0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

【トイレつまりは恥ずかしい!】トイレつまりを業者に依頼するのは恥ずかしいことではない!?理由や依頼方法について徹底解説!

トイレ
トイレ詰まり

トイレつまりを解消するために業者を呼びたいけど、恥ずかしいから呼びづらいと感じたことがある方はいませんか?確かに排泄物や使用済みのトイレットペーパーを人に見られたくないと思う心情は分かります。

しかし、だからと言ってトイレつまりを放置すると、さらに状況が悪化し、最悪の場合には30分程度で済む修理が何時間もかかってしまうというケースに陥ることもあるため、早急に対処する必要があります。

また、皆さんが思っている以上に業者はトイレつまりに慣れているもの。気にすることはないので安心して業者を呼んでください。

この記事では、トイレつまりで業者を呼びづらいと感じている方が安心できる情報を提供していきますので、ぜひご覧になってください。

【この記事を読んで欲しい人】

  • トイレつまりで業者を呼びたいけど恥ずかしい人
  • トイレつまりを業者に頼みづらいと感じている人

トイレつまりで業者を呼ぶのが恥ずかしいという人に

トイレつまりで業者を呼ぶのが恥ずかしいという人に

トイレのつまりを解消するために、業者を呼びたいけど呼びづらいと思う人の大半は「排泄物などの汚物を見られたくない」「トイレまわりに掃除が行き届いていない」などといった理由があると思います。

自分や家族の排泄物を見られたくないという気持ちもあるでしょうし、普段のトイレ掃除を適当に行っていることでトイレまわりが汚れていたり、便器に黄ばみがあったりすることを見られたくないという方もいるでしょう。

しかし、業者はそこまで気にするものなのでしょうか。ここでは、業者目線でトイレつまりの修理をどのように行っているのかご紹介していきます。

業者は汚れたトイレに慣れている

水漏れやつまりの修理を行う業者は多数ありますが、汚れたトイレについて気にする業者はありません。

業者は日常的にさまざまな現場を経験しており、トイレの汚れには慣れています。中には、汚水がトイレの床中に溢れているといった修羅場のような現場も経験しており、トイレの汚れやつまりの原因を目にするのは至極当然な仕事というわけです。

依頼者がトイレの汚れに抵抗感を感じることは理解できますが、業者はそのようなことを気にせず、迅速かつ専門的に対応してくれるので安心して修理をお願いしましょう。

つまりの原因究明に集中している

現場に入るのと同時に、業者はトイレのつまりの原因特定と解消に専念します。一日で多くの現場を回ることが多いので、作業はスピーディに淡々と行われることが一般的です。そのため、トイレの汚れを気にしている暇がないという方が正しいかもしれません。

業者は変態ではない

トイレのつまりを解決する業者は、汚れた便や汚物を見て興奮したり、特別な反応を示すことはありません。業者はトイレのトラブルに関してのプロフェッショナルであり、便の出所やその内容については一切興味を持つことなく、問題を冷静に解決することに専念します。

恥ずかしさを解消するためにできること

恥ずかしさを解消するためにできること

トイレつまりはそこまで頻繁に起こるものではありません。そのため修理を依頼するときに、どのように伝えればいいかわからないという方も多いと思います。また、恥ずかしさから正確に伝えられないかもと考える方もいるかもしれません。

そこで、少しでも恥ずかしさを軽減するためにできることや伝え方をご紹介していきます。

できる範囲でつまりの解消をしておく

トイレつまりを業者に依頼するのが恥ずかしいと感じるのであれば、できる範囲で構わないので自分で対処を試みてみましょう。

例えば、大量のトイレットペーパーをある程度取り除くことや、浮き上がってきた汚物を取り出すなど、見られて恥ずかしいと思うものを業者が来る前に排除しておくことくらいは可能です。

ただし、汚物の取り出し時に床や壁に飛び散る可能性があるので、バケツや新聞紙を使って、トイレまわりが汚れないように注意してください。小さな対策かもしれませんが、トイレの見た目を改善し恥ずかしさを軽減することができるでしょう。

