがあります。

そうならないためにもトイレの説明書やトイレの側面に張られた製品シール等で型番をしっかりと確認した上で間違いのないように正しい製品を選ぶように心がけましょう。

修理に必要な工具

トイレのタンクを修理する場合に必要な工具は以下の5つです。場合によってはウォーターポンプフライヤーが必要な場合もあります。

  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ
  • ラジオペンチ
  • 養生シート
  • ゴム手袋

止水栓などはマイナスドライバーで行い、トイレ部品はモンキーレンチ等を使用すれば交換することができるので特別な修理工具を用意する必要はありません。

ただ、修理を行う場合には水まわりであるためゴム手袋や床や壁への水跳ねを防ぐために養生シートをしっかりと張っておくほうが安心ですので一緒に準備しておくようにしましょう。

トイレのチョロチョロ音の原因別の修理方法と難易度

トイレのチョロチョロ音の原因別の修理方法と難易度

トイレのタンク内の水漏れの原因箇所である部品は大きく分けてボールタップ、ゴムフロート、オーバーフロー管(サイフォン管)の3つがあります。

それぞれ自分で交換するにはどのような方法で行えばいいのか、そして具体的な難易度はどれくらいなのかということをご紹介します。

実際に自分で修理し始めてから「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにもあらかじめ修理方法と難易度を理解しておくようにしましょう。

ボールタップが原因の水漏れ

ボールタップが原因でチョロチョロとした水漏れが起きている場合には、まず以下の準備をしましょう。

  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ
  • ラジオペンチ
  • 養生シート
  • ゴム手袋

1.ボールタップ取替の準備
養生シートを床や壁に貼り付け、タンクの蓋を開ける(タンクの蓋を落として割ってしまわないように注意)

2.水抜き作業
止水栓を閉めてタンク内の水位を確認してレバーハンドルを回し水を抜く

3.ボールタップのバルブを取外す
ボールタップを抑えながらタンクに繋がっている管についた袋ナットとツバ付きナットをレンチで外し、水が出る管をタンクの内側に引っ張り取外す

4.ボールタップを取り換える
ボールタップからピストンバルブを取り出し交換。このときシートパッキンの上下の向きに注意。再びバルブをボールタップに差し込み固定し。ボールタップをタンクの内側へ取付ける

5.止水栓を調整
タンクの水位を調整する。タンクの水を抜くときに確認しておいた水位まで水を調節すること。すべて完了したらタンクの蓋を戻して終了。

ボールタップ交換の難易度

ボールタップの交換は正しい手順でゆっくりと行えば自分で交換することができます。

手順が複雑であるという点と、蓋を破損してしまったりするとかなりの出費になる危険性があります。

ゴムフロートが原因の水漏れ

ゴムフロートが原因でチョロチョロとした水漏れが起きている場合には、まず以下の準備をしましょう。

  • マイナスドライバー
  • ラジオペンチ
  • 養生シート
  • ゴム手袋

1.ゴムフロート取替の準備
養生シートを床や壁に貼り付け、タンクの蓋を開ける(タンクの蓋を落として割ってしまわないように注意)

2.水抜き作業
止水栓を閉めてタンク内の水位を確認してレバーハンドルを回し水を抜く

3.ゴムフロートの交換
レバーについている鎖を外して古いゴムフロートを取り出します。この時手がかなり汚れてしまうので必ずゴム手袋をつけるようにしましょう。新しいゴムフロートに交換します。

4.鎖の長さで水位を調整
鎖の長さが長ければ長いほど水量は少なくなり、短いほど多くなります。元の水位に戻ったら止水栓を開け完了です。

ゴムフロート交換の難易度

ゴムフロートの取替は比較的簡単にできますが、手に劣化したゴムが付くためかなり汚れてしまうことになります。

万が一床に落としてしまったり、壁紙についてしまった場合には汚れが取れなくなってしまう可能性もあるので、不安であれば専門業者に依頼するのがオススメです。

オーバーフロー管が原因の水漏れ

オーバーフロー管の破損が原因でチョロチョロとした水漏れが起きている場合には、まず以下の準備をしましょう。

  • マイナスドライバー
  • ウォーターポンプフライヤー
  • ラジオペンチ
  • 養生シート
  • ゴム手袋

1.水抜き作業
止水栓を閉めてタンク内の水位を確認してレバーハンドルを回し水を抜く

2.オーバーフロー管の取替の準備
養生シートを床や壁に貼り付け、トイレのタンクをモンキーレンチで外していきます。タンク下部にナットがあるのでそれを外せばタンク事取外すことができます。(重いので注意)

