0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

お風呂の蛇口交換に掛かる費用や作業手順を解説

浴室・お風呂
浴室・お風呂

お風呂の蛇口についてお悩みではありませんか?お風呂の蛇口にトラブルが起きたときは、蛇口交換が必要になるケースがあります。

お風呂の蛇口交換には、いくら費用が必要になるのか気になりますよね。

お風呂の蛇口交換は自分でもできますが、お風呂の蛇口の種類」や「蛇口を選ぶ際のポイント」など知っておくべき知識が様々あります。

新しいお風呂の蛇口を購入した後に後悔しないよう、チェックするべきポイントを抑えておきましょう。
以下では、「お風呂の蛇口交換の手順や費用相場」「水道修理業者を利用するメリット」についてご紹介します。

【この記事を読んで欲しい人】

  • お風呂場蛇口の仕組みや構造について知りたい
  • お風呂場蛇口の種類について知りたい
  • お風呂の交換用蛇口を選ぶ際のポイントを知りたい
  • お風呂の蛇口交換の手順や費用を知りたい
  • お風呂の蛇口交換を業者に依頼した際の手順や費用を知りたい
  1. お風呂場の蛇口交換の際に知っておくべき知識
    1. 蛇口を交換する時期や寿命
    2. 取り付けタイプ
    3. 温度調整の方法
  2. お風呂場の蛇口の3つの種類
    1. ツーハンドル混合水栓
    2. シングルレバー混合水栓
    3. サーモスタット混合水栓
  3. 修理で直るケースと交換したほうが良いケース
    1. お風呂場の蛇口のトラブルで部品交換や修理で直るケース
    2. お風呂場の蛇口のトラブルで蛇口交換した方が良いケース
  4. アパートやマンションなどの賃貸物件でお風呂場蛇口を交換する際の注意点
  5. 自分でお風呂場の蛇口を交換する場合の注意点
    1. 必要な工具を揃えておく
    2. 壁付けや台付けなど取付タイプに間違いがないか確認しておく
    3. 作業前は必ず止水栓を閉める
  6. 自分でお風呂場の蛇口を交換する手順
    1. 台付き混合水栓の交換手順
    2. 壁付き混合水栓の交換手順
    3. 自分で蛇口交換する際に掛かる費用や作業時間の目安
  7. お風呂場の蛇口交換を業者に依頼した時の工事費込みの費用相場と注意点
    1. 水道修理業者により値段の差がある
    2. お風呂場の交換用蛇口の本体・工事費込みの費用目安
    3. できるだけ複数の会社の見積を取る
  8. 業者にお風呂場の蛇口交換を依頼するメリット
    1. 蛇口交換のプロに任せると施工後に不具合があっても対応してくれる
    2. 節水などの機能面から蛇口のデザインなど専門家からの意見を聞ける
    3. 施工後のアフターサポートや水周り相談ができる
  9. 安心してお風呂の蛇口交換を依頼するなら水の救急隊
  10. SNS上のお風呂/浴室の蛇口交換に関する口コミや声
  11. まとめ

お風呂場の蛇口交換の際に知っておくべき知識

お風呂の蛇口交換で知っておくべき知識

お風呂場の蛇口を交換する際に、知っておいて欲しい知識があります。
必要な知識がないまま蛇口を購入したり、取り付けたりしてしまうと「思っていたのと違う」と後悔することにもなりかねません。

以下では、お風呂場の蛇口交換の際に必要な知識についてお伝えします。

蛇口を交換する時期や寿命

皆さんが蛇口を交換しようと思うときは、「蛇口から水漏れしている」「蛇口に破損や劣化がみられる」などトラブルが起きた時だと思います。
上記のようなトラブルが起きた時に、お風呂の蛇口交換を考えるのは間違っていません。

ですが、他にも蛇口交換を考える理由があります。それは、蛇口の寿命です。
意外かもしれませんが、お風呂場の蛇口にも寿命があります。
一般的に言われているお風呂場蛇口の寿命は、設置してから「約10年ほどと言われています。
蛇口の使い方によっては多少前後しますが、約10年が目安です。

蛇口は、10年以上使用すると何かしら蛇口にトラブルが起きてきます。
また10年以上使うと蛇口に不具合が起きて部品交換をしようにも、部品の製造が終わっていたりするので注意しましょう。

