0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

自分で蛇口を取り付ける方法!業者に依頼した場合の費用相場

自分で蛇口を取り付ける方法!業者に依頼した場合の費用相場 キッチン・台所
キッチン・台所水栓・蛇口洗面・洗濯場浴室・お風呂

蛇口が古くなって交換を考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。蛇口の寿命は一般的に10年程度です。

しかし「その度に業者に依頼していたら交換費用がもったいない」と思ったりしていませんか?

「自分で交換できたらいいのに…」と思っている方のためにこの記事では蛇口の取り付け方法と注意点をご紹介します。

正しい手順で行えば自分で蛇口を交換することはできます。

そして実際に手順を確認した上で「自分で取り付けるのはちょっと大変そうだから業者に依頼しよう」と思った方のために費用相場や業者の選び方についても徹底解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

【この記事を読んで欲しい人】

  • 蛇口や水栓を自分で交換したい
  • 蛇口や水栓から水漏れしている
  • 蛇口の交換のやり方を知りたい
  • 蛇口の交換を自分でするのが不安
  • 業者に頼むべきか悩んでいる

蛇口の取り付けを自分でする場合の注意点

蛇口の取り付けを自分でする場合の注意点

蛇口の取り付けを自分で取り付ける場合にもっとも注意しなければならないのは「水漏れ」です。

正しく取り付けできていないと、わずかな隙間から水が漏れだして気づかない間に多額の水道代が請求されてしまう恐れがあります。

さらにせっかく取り付けた蛇口をわずか数日のうちに交換しなくてはならなくなってしまうため、作業をはじめる前に水栓ごとの特徴や基礎知識についてしっかりと理解しておく必要があります。

取り付け作業を行い始めてから後悔しても遅いので、少しでも不安のある方は最初から水道修理業者に依頼するのをおすすめします。

とても重要なことをお伝えします。

自分で交換すればたしかに費用は安く済ませることができます。

しかし、水道修理業者に依頼すれば新しい蛇口だけでなく10年近く使い続けられる安心感も同時に手にすることができます。

トータルコストでしっかりと考えた上で自分で蛇口を交換するか、水道修理業者に依頼するかということを適切に判断することがなによりも重要なことです。

蛇口の種類の見分け方と必要な基礎知識

蛇口の種類の見分け方と必要な基礎知識

蛇口はいくつか種類があるため、今取り付けられているタイプの蛇口がどのような取付タイプのものかを判断してから新しい蛇口を購入しなくてはなりせん。

蛇口の種類の見分け方は接続部分と配管の本数で判断します。

壁付きタイプは壁の配管から直接給水を行っており、キッチンやお風呂の蛇口として取り付けられていることの多い水栓です。

また洗面台やユニットバスなどで台の上に取り付けられた蛇口は台付きタイプです。

この2つは取り付け位置がそもそも異なるため、間違って購入してしまわないように注意しなければなりません。

配管の本数は主に水道管のみから給水するワンホールタイプと給湯器などのお湯と水道管から2つの配管を使って給水するツーホールタイプがあります。

左側がお湯、そして右側に水のハンドルが付いた2ハンドル混合水栓は見た目でツーホールタイプだと判断することができます。

しかし、1つのレバーを上下して水の吐水と止水を行い左右に動かすことでお湯と水を切り替えることができるシングルレバー混合水栓は、ワンホールタイプとツーホールタイプどちらの可能性も考えられるためしっかりと確認しなければなりません。

洗濯機などに給水を行うための蛇口は壁付きタイプの単水栓というシンプルな蛇口で取り付けがもっとも簡単に行うことができます。

あなたが取り替えをしたいと思っている蛇口が、どの種類なのか判断することができましたか?