業者が来た時を想定する

トイレのつまりを対処してくれる業者が自宅に訪れる場面を考え、どのように立ち会うかを事前に考えておくことで、恥ずかしさを軽減できます。挨拶をはじめ作業中や自宅からの退室までを想定し、業者とのやり取りをスムーズにすることが重要です。

また、業者の作業中は別の部屋で待機するなど、自然な対応を考えておくことで、気まずさを軽減させることもできるでしょう。

どうしても恥ずかしい人は自分で対処する

どうしても恥ずかしい人は自分で対処する

それでも、どうしても恥ずかしくて業者を呼べないという方は、自分でトイレつまりを解消する方法もあります。

ここからは、自分でトイレつまりを直す方法の中から、ご自宅にあるもので対応できる簡単な対処法をご紹介します。

お湯とバケツを使用する

軽度のトイレつまりの場合、お湯を使用して自分で対処できます。適切な温度のお湯(40度から60度程度)を用意し、バケツから一気に流し込みましょう。

ただし、流し込む際に周囲への飛び散りに気をつけ、お湯の温度が高くなりすぎないように調整してください。特に高温のお湯はトイレに損傷を与える可能性があるため、注意しましょう。

また、作業前には衛生面を考えゴム手袋を着用し、万が一に備え、床や壁にビニールや新聞紙で養生するようにしてください。

ラバーカップを使用する

トイレのつまりを解消する方法として、ラバーカップ(スッポン)を使用する方法があります。一般的に使われているトイレつまりの解消グッズで、スーパーやホームセンターなどで安価で入手することができます。

ラバーカップを使う際のコツは、排水口を完全に覆い、真空状態を作ることです。ラバーカップのゴム部分を排水口にしっかりと密着させ、ゆっくりと押し込んでから引き上げましょう。

ただし、力を入れて引き上げるとトイレの水が飛び散る可能性があるため、床や壁にシートや新聞紙を敷いて保護してください。つまりが軽度の段階で対処することができるので、早い段階で試してみる価値があります。

重曹やクエン酸を使用する

ご自宅にあるもので対処する方法の一つに重曹やクエン酸を使用する方法があります。クエン酸がない場合はお酢で代用しましょう。トイレのつまりだけでなくカビや悪臭の対処にも効果的な上、水回りで幅広く使えるので、予備として備えておくことをおすすめします。

まず、便器内の水を抜き、重曹とクエン酸を1:2の比率で順番に注ぎ入れ、その後、お湯を注ぎ30分程度放置することでつまりを解消することができるかもしれません。もし、つまりが解消されない場合は、1~2時間程度放置してみましょう。

なお、人体に害がなく、子供やペットのいる家庭でも安心して使用できます。

パイプクリーナーを使用する

パイプクリーナーもトイレットペーパーを溶かす方法として有効です。使用方法は非常に簡単で、パイプクリーナーをトイレの排水口に注いで放置するだけです。自分で対処する負担が大幅に軽減されるので、特に女性の方には有効な手段かもしれません。

ただし、使用するパイプクリーナーによって放置時間が異なるため、事前に説明書を確認して適切に使用しましょう。

また、使用量にも注意し、指示通りに使うことが大切です。

業者に依頼した方がよい場合とは?

業者に依頼した方がよい場合とは?

以下のようなケースの場合、迷わず専門業者に依頼しましょう。

つまりの原因が分からない

トイレつまりの原因が分からない場合や自力で解決できない場合、業者に依頼しましょう。

原因が分からないまま作業を進めても解消に至らないケースが多く、無理に対応したことによって、便器や排水管に損傷を与えてしまうというケースもあるからです。

また、放置してもトイレつまりが自然に解消される可能性は低いです。逆に状況が悪化して修理費用が高騰する可能性もあります。そのため、トイレつまりが悪化する前に、業者に相談しましょう。

水に溶けない固形物がつまりの原因

便器に落としてしまった固形物を無理に取ろうとすると、便器や排水管に損傷を与える可能性があります。

以下は便器に誤って落としやすい固形物の一例です。

トイレつまりの症状
  • スマートフォン
  • おもちゃ
  • ハンカチ
  • ボールペンなどの文房具
  • ライター

手の届かない場所に固形物が流れてしまった場合は、無理に取り出すのは避け、専門の業者に修理を依頼しましょう。排水管の奥に固形物がつまった時点で、自分で解消するのは難しいと思ってください。