3.オーバーフロー管を取り換える
タンクの底にオーバーフロー管の根元が固定されています。ウォーターポンププライヤーという工具を使って取外して新しいオーバーフロー管を取付ます。

4.タンクを戻す
取り外した時と同じようにタンク下部のナットを締めて取付けます。ただ、ナットを強く閉めすぎてしまうと陶器背のタンクが破損してしまうことがあるのでゆっくりと閉めていくようにしましょう。

5.止水栓を開けて完了
交換がすべて済んだら止水栓を開け水を流してみましょう。水の勢いが強すぎたり弱すぎたりするときには、止水栓の調整を行います。

オーバーフロー管の交換の難易度

オーバーフロー管を自分で交換したり修理するのは複雑すぎるため、オススメできません。特殊な工具がいるだけでなくタンク自体を取り外す必要があるため危険です。

必ず修理業者へ依頼して正しい専門知識を持つプロに修理してもらうようにしましょう。

トイレの部品交換 | 水の救急隊 | 水まわりのトラブルを年受無休で解決中!
トイレは様々な部品で構成されています。経年劣化した部品は交換しないとトイレの不具合を起こします。水の救急隊ならトイレの部品交換を年中無休で24時間対応しています。 作業員はお近くの水道局指定工事店が伺います。 テレビCM放映中!「ネット見た」と伝えるだけで¥3,000割引き中! まずは無料お見積りから。

トイレのチョロチョロ音が不安な場合は水道修理業者へ依頼しよう

トイレのチョロチョロ音が不安な場合は水道修理業者へ依頼しよう

トイレのチョロチョロとする水漏れの修理は自分で修理することも可能です。

しかし、自分で交換するとなるとかなりの手順で時間がかかってしまうだけでなく、間違った部品を購入して無駄な出費になってしまう可能性もあります。

できるだけ早く、安全にトイレの水漏れを修理するのであれば水道修理業者へ連絡するようにしましょう。

ここでは修理費用の目安と修理時間の目安をご紹介します。

修理費用の目安

トイレタンクの水漏れの原因であるボールタップ、フロートバルブ、オーバーフロー管の交換を業者に頼んだ場合の費用の目安は以下の通りです。

ボールタップの交換費用

ボールタップの交換を業者へ依頼した場合の相場はおおよそ8,000円~11,000円程度です。

しかし、部品や作業によって金額は大きく異なる場合があるので依頼する前に必ず金額見積もりを取ってもらうようにしましょう。

フロートバルブの交換費用

フロートバルブの劣化による水漏れの場合には交換になりますが、この作業を業者にお願いするとおおよそ8,000円~11,000円程度の費用になります。

ボールタップよりは安い作業金額になるのが一般的です。

オーバーフロー管

オーバーフロー管の交換はタンクを取外す必要があるためボールタップやフロートバルブの交換よりも高くなってしまいます。

タンク脱着費用と併せて20,000円~30,000円のケースが多いです。

修理時間の目安

トイレのチョロチョロとした水漏れの大きな原因であるボールタップ、フロートバルブ、オーバーフロー管の交換を業者に依頼した場合よほど特殊な水漏れが原因で引き起こされるトラブルでない限りは30分~1時間もあればすべての作業が完了します。

状況に応じて作業時間は変動するので、見積をとってもらう際に時間が気になる方はあらかじめ確認を取っておくようにしましょう。

SNS上のトイレからチョロチョロと音がする水漏れについての感想や口コミ

SNS上のトイレからチョロチョロと音がする水漏れについての感想や口コミ

まとめ

まとめ

この記事ではトイレからチョロチョロと音がする水漏れの原因と放置するリスク、そして対処法についてご紹介しました。

もっとも重要なことは、わずかな水漏れでも長時間放っておくと大きな出費となってしまうため、今すぐに対処するべきだということです。

自分で修理することもできますが、タンクを取外したりする作業もあるだけでなく、もしもタンク内を気付つけてしまったり他の部品を破損させてしまうと症状が悪化してしまう可能性もあります。

自分で修理するのが不安な方は修理業者に依頼するのがもっともベストな方法です。この記事を参考にトイレのチョロチョロを改善して快適にお過ごしくださいね。

トイレの水漏れ修理 | 水の救急隊 | トイレのトラブルを年受無休で解決中!
         
タイトルとURLをコピーしました