同じタイプに交換することは比較的簡単なので手順通りに行えば大丈夫ですが、ツーホールからワンホールに変更したりする場合には、自分で行うことはできないので水道修理業者に依頼するようにしまょう。

取り付けられている蛇口のタイプを判断することができたら次に特徴を把握しておくと更にスムーズに取り替えを行うことができます。

単水栓の特徴

もっともシンプルな構造でお湯か水のどちらかしか吐水しないタイプの蛇口です。

洗濯機などの給水するための蛇口はこの単水栓ですが、多量の水を全開で出し続ける場所なので緊急止水弁が付いている蛇口を選ぶようにしましょう。

単水栓は古くさいイメージを持たれている方も多いかもしれませんが、シングルレバータイプのオシャレなものもあります。

また単水栓は構造がシンプルなので、水漏れ原因がパッキンやスピンドルの劣化によるものだと判断しやすいという大きなメリットがあります。

メンテナンスしやすいため長く使い続けることができます。

ワンホール(台付きタイプ)混合水栓の特徴

洗面台などに取り付けられていることが多く、1つの配管からお湯と水が混合した状態で吐水されます。

配管の口径はすべて同じ規格なので、設置する高さに問題がなければ別メーカーのものでも取り付けることができます。

ツーホール(台付きタイプ)混合水栓の特徴

2つの配管から水とお湯を給水し混合して吐水するタイプでキッチンなどの主流となっています。

2つの穴の距離はすべての規格で同じなのでメーカーが異なっても取り付けることができます。

ハンドルタイプが2ハンドル、シングルレバータイプどちらのタイプでも問題はありません。

使いやすい方を選ぶようにしましょう。シングルレバータイプの方が温度調整もしやすく、片手でも直感的に水量も調節することができるのでキッチンなどでおすすめです。

ツーホール(壁付きタイプ)混合水栓の特徴

壁内部の配水管からお湯と水を給水して混合して吐水するタイプの蛇口です。

壁付きの場合でも穴の位置は同じ規格なので別メーカーでも問題ありません。

また現在2ハンドルタイプで使いづらいと感じる場合には、シングルレバータイプのものを購入すればそのまま交換することができます。

水栓のおすすめについては以下の記事を参考にしましょう。

蛇口の取付で用意するもの

蛇口の取付で用意するもの

蛇口の交換を行うときには以下のものを用意しておくようにしましょう。

用意するもの

  • 新しい蛇口
  • シールテープ
  • 滑り止め付きの軍手
  • プラス・マイナスドライバー
  • 六角レンチ
  • モンキーレンチ
  • ワイヤーブラシ
  • タオルとバケツ
  • 懐中電灯

道具は蛇口の種類によって異なりますが、以下のものを用意しておけばスムーズに交換することが可能です。

100均などでも購入することができるものもありますのでこの機会に揃えておくように強いましょう。

新しい蛇口

現在使用している蛇口がワンホールかツーホールなのか、そして壁付きか台付きかによっても異なってきますが、対応している蛇口を購入しましょう。

一般的にツーホールタイプなどでも穴の口径や幅は規格で定められているのでメーカーが違っても好みの水栓を取り付けることができます。

2ハンドルタイプからシングルレバーなどへの交換も可能なので使用用途に応じて使いやすいものを選ぶようにしてください。

シールテープ

シールテープは新しく取り付ける水栓本体のネジ山部分に巻き付けて水漏れを防ぐために重要な役割があります。

主に壁付き水栓や単水栓などを交換するときに必要になります。ホームセンターや100均で購入することができるので準備しておきましょう。

慣れていないと数回巻き直す必要もあるので、残り少ない場合には新しいものも用意しておくといいでしょう。

滑り止め付きの軍手

既存の水栓を取り外すときにはケガなどを防ぐために軍手を用意するようにしましょう。

水栓の締め付け道具を使用するときに手元が滑ってしまわないように滑り止め付きの軍手などがあると便利です。

ホームセンターなどでは、全体がゴム製の作業用グローブなども販売されています。滑りにくくてケガの恐れも少ないのでおすすめです。

プラスドライバー・マイナスドライバー

台付きタイプの蛇口を取り付ける際にプラスドライバーが必要になります。

またマイナスドライバーは止水栓を閉めたり固着したパッキンなどを取り除くときに使用します。

サイズが数種類あるのでセットになったものを用意しておくと便利です。

100均などのドライバーは先端部分がつぶれやすいため、ホームセンターでちゃんとしたものを購入しておくと今後も使い続けることができます。

六角レンチ

六角レンチは大きさがいくつかあるためセットになったものを購入しておきましょう。

使用頻度は少ないので100均などで売られているものでも大丈夫です。

モンキーレンチ

モンキーレンチは水栓の締め付けを行うために必要です。

スパナなどでも代用することができますが、サイズが異なる場合もあるため数種類持っていない場合にはモンキーレンチが1つあればサイズ調整を行うことができるので便利です。

