0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

対処

洗面・洗濯場

洗面台のつまりを自分で直す方法と水が流れない原因を徹底解説

洗面台がつまってしまう原因としてもっとも多いのが、「髪の毛」です。 また、手を洗ったり洗顔・歯磨きを行う洗面台では、石鹸や歯磨き粉、洗顔剤などの成分も詰まりを引き起こす要因となります。 そこで本記事では洗面台がつまる原因と、排水つまりが生じてしまう場所ごとの対処方法についてご紹介します。
応急処置

蛇口の水漏れ修理をしたい!DIYで修理する際の注意点や手順を紹介

蛇口の水漏れは、主にパッキンの劣化・ナットの緩み・部品の劣化が原因です。 蛇口の水漏れをそのまま放置してしまうと、水道料金が上がってしまったり、最悪の場合は水が止まらなくなります。 しかし水道修理業者に依頼すると費用がかかってしまうことから、DIYで修理したいと考える方も多いはずです。 そこで本記事では、『初心者の方でも簡単に蛇口の水漏れ修理ができるDIYでの修理方法』について、注意点や手順を詳しく解説していきます。
給排水設備

ウォーターハンマー現象とは?どんな音?放置してはいけない理由と対策方法

「水道の蛇口を閉めたときにドンッ!という衝撃音が響く」 この音の正体は「ウォーターハンマー現象」というもので、さまざまなことが原因で引き起こされるトラブルの1つです。 ウォーターハンマーは主に、水道管内部の給水が急停止することによって引き起こされます。 そこで本記事では、ウォーターハンマー現象の原因と対処法について詳しくご紹介します。
トイレ

トイレが詰まった時に最初に試す対処法|自分でできる事

「急に夜中にトイレが詰まってしまった!」こんな時は困ってしまいますよね。お店も閉まっているし自分でなんとかしたい。そんな時に自分で試せるトイレ詰まりの解消方法を解説しています。 工具はなくてもできることはあります。お湯やビニール袋、ペットボトルを使うことで詰まりが抜ける事がありますので手順通りに試してみてください。
トイレ

トイレの床からじわじわと水漏れする原因と修理方法

「トイレの床がや便器のまわりが濡れている」このような時に考えられる水漏れの原因と修理方法を紹介しています。 また、賃貸物件のときはどうしたらいいのか?費用はどのくらいなのか?こちらもご一緒に紹介するのでぜひ参考にしてください。
トイレ

トイレの水が少しずつ流れる場合の対処法|放置したら自然につまりは治る?

「トイレの流れがなんだか悪い。時間と共に、少しずつ水が流れていくけど大丈夫?」これはトイレつまりの初期症状です。 今はトイレの水が少しずつ水が流れていても、このまま放っておくと、完全につまってトイレを使えなくなる深刻な状況となってしまうこともあります。放置せずに早めに対処していきましょう。 この記事では、【トイレの水が少しずつ流れる時の原因と対処法】を詳しく解説しています。
トイレ

タンクレストイレはつまりやすい?原因と対処法を徹底解説

タンクレストイレはつまりやすい!と言われている原因は構造と水量が主な原因です。 タンクレストイレは見た目もスッキリしていて使用水量も少なく特有のメリットがありますが、つまりやすいといったデメリットは解消しきれていません。 今回はタンクレストイレがつまりやすい理由と原因を徹底解説していきます。 タンクレストイレがつまった際の対処法も合わせて紹介しています。
水栓・蛇口

蛇口が空回りする原因と対処方法

蛇口が空回りしてしまうと「水が出っぱなし」「水が出ない」状況になってしまいます。 どちらの場合でも早急に修理をする必要があります。 蛇口が空回りする原因はほとんど同じパターンなので、応急処置をしてから修理しましょう。この記事では「蛇口の空回りを自分で直す方法」と「蛇口が空回りする原因」を徹底解説していきます。
給排水設備

給湯器の燃焼ランプがつかない原因と自分でできる対処

日常に欠かせないお湯を供給する給湯器ですが、突然燃焼ランプがつかなくなることがあります。 給湯器の燃焼ランプがつかないとお湯を利用することができないため、非常に困ってしまいますよね。 給湯器の燃焼ランプがつかない原因はいくつかあり、自分で対処できる場合もあります。 本記事では、「給湯器の燃焼ランプがつかない原因」について自分でできる対処方法を紹介します。
その他

エアコンからたまに水漏れがするのはどうして?水漏れ原因と対処方法

エアコンから水漏れが発生する主な原因は『ドレンホースの不具合』によるものです。 または、エアコンのフィンや羽の部分に水滴が付いていたりすることもあります。 この記事では『エアコンから水漏れする原因』と『水漏れ時の対処方法』についてご紹介します。 エアコンから水漏れしたときに「どこに修理の連絡すればいいのか分からない」というお悩みも解決できるので、ぜひ最後までご覧ください。