0120-50-8000ヘ電話を掛けるメールで問い合わせするラインで問い合わせする

トイレつまりを自分で直せる道具6選!絶対知っておくべき注意点とは

お風呂の蛇口は自分で修理できる?水栓の修理の手順と必要な工具トイレ

トイレを流そうとしたら水が急に逆流してきて流れず焦ってしまっていませんか?さっきまで普通に流れていたのにいきなりつまってしまうとパニックになってしまいますよね。
いきなり業者に修理を依頼するのも面倒だし、余計なお金がかかりそうで不安…。その気持ちはとてもよくわかります。
ここでは、トイレつまりを手軽に直すことができる道具絶対に知っておくべき正しい使用方法と注意点についてトイレのつまりを解消するプロが解説!

【この記事を読んで欲しい人】

  • トイレつまりが頻繁に起きている
  • 自分でトイレつまりを直したい
  • トイレつまりを解消する道具の種類が知りたい
  • つまり抜きの工具の価格や使い方を知りたい
  • できるだけ安くトイレつまりを解消したい
トイレの詰まり修理 | 水の救急隊 | 排水詰まりのトラブルを年受無休で解決中!
トイレは排水詰まりトラブルを起こしやすい場所です。水の救急隊はトイレの詰まり修理・異物除去・排管洗浄を年中無休・で4時間対応しています。 作業員はお近くの水道局指定工事店が伺います。 テレビCM放映中!「ネット見た」と伝えるだけで¥3,000割引き中! まずは無料お見積りから。
  1. 軽度なトイレつまりは自分でも直せる
  2. 軽度なトイレつまりの症状の見分け方と原因
    1. 便器内に紙が残る
    2. 気が付いたら便器内の水が少ない
    3. コポコポ音がする
    4. 水を流すと水位が上がるが時間が経てば引いていく
  3. トイレつまり解消の6つの道具と使用方法
    1. ラバーカップ
      1. ラバーカップの価格帯
      2. ラバーカップの使い方
      3. ラバーカップの効果と注意点
    2. 真空式パイプクリーナー
      1. 真空式パイプクリーナーの価格
      2. 真空式パイプクリーナーの使い方
      3. 真空式パイプクリーナーの効果と注意点
    3. ローポンプ(圧縮ポンプ)
      1. ローポンプの価格帯
      2. ローポンプの使い方
      3. ローポンプの効果と注意点
    4. ワイヤー式パイプクリーナー
      1. ワイヤー式パイプクリーナーの価格
      2. ワイヤー式パイプクリーナーの使い方
      3. ワイヤー式パイプクリーナーの効果と注意点
    5. トーラー(手動・電動)
      1. トーラーの価格帯
      2. トーラーの使い方
      3. トーラーの効果と注意点
    6. 高圧洗浄機
      1. 高圧洗浄機の価格帯
      2. 高圧洗浄機の使い方
      3. 高圧洗浄機の効果と注意点
  4. トイレつまりは薬剤で手を汚さず直せる?
  5. 道具を使ってトイレのつまりを直すメリットとデメリット
    1. 道具を使ってトイレのつまりを直すメリット
    2. 道具を使ってトイレのつまりを直すデメリット
  6. メリットに対してデメリットが大きい
  7. 道具を使用してもトイレつまりが直らない時
  8. 水道設備業者に依頼が必要なケース
    1. 屋外からつまりが起きている
    2. 浄化槽がつまっている
    3. 逆勾配になっている
  9. SNS上の「トイレつまりを自分で修理」に関する感想や口コミ
  10. まとめ|トイレつまりを直せる道具6選|工具の正しい使い方と注意点

軽度なトイレつまりは自分でも直せる

軽度なトイレつまりは自分でも直せる
トイレを流した時につまってしまい水が逆流してくると、つい焦ってパニックになってしまいますよね?
できるだけ早く直したいと思うはずですが、お金をあまりかけたくない…というのが正直なところ。
軽いトイレのつまりであればいきなり業者に依頼しなくても、自分で直せる場合もあります。ただ、素人目にはどの症状が軽いのかなんて分からないはず…。
自分で直すことができる軽いつまりの症状、そしてトイレつまりを直す6つの道具の使い方や絶対に知っておかなければならない注意点について紹介するので最後までご覧ください。