大きいサイズを選んでしまうと狭い環境下で作業しづらくなるので取り扱いしやすいサイズのモンキーレンチを選ぶようにしましょう。

ワイヤーブラシ

壁から取り外した単水栓や壁付き水栓などの取り付け箇所に付着したゴミや古いシールテープなどを掃除するときに使用します。

歯ブラシなどでも代用することができますが柔らかすぎるとうまく掃除できないこともあるので100均などで購入することができるワイヤーブラシがもっともおすすめです。

タオルとバケツ

水まわりを作業するときには、元栓を閉めていても配管内の水が流れ出てしまうこともあります。

手元が濡れてしまうと作業しにくくなるため、バケツやタオルを準備しておくと安心です。

懐中電灯

蛇口交換などは思いのほか手元が狭い環境で作業しなければならないことが多いので懐中電灯があれば安心です。

とくに台付きタイプなどの水栓交換は手元が暗くなりがちなので頭に取り付けるタイプの懐中電灯などを用意しておきましょう。

蛇口の取り付け方法

蛇口の取り付け方法

取り付け可能な水栓部品と準備すべきものが揃ったら実際に取り付けを行っていきます。このとき必ず止水栓だけでなく水道の元栓を閉めておくようにしましょう。

閉め忘れたまま本体を取り外そうとすると水が噴き出してしまいます。

止水栓だけでなく元栓まで閉めておくと安心です。

それぞれのタイプごとに取り付け方法を以下ではご紹介します。

単水栓の取付方法

手順
1.水道の元栓を閉める
水道の蛇口を交換する前に元栓を閉めます。

シンク下にある止水栓だけではうまく給水を止めることができていない可能性があるため、必ず元栓を閉めるようにしましょう。

また止水栓を長期間閉めていない場合には固着してしまっていることもあり、力任せに回してしまうと破損の恐れもあるため注意しましょう。

2.蛇口本体の取り外し
蛇口の取り外しを行う前にハンドルを回して中の水圧を下げましょう。

蛇口の根本部分を左手で押さえて右手で同じく接続部分をしっかりと掴んで反時計回りにグッと回します。

ある程度の力が必要ですが、配管を揺すってしまうと破損してしまう恐れがあるので、焦らずゆっくりと取り外しましょう。

3.接続部分の掃除
蛇口の接続部分はサビや水垢などが付着しているためワイヤーブラシなどを用いてこそぎ落とします。

汚れをそのままにして蛇口を取り付けてしまうと水漏れしてしまうため、念入りに掃除するようにしましょう。

シールテープなどは剥がれにくくなっているため、歯ブラシなどを使って取り除きます。

4.シールテープの巻き付け
隙間を埋めるためにシールテープをネジ部分に巻き付けていきます。シールテープをピンと張った状態で7~8回程度巻き付けましょう。

このときシールテープが歪んでしまうとうまく取り付けできなくなってしまうためネジ山に沿ってずれないように行うことが大切です。

5.新しい蛇口の取り付け
シールテープの巻き付けが完了したらいよいよ蛇口本体を取り付けます。

左手で接続部分が歪まないように押さえながら取り付け口にまっすぐ差し込んで時計回りに回していきましょう。

途中でシールテープがずれてしまったり外れてしまった場合には手順4からやり直します。

6.水漏れ確認
水栓の取り付けが完了したら元栓を開けて、水を出してみましょう。

接続部分からジワジワ水漏れしている場合には、シールテープがうまく巻けていない可能性があります。

しばらく水を流して水漏れがしていなければ取り付け完了です。

ワンホール(台付きタイプ)混合水栓の取り付け方法

手順
1.水道の元栓を閉める
水道の元栓を作業前に必ず閉めましょう。

元栓の場所は戸建てなら玄関外の地面にある水道メーターボックスの中にあります。

ハンドルを時計回しに回らなくなるまでしっかりと閉めましょう。

2.ホースを取り外す
給水管のホースをニッパーなどを使い切ると狭い場所での取り外しが楽になるのでおすすめです。

手元が暗く作業しにくい場合には懐中電灯などで照らしながら作業しましょう。

3.古い蛇口を取り外して新しい蛇口を取り付ける
水栓の裏側にあるナットを取り外して水栓本体を上に引き上げると撤去することができます。

新しい蛇口を取り付けるためにまずは取り付け台を設置して固定します。

このとき必ずネジ穴部分が正面にくるよう向きに注意する必要があります。取り外したのとは逆の手順で水栓本体を取り付けましょう。