取り付けタイプ

お風呂場の蛇口にはいくつか種類があります。
蛇口の種類については後ほど詳しく解説しますが、この蛇口の種類を理解せず購入してしまうと取り付けが出来なかったりするので注意が必要です。

蛇口を購入する際は、今ご自宅のお風呂についている蛇口がどのタイプのものかを確認してから購入しましょう。

温度調整の方法

お風呂場の蛇口には温度調節をする仕組みにも違いがあります。
大きく分けて「ツーハンドルタイプ」「シングルレバータイプ」「サーモスタッドタイプ」の3種類です。それぞれの特徴については、後ほど詳しく解説します。
温度調節する仕組みに違いがあることを知らずに、間違えて蛇口を購入してしまうと後悔することになるので注意しましょう。

お風呂場の蛇口の3つの種類

お風呂蛇口の3つの種類

お風呂場の蛇口には、大きく分けて3つの種類があります。
この3つの蛇口の種類にはそれぞれ特徴があるので、以下にて解説していきます。

ツーハンドル混合水栓

ツーハンドル混合水栓は水とお湯でハンドルが2つ付いている蛇口です。
この2つの蛇口で水とお湯の量を調整し、水温も水とお湯の吐水量も調整します。
蛇口自体は長持ちしますが、毎度使用する度に水量などの調整が必要というデメリットもあります。

シングルレバー混合水栓

シングルレバー混合水栓は、1本のレバーを引く方向で水量やお湯の温度を調節するタイプの蛇口です。
あまり種類は多くありませんが、お風呂用の製品もあります。
レバーハンドルは少ない力で簡単に操作ができるので便利です。
ですが、レバーをよく動かすので年数が経ってくるとレバーの不具合がよく起きます。

サーモスタット混合水栓

サーモスタット混合水栓は、最近の浴室でよく見るタイプの蛇口です。

蛇口の両側に1つずつレバーが付いており、それぞれ「温度調節」と「シャワー・カランの切り替え」ができます。使いやすく調節の手間もかからない為、お風呂の蛇口として最近人気があります。

サーモスタット混合水栓は、蛇口自体の交換はそこまで難しくないですが、内部の構造が複雑です。不具合が起きた際の内部の部品交換は難しい場合があります。

修理で直るケースと交換したほうが良いケース

お風呂蛇口の修理で直るケースと交換するケース

お風呂の蛇口で水漏れなどのトラブルが起きている場合、自分で部品交換をして費用を抑えたいと考える方が多いと思います。
意外かもしれませんが、実際の交換の手間は蛇口本体を交換する方が作業としては楽です。

たくさんあるお風呂蛇口のトラブルの中でも、比較的簡単に部品交換で修理できるケースがあるのでその辺りを中心に紹介します。

お風呂場の蛇口のトラブルで部品交換や修理で直るケース

お風呂場の蛇口のトラブルでも原因となる部品だけを交換すれば直るケースがあります。
以下で紹介するケースは作業も比較的簡単です。

■シャワーやカランへの切替部分の不具合
シャワーやカランへの切替部分の不具合は、切替に関係する部品単体を交換すれば直る可能性が高いです。
交換する部品は蛇口内部に設置されている「切替弁」という部品です。
ツーハンドル混合水栓、サーモスタット混合水栓の切替弁は単体で販売されているので単体で部品交換することが可能です。
作業も比較的簡単です。

■蛇口のハンドルの不具合
温度調節するハンドル部分の不具合ならハンドル単体を交換すれば直る可能性が高いです。
「ハンドルを回しても空回り」「ハンドルの付け根から水漏れ」などのトラブルならハンドル部品を購入し、交換しましょう。
蛇口のハンドル交換も作業が比較的簡単です。

お風呂場の蛇口のトラブルで蛇口交換した方が良いケース

上の章でお伝えした以外の蛇口の不具合は、内部の細かい分解が必要だったり、複数の部品交換が必要だったりと手間が掛かります。
蛇口を分解するということは、組み直して元に戻さなければいけないので、施工ミスで後に水漏れを起こすことも考えられます。
細かい部品の交換は色々と懸念があるので、蛇口自体を交換することをオススメします。
蛇口で1度水漏れが起きて修理しても、再度別の箇所から水漏れしてくる可能性があります。

トータルで見ると、蛇口自体を交換して長く安心して使えた方がメリットが多いです。

自分での修理や交換が不安であれば、水道修理業者へ相談しましょう。
弊社、水の救急隊なら出張費用は無料ですのでお見積もりにお伺いたします。
蛇口の交換に不安を感じられる際は、是非お気軽にご相談ください。