トイレつまりの症状が重度

水がまったく流れない、水が溢れそう、異臭がするという場合、つまりの度合いが重度なときの症状であることから、何かしらの重大なトラブルの兆候かもしれません。放置すれば被害は拡大し、床が水浸しになったり、下の階に水漏れしたりする可能性があります。

このような症状に陥っている場合は、自分で解消することが難しいだけでなく、重度のトイレつまりは修理費用が高額になる傾向があるため、すぐに業者に相談し修理を依頼しましょう。

トイレつまりを業者にお願いする方法

トイレつまりを業者にお願いする方法

トイレつまりの対処を業者にお願いするポイントはいくつかありますが、焦って依頼してしまうと悪徳業者に騙される恐れがあります。そのため、水道局指定の工事店を選ぶようにしてください。

水道局指定の工事店は各自治体から認められた修理業者で、経験もあり技術もしっかりしています。安心して修理をお願いできるでしょう。

業者を呼ぶ前に行っておくべきこと

業者に来てもらう前に行っておくべきことがいくつかありますのでご紹介します。

つまりの原因があれば取り除く

便器内につまりの原因が浮いていれば取り除いておきましょう。恥ずかしさを軽減できるだけでなく、業者が来た時の作業のしやすさにも直結します。

止水栓を閉める

トイレの止水栓を閉めることで水の供給をストップし、水漏れを防ぐことができます。止水栓は、トイレタンクや壁の近くに配置されていることが多いので場所を確認し、マイナスドライバーを使用して時計回りに回して閉めてください。

もし止水栓が見当たらないときは、家全体の水の元栓を閉めて対応するのがよいでしょう。水道の元栓は、戸建て住宅の場合は敷地内の地面に、アパートやマンションなどの集合住宅の場合は玄関横のメーターボックスに設置されています。

水をくみ出す

高い水位のままでは業者の作業が難しく、修理に時間がかかる可能性があります。そのため、バケツや灯油ポンプ、ペットボトルなどを使用して水をくみ出しておきましょう。

また、作業中に床が水浸しにならないように、ビニールシートや新聞紙を敷いておくことをおすすめします。

複数の見積もりをとる

本当に信用できる業者なのか、費用の相場はどれくらいなのかを見極めるために、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

一社だけの見積もりでは料金が高いのか安いのかを正確に判断するのは難しいだけでなく、ネットで見かける「激安」といった広告も、実際どのくらい安いのかを比較することはできないからです。

また、修理業者はエリアに複数存在することが一般的です。高額な見積もりが出たときは、他社の見積もりを持っていることを伝えると、料金を安くしてもらえるかもしれません。

口コミを参考にする

口コミサイトやレビューウェブサイトなどには実際に業者を利用した人々の評判や経験が記載されているため、業者の信頼性やサービス品質を知る手がかりとなります。

特に、同じトラブルを抱えた人々の口コミは参考になります。良い評価を得ている業者を選び、信頼性の高い修理を行ってもらうようにしてください。

悪化する前に相談する

トイレのつまりの原因がトイレットペーパーや排泄物であれば、一般的には安く修理できます。しかし、放置すると状況は悪化してしまうことがあり、排水管などに重度なつまりが発生した時には高圧洗浄機などを使用する必要が生じるため、修理費用が高額になる可能性があるので注意が必要です。

自分で対処しても状況が良くならないと感じたときは、状況が悪化する前に業者に依頼しましょう。

▶水の救急隊に聞いてみる

まとめ

この記事では、トイレつまりで業者を呼ぶときに恥ずかしさを軽減する方法や、業者に頼むときにするべきことを解説してきました。

トイレのつまりはどこでも起こり得るトラブルの一つであり、トイレのつまり修理を何度も経験している修理業者にとって特別なものではありません。そのため、深く考えず気軽に依頼するとよいでしょう。

もちろん、つまりの状態によっては自分で対処できる方法を試してみてもよいかもしれません。ただし、修理費用を最小限に抑えたいのであれば、状況が悪化する前になるべく早く業者に依頼することをおすすめします。

水の救急隊のトイレ詰まり修理についてはコチラ