4.逆止弁の設置
古い給水管にパッキンなどが固着していないか確認をして、付いている場合には残らず除去するようにしましょう。

次に逆止弁にパッキンが付いているかを確認した後、給水管に取り付けてホースを接続します。

5.水漏れ確認
元栓を開いて吐水が正常に行われているか確認をして水漏れしていないかチェックしましょう。

とくにホースの接続部分や水栓本体の設置部分から水漏れしやすいため念入りに調べましょう。

水漏れがなければ水栓本体の取り付け作業は完了です。

ツーホール(台付きタイプ)混合水栓の取り付け方法

手順
1.水道の元栓を閉める
水道の元栓を閉めましょう。マンションなどの場合には玄関扉横に水道メーターやガスメーターなどがまとめて格納されているスペースがあります。

その中に止水栓もあるのでしっかりと閉めるようにしましょう。

場所が分からない場合には管理会社に連絡して止水栓の場所を確認します。

2.ナットの取り外し
ツーホールタイプの配管は一般的に左側が給湯、右側が給水になります。

水道の蛇口を少しだけ開いて配管内部の水圧を下げてから作業するようにしましょう。

給湯管と給水管のナットを緩めて取り外しますが、このとき止水弁についていたパッキンなどが固着していないか気を付けましょう。

3.古い蛇口を取り外して新しい蛇口を取り付ける
取り外す水栓の裏側にある2つのナットを緩めてそれぞれ取り外します。

上から水栓本体を引き抜き撤去できたら新しい蛇口に交換しましょう。

そしてパッキン、ワッシャーとナットを順番に取り付けます。

陶器製の洗面ボウルなどは強く締め付けてしまうと割れてしまう恐れもあるので注意しましょう。

4.給水管を接続
新しい水栓本体に給水管と給湯管をそれぞれ接続しますが、パッキンがきちんと入っているか確認しましょう。

パッキンは水漏れを防ぐもっとも重要な部品です。

付属されていない場合もありますが、古いパッキンは一度取り外してしまうと再利用することはできません。必ず新しいものを取り付けましょう。

5.水漏れ確認
作業が完了したら元栓を開けて水が正しく吐水されているか、接続部分や設置箇所から水漏れが生じていないか確認しましょう。

水漏れがしていなければ取り付け完了です。

ツーホール(壁付きタイプ)混合水栓の取り付け方法

手順
1.水道の元栓を閉める
作業を行う前に元栓を閉めます。

給水を止めた段階では配管内の水圧が高くなっているため、水栓を交換するときに一度蛇口をひねって水圧を下げる必要があります。

2.蛇口本体の取り外し
壁付きタイプの水栓本体と取付脚を繋いでいるナットを緩めて取り外しましょう。

取付脚を蛇口から外すために反時計回りに回していきますが、長年使用していた場合には固着している可能性があるためある程度の力が必要になります。

ゆっくりと力を込めながら回していかなければ配管を破損させてしまうリスクもあるため注意しましょう。

3.接続部分の掃除
接続部分には古いシールテープやサビなどが付着しています。

状況によっては水垢などがこびりついていることもあるため、ワイヤーブラシなどを利用して徹底的に掃除して汚れを除去するようにしましょう。

そのまま取り付けてしまうと隙間が生じて水漏れの原因となってしまいます。

4.シールテープの巻き付け
新しい取付脚の壁と接続するネジ山にシールテープを巻きつけます。

しっかりと張った状態で7〜8回程度巻きつけて壁の穴と同じ大きさにしましょう。

小さすぎても大きすぎてもうまく取り付けることができず水漏れの原因となってしまうため適切な太さにするのが大切です。

5.取付脚を壁に設置して蛇口を交換する
2つの取付脚を時計回りに回しながら壁に固定します。取付脚は八の字になるように、そそいて水栓本体は水平になるように調整していきましょう。

取付脚を回しすぎてしまったり、反時計回りに回してしまった時にはシールテープを巻き直しましょう。

そうしなければ水漏れの原因となってしまいます。

取付脚のナットに新しいパッキンをはめたら新しい蛇口のネジ部分をナットで締め付けて本体をしっかりと固定します。

6.水漏れ確認
水道の元栓を開いて水を出してみましょう。

水漏れもしておらず、水もきちんと吐水できていれば取り付けは完了です。

蛇口の取り付け工事はどこに依頼すべき?