アパートやマンションなどの賃貸物件でお風呂場蛇口を交換する際の注意点

賃貸物件でお風呂蛇口を交換する注意点

マンションやアパートなどの賃貸住宅の場合、設備の不具合などは大家さんや管理会社で対応してくれることが多くあります。
事前に大家さんや管理会社の連絡先や、対応時間などを調べておきましょう。

余談ですが賃貸住宅は入居時にあった設備の破損や不具合があった場合、修理や交換をしてくれます。
例えば、エアコンが備え付けれている物件の場合ならエアコンが故障した際、修理や交換をしてくれます。

万が一のときに備えて、大家さんや管理会社の連絡先などはしっかり確認しておくことをおすすめいたします。

自分でお風呂場の蛇口を交換する場合の注意点

自分でお風呂の蛇口を交換する注意点

ここからは、自分で蛇口を交換する際の注意点をまとめています。
蛇口を交換する際に必要なものについても詳しくご紹介します。

必要な工具を揃えておく

自分でお風呂の蛇口交換をするなら必要な工具がありますので必ず事前に準備しておきましょう。
以下の工具は、ホームセンターですべて揃えることができます。

■レンチ(ナットなどの取り付け時に必要)
■プラスドライバー(固定しているネジの取り外し)
■マイナスドライバー(パッキンの取り外し)
■シールテープ(壁付き水栓のみ必要)
■歯ブラシ(清掃用)
■雑巾

以上です。
大体10,000円〜20,000円もあれば全て揃えることができます。事前に準備して作業にあたりましょう。

壁付けや台付けなど取付タイプに間違いがないか確認しておく

お風呂場の蛇口には「壁付けタイプ」「台付けタイプ」があります。
自分のお風呂場の蛇口がどのタイプのものか確認しましょう。
そして必ず交換用の蛇口は今取り付けてある蛇口と同じタイプのものを選びましょう。

見分け方は以下の通りです。
■壁付け:お風呂場の壁に蛇口が取り付けてあるもの
■台付け:壁ではなく浴槽の縁や洗い場の台座などに取り付けてあるもの

必ず確認し、間違って別のタイプのものを購入しないように注意しましょう。

作業前は必ず止水栓を閉める

戸建や集合住宅には、家全体の水を止める止水栓が必ずついています。

戸建ての建物の場合は、地面にメーターボックスが埋め込まれていることが多いです。
※寒冷地の場合は玄関にあることが多いです。
水道局の方が検針しやすいように道路側に付いています。
道路側からご自宅の敷地内の地面を探してみましょう。
「量水器」「止水栓」「水道メーター」と記載されたフタを見つけて下さい。
※駐車スペースがある場合は、駐車場に埋まっていることもよくあります。

集合住宅の場合は確率的には70%程度ですが、「パイプスペース」と呼ばれる部分に止水栓が付いていることが多いです。

パイプスペースとは、玄関の横に付いている扉の中に「配管・メーター類・給湯器」などを設置しているスペースです。
※パイプスペースの扉に鍵が掛かっているケースがあります。この場合は大家さんか管理会社へ連絡するしか手段がありません。

もしパイプスペース内に止水栓が付いていなかった場合、他の場所でまとめて止水栓が収納されていることがあります。
【エレベーターホール】【敷地内の地面】【その他の収納部分】
このようなケースもお客様自身で止水栓を探すのは難しくなりますので大家さんか管理会社へ連絡しましょう。
※まとめて止水栓がある場合、誤って違う部屋の止水栓を閉めてしまわないように気を付けましょう。

自分でお風呂場の蛇口を交換する手順

自分でお風呂蛇口を交換する手順

ここからは、自分でお風呂蛇口を交換する具体的な手順を蛇口のタイプ別に紹介します。
実際に自分でお風呂の蛇口えお交換する際は、何度か確認しながら慎重に進めてください。

台付き混合水栓の交換手順

【台付き混合水栓の交換手順】
  1. 止水栓を閉める
  2. 水栓の下にあるパネルをとめているネジをプラスドライバーでゆるめて、パネルを取り外す
  3. ネルを外すと給水管があるので、ナットをレンチでゆるめて取り外す。スペースが狭くてレンチが使いにくいときは、立水栓取付レンチを使用する
  4. 水栓本体の取付脚からナット・ワッシャ・パッキンを外して、給水管を取り外す
  5. 上から水栓本体を抜き取る
  6. 水栓本体を差し込む
  7. 裏側から、パッキン・ワッシャ・ナットの順で、水栓の取付脚に入れ、レンチでナットを締めて水栓を固定する
  8. 給水管の中にパッキンが入っているのを確認してから、ナットを締めて給水管を取り付ける
  9. パネルを元に戻して完了
  10. 止水栓を開けて、水漏れがないか確認する

壁付き混合水栓の交換手順

【壁付き混合水栓の交換手順】
  1. 止水栓を閉める
  2. 水栓を取り付けている左右のナットを、レンチを使って外す
  3. ナットが外れたら水栓を取り外す
  4. 両側のクランクを反時計回りに手で回して取り外す
  5. 配管内の汚れを歯ブラシなどを使って落とす
  6. クランクを配管に差し込んで時計回りに回し、何回転で取り付けられるか確認する
  7. クランクにシールテープを5~6回巻き付ける。シールテープは軽く引っ張りながらしっかり密着させる
  8. シールテープを巻いたら、『確認した回数より1回転少なく』時計回りに回してクランクを設置する(※回しすぎたときに逆回転させて戻した場合は、シールテープを巻き直すところからやり直す)
  9. 反対側のクランクは回しきらずに途中で止め、クランクが『への字』になるように設置する
  10. レンチを使って両側のナットを締める。(ここも『への字のまま』取り付け)
  11. 両方のナットを閉めたら、クランクが『への字』から『ハの字』になるように調節する
  12. 止水栓を開けて、水漏れがないか確認する

自分で蛇口交換する際に掛かる費用や作業時間の目安

お風呂場の蛇口を自分で交換する際の「蛇口本体の購入代金」と「工具の購入代金」など蛇口交換の費用目安を紹介します。
各蛇口の購入代金は以下の通りです。

浴室水栓の種類 費用目安 作業時間
ツーハンドル混合水栓 ¥7,000~¥25,000 1時間
シングルレバー混合水栓 ¥15,000~40,000 1時間
サーモスタット式混合水栓 ¥20,000~80,000 1時間

他には作業に必要な工具ですが「レンチ」「プラス・マイナスドライバー」「シールテープ」などで約10,000円〜20,000円ほどあれば揃えれます。
もちろんすでにお持ちであれば別途購入する必要はありません。

お風呂場の蛇口交換を業者に依頼した時の工事費込みの費用相場と注意点

お風呂の蛇口交換を業者に依頼した費用相場と注意点

水道修理業者により値段の差がある

お風呂場の蛇口交換の費用は各水道業者によりばらつきがあります。
何社か見積もりをとり比較することをオススメします。相見積もりを行うことで、実際の費用相場を見比べることができます。

ただし水道業者を選ぶときは、費用が安いという理由で選ぶことはおすすめできません。
なぜなら水道業者の中には、最初に提示された金額よりも、修理後に高額請求をするような悪徳業者がいるからです。

  • 他社と比べて値段が安すぎる
  • 飛び込み営業での勧誘
  • 他社と比べて説明や見積が雑

この3つに当てはまる水道業者には注意してください。
これさえ抑えておけば悪徳業者に騙される確率はかなり下がります。

お風呂場の交換用蛇口の本体・工事費込みの費用目安

お風呂場の蛇口を水道修理業者へ依頼し交換する際の「蛇口本体の購入代金」と「蛇口の交換費用」の費用目安を紹介します。
各蛇口の購入代金は以下の通りです。

ツーハンドル混合水栓 ¥7,000〜¥25,000
シングルレバー混合水栓 ¥15,000〜¥40,000
サーモスタット混合水栓 ¥20,000〜¥80,000

お風呂の蛇口交換を水道修理業者に依頼すると、施工費用が発生します。
蛇口交換の施工費用の相場としては、10000円〜20000円が目安です。
この施工費用に業者によっては。基本料金や出張費用などの料金が追加されることがあります。