蛇口の取り付け工事はどこに依頼すべき?

蛇口の取り付けを自分で行うのが不安だという方は業者に依頼することになりますが、取付けサービスをしている業者が多いため「どこに頼めばいいのか分からない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

水栓を販売しているカインズやニトリなどのホームセンター、エディオンやヤマダ電機などの家電量販店、水道修理業者などの中から選ぶ必要があります。

ホームセンターは実際に水栓を手に取って選んで取付けを依頼することができますが費用相場が比較的高いだけでなく、水まわりのプロが取付けするわけではないので注意する必要があります。

作業員ごとに得意不得意がはっきりしているだけでなく、ホームセンターによって対応が異なる点にも要注意です。

家電量販店は基本的に水栓を店内で柄選ぶことはできずカタログなどから選んで取付けをしてもらうことになります。

家電量販店の場合はサービスセンターの作業員が取付けを行うことになりますが、水まわりだけの作業ではなくすべての業務をこなす必要があるため対応する作業員によってサービスの品質が異なる可能性があります。

水まわりの設備は1度交換したら10年近く使用することになるので専門のプロに取り付けてもらうのがもっともおすすめです。

水道修理業者なら水まわりの事に関して深い知識と高い技術力を有しているだけでなく、今後、水道トラブルなどが起きてしまった時にすぐに依頼することができるため安心して使い続けることができます。

実際に自分で選んで購入した蛇口を取付してもらうこともできるので安心ですよね?

トラブルが生じやすい水まわり製品は水まわりのプロに頼んで取り付けてもらうようにしましょう。

蛇口の取り付け費用相場比較

蛇口の取り付け費用は種類によって相場が異なります。

単水栓は15,000円~30,000円前後の費用相場となり、必要な作業や部材によって価格は変動します。

ワンホールタイプやツーホールタイプの蛇口を交換する費用相場は35,000円~60,000円前後です。

正確な料金などについては必ず見積もりを取ってもらって確認をするようにしましょう。

自分で取付けを行うのに比べて費用が高いと感じてしまう方も多いかと思います。

自分で取付けした場合、短い期間ですぐに水漏れしてしまったりその他のトラブルが生じてしまうことがよくあります。

結果的に業者に依頼して二度手間になってしまうこともよくあるケースなので注意しなければなりません。

業者に頼む料金にはこれから長い期間安心して毎日使うことができるという安心感も含まれているということを知っておくと安心して任せることができます。

sns上の自分で蛇口交換に関する感想や口コミ

自分で蛇口交換に関するsnsの感想や口コミ

まとめ

まとめ

この記事では蛇口の取り替え方法と注意点についてご紹介しました。

手順に慣れてしまえばスムーズに取付けすることができますが、蛇口の交換作業なんて10年に1回あるかないかですよね?

蛇口は毎日使うものなので正しい手順で取り付けなければトラブルの原因にもなってしまいます。

自分で交換するメリットとデメリットそれぞれを比較して後悔のない方法を選ぶようにしましょう。

キッチン・台所|蛇口・水栓の取付取外し | 水の救急隊 | 水道設備の事ならお任せ下さい!
キッチンの蛇口/水栓の取付・取外しに関するページです。 「自分で購入した蛇口を取り付けて欲しい」「引っ越しするので水栓を付け替えて欲しい」「自分で蛇口の取付ができなかった」などでお困りなら水の救急隊へお任せ下さい。安心の前見積でご検討下さい...
洗面・洗濯場|蛇口・水栓の取付取外し | 水の救急隊 | 水道設備の事ならお任せ下さい!
洗面所・洗濯場の蛇口/水栓の取付・取外しに関するページです。 「自分で購入した蛇口を取り付けて欲しい」「引っ越しするので水栓を付け替えて欲しい」「自分で蛇口の取付ができなかった」などでお困りなら水の救急隊へお任せ下さい。安心の前見積でご検討...
浴室・お風呂|蛇口・水栓の取付取外し | 水の救急隊 | 水道設備の事ならお任せ下さい!
浴室の蛇口/水栓の取付・取外しに関するページです。 「自分で購入した蛇口を取り付けて欲しい」「引っ越しするので水栓を付け替えて欲しい」「自分で蛇口の取付ができなかった」などでお困りなら水の救急隊へお任せ下さい。安心の前見積でご検討下さい。即...