弊社、水の救急隊なら出張費用は無料です。お見積もりにお伺いいたしますので、是非お気軽にご相談ください。

できるだけ複数の会社の見積を取る

水道修理業者の中にも得意・不得意な事があります。
水道業者を比較することで、ご自身にもっとも合った修理業者が見つかります。

水道業者の比較ポイントは、主に以下のとおりです。

  • 修理費用
  • 訪問スピード
  • 割引
  • 修理時間
  • 修理の技術
  • 接客態度
  • アフターフォロー

複数見積もりをとることで、あなたに最適な業者を見つけましょう。
ただし、中には見積もりが有料の業者もあります。相見積もりを行うときは注意してくださいね。

業者にお風呂場の蛇口交換を依頼するメリット

業者にお風呂の蛇口交換を依頼するメリット

お風呂の蛇口交換を自分でおこなう方法を紹介してきましたが、水道修理業者に依頼することで得られるメリットもあります。
水道修理業者に依頼すると自分で作業するのと違い、施工費用が発生するので割高になります。
その分メリットもあるので紹介します。

蛇口交換のプロに任せると施工後に不具合があっても対応してくれる

水道修理業者でお風呂場の蛇口交換をおこなえば、仮に施工後に不具合があったとしてもすぐ対応してくれます。
また施工後に気になる点が出た時、すぐ相談できるので便利です。

節水などの機能面から蛇口のデザインなど専門家からの意見を聞ける

自分で蛇口を交換する場合は、「蛇口の機能面」や「デザイン」などを調べると思います。
ですが水道修理業者に依頼すれば、専門家の視点で機能面やデザインなどのアドバイスを受けられます。

最新の蛇口の情報から、よく聞く悩みなどを踏まえて豊富な経験と知識を持ってアドバイスをしてくれます。専門家の視点のアドバイスから自分の理想の蛇口にきっと出会えるはずです。

施工後のアフターサポートや水周り相談ができる

施工後のアフターサポートがあるのも水道修理業者ならではの利点です。
交換した蛇口に関する質問から別の水周り設備に関する相談までできるので、自分で調べたりせずに専門家と相談できるので安心です。

安心してお風呂の蛇口交換を依頼するなら水の救急隊

お風呂の蛇口交換を依頼するなら水の救急隊

ここまでお風呂の蛇口交換について、「自分で作業する場合」「水道修理業者に依頼する場合」の概要や作業や費用など細かく解説してきました。

お風呂場の蛇口交換作業は自分で行うことも可能ですが、

  • お風呂場の新しい蛇口の相談
  • お風呂場の既存蛇口の処分
  • お風呂場の新しい蛇口の交換後の水漏れトラブル

など、自分一人の作業では懸念があることも事実です。
水道業者に依頼をすると費用はかかってしまいますが、上記の懸念点もなくスムーズに対応してもらえます。

水道業者に依頼する際は、安心して依頼できるプロの水道修理業者に依頼したいですよね。
弊社、水の救急隊は累計50万件以上の対応実績があるプロ集団です。
もしご不安なようであれば、出張費用は無料ですのでお見積もりにお伺い致します。
お気軽にご相談ください。

SNS上のお風呂/浴室の蛇口交換に関する口コミや声

SNS上のお風呂/浴室の蛇口交換に関する口コミや声

まとめ

お風呂の蛇口交換のまとめ

今回は、お風呂の蛇口交換について紹介しました。
結論としては「自分でも出来るけど水道修理業者に依頼してお風呂の蛇口を交換した方が手間がなく安心」ということです。
お風呂場のトラブルや蛇口の交換などでお急ぎの場合は水の救急隊へご依頼ください。
お電話一本で即日お伺いが可能です。
また、水道業社に依頼するときは、必ず事前見積をしてくれる会社を選びましょう。
水の救急隊|公式サイトからなら、電話以外にもLINEやお問い合わせフォームからご相談して頂けます。
昨今は悪質な水道修理業者のニュースが多数報道されています。

類似の商標を使った悪徳業者にご注意下さい!
昨今、悪徳水道修理業者のニュースが多く流れています。 大手の水道修理業者と似たような名称を使用してWEBサイトを作成して集客を行い「ぼったくり行為」「作業員がほとんど素人」の様ないい加減な事を行っているのが主な原因です。 悪徳業者に引っ掛からないように悪徳業者を見分けるポイントを解説しています。

水の救急隊なら【訪問⇒無料】【相談⇒無料】【事前に見積】【ご了承頂いてから作業】【後払いOK】です。
ご依頼の際には「ネット見た」と一言お伝え頂くだけで¥3,000割引き中。
お見積りのみであれば費用は掛かりませんのでお気軽にご利用下さいませ。