水道修理業者を判断する材料として、口コミサイトや公式サイトの修理実績などを確認するのもおすすめです。水道屋さんの口コミをまとめたサイトも多くあるので、そちらを確認したり、SNSを確認するのもいいかもしれません。

一刻を争うような水のトラブル発生している場合、水道修理業者をじっくり選んでいる場合ではないと思われる方もいるかもしれません。そんな時は、地域密着型の水道屋さんを選ぶといいでしょう。家の近くの水道修理業者を見つけておけば、早ければ30分以内に修理を始めてもらえるかもしれません。

近くの水道屋さんなら市区町村単位で近くの水道屋さんを探すことができます。

お役立ちコラムの監修者
中村 覚信
株式会社 クリアライフ

株式会社クリアライフは水道設備の駆付けサービスを開始して9年目。創業23年。累計60万件の水道修理を行ってきました。
さらに2024年より全国の修理対応が可能となりました。
「突然の水のトラブルからお客様を救いたい!役に立ちたい!」そんな気持ちから水の救急隊お役立ちコラムを立ち上げました。

株式会社 クリアライフをフォローする
良い
に基づいています 26 レビュー
木村倫子
木村倫子
きっちり丁寧に仕事していただきました。
山本千雅子
山本千雅子
台所の水漏れで電話をしました。 昼の12時頃に電話して13時半過ぎに到着 すごくわかりやすい説明をしていただいて 助かりました。ありがとうございます!
ヒロイケンイチ
ヒロイケンイチ
当日にすぐ対応してくれて、作業員やコールセンターさんも非常に良い対応で、よかったです。
メガだよ
メガだよ
4/30の夜にトイレが詰まり水が溢れそうになり、急遽出動をお願いをしました。夕飯時であり、到着時間に来ていただけるのか心配してましてが連絡時間通りに来ていただきました。状況説明をしてから考えられる不具合の内容説明を受けて、作業依頼内容は業者さんのおすすめで決めました。作業に入り色々と問題点も指摘してもらい沢山知らなかったことを教わりました。そして、詰まりの原因を取り除き無事に作業は完了。さらに心配事はないかと言われ、水回りで漏れてるところはないが心配と話したとこら、親切に調査して心配ないと言われました。親切、丁寧に作業いただき大満足でした。費用も予想よりも安く済み助かりました。帰る時間は遅くなったけど嫌な顔せず笑顔でした。感謝感謝
今井信子
今井信子
トイレに携帯を落として、出せなくなったので、電話したら、素早く対応して処置して頂けました。
Takemi Terao
Takemi Terao
18時過ぎにトイレ詰まりで電話。19時半の到着から色々と親切に対応していただき21時前には全工程終了。本当に助かりました。
畑民恵
畑民恵
キッチンの排水溝が詰まり、依頼させて頂きました。すぐに来て下さり説明や見積りをして、作業を開始。目に見える詰まり解消に感動でした。 とても気さくな作業員さんで色々な質問も快くお返事して頂けました。 迅速、丁寧な対応で安心してお任せする事ができたと思います。 また何かありましたら、お願いしたいと思います。
濱田さゆり
濱田さゆり
とても親切丁寧な対応で助かりました。
杉野真砂美
杉野真砂美
ご丁寧にな説明に作業ありがとうございました。台所の水回りが綺麗になってスッキリして嬉しいです。親切にしていただきありがとうございます。またよろしくお願いします
上前隆一
上前隆一
アポインターから現場の方まで対応が良くて早かったです。内容も丁寧で、終わった後もしっかり説明して頂き、しっかりした会社だなと感じました。ありがとうございました。
シェアする