軽度なトイレつまりの症状の見分け方と原因

軽度なトイレつまりの症状の見分け方と原因
もしもトイレを流した時につまってしまったら焦ってパニックになってしまう前に、しっかりとトイレを観察して症状を確認してみましょう。
一般的に以下のようなトイレつまりの症状の場合には、自分でトイレつまりを解消できる可能性があります。

便器内に紙が残る

水を流して一度はちゃんと流れたように見えても、水が流れ切った後に便器内にトイレットペーパーなどがきちんと流れ切らずにまだ残っている場合は、典型的なトイレつまりの症状です。

気が付いたら便器内の水が少ない

ふと、便器内を確認してみると「いつもよりも水が少なくない…?」トイレがつまったときの典型的な症状が水位が下がるということです。排水管にトイレットペーパーや汚物がつまっている可能性が高いです。

コポコポ音がする

トイレの水を流した場合に通常であればザーッと音がするはずが、時折「コポコポッ」って音が聞こえてきたら排水経路のどこかでつまりが生じて水の流れを妨げている可能性があります。

水を流すと水位が上がるが時間が経てば引いていく

用を足し終わって水を流したときに徐々に水位が上がっていき、あふれ出るんじゃないかと不安になった経験がある方も多いはず。水位が上がってくるのはトイレがつまりかけている合図のひとつです。

トイレつまり解消の6つの道具と使用方法

トイレつまり解消の6つの道具と使用方法
突然のトイレのつまりって焦ってしまいますよね?でもまずは落ち着いて対処するようにしましょう。
上記で紹介した4つのような、軽度のトイレのつまりを解消するには以下の6つの道具のうちどれかが必要となります。
それぞれのトイレつまりを直す道具の特徴と使用方法などをご紹介するので、ご自身に合った道具を探してみましょう。

ラバーカップ

ラバーカップというといまいちピンとこない方も多いかもしれませんが、スッポンなんて呼んでいる方も多いはず。このラバーカップは、手軽にトイレのつまりを解消するもっとも有効な手段のひとつです。

ラバーカップの価格帯

【 500円~1,500円 】

ラバーカップの使い方

ラバーカップを排水口をふさぐようにかぶせて、ゆっくりと静かに押し込んで思い切りグッと引き抜く!たったこれだけです。たまっている水が少ない場合にはカップが隠れるくらいまで水を入れましょう。

ラバーカップの効果と注意点

ラバーカップは排水口に吸盤のように吸い付いて真空に近い状態にすることができます。
そして、引き抜くときに引き寄せられた水の勢いで原因を動かして、排水口のつまりを解消するもっとも効果的な方法です。
方法もシンプルで非常に簡単ですが、引き抜く際に便器内の水が飛び散ってしまうことがあるので注意しましょう。

真空式パイプクリーナー

真空式パイプクリーナーの原理はラバーカップと同じです。
レバーを引けば内部に吸い込み、押すと内部を押し出す。
仕組みは非常にシンプルですが、ラバーカップよりもパワーが強力だという特徴があります。

真空式パイプクリーナーの価格

【 1,500円~3,000円 】

真空式パイプクリーナーの使い方

真空式パイプクリーナーはレバーを押し引きすることで筒内部の空気や水を吸い込んだり押し出す仕組みなので、ゴム状のカップを排水口にピッタリと合わせるようにすることが大切です。
トイレがつまっている段階ではレバーが固く感じますが、つまりが解消されたら軽くなるのを感じるはず。
あとは水を流して完了です。
真空式パイプクリーナーのお手入れ方法は簡単です!
水の入ったバケツに先端を入れてレバーを何度か押引きするだけで内部の汚れがきれいになるので、あとはしっかり乾かして保管しましょう。

真空式パイプクリーナーの効果と注意点

真空式パイプクリーナーは、ラバーカップよりもはるかにパワーが強く、効果的に排水口に圧力をかけてつまりの原因を解消することができます。
ご家庭の軽度のトイレつまりであれば真空式パイプクリーナーがあればほぼ解消されるはず。
扱い方も簡単でホームセンターに行けば購入することが可能なのでお手軽です。

ローポンプ(圧縮ポンプ)

ローポンプ(圧縮ポンプ)は掃除専門業者が扱うプロ仕様の道具です。
原理としてはレバーを押し引きして、その圧力でトイレつまりの原因を押し出すというもの。
ラバーカップや真空式パイプクリーナーとどう違うの?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本原理は同じです。
大きな違いはただひとつ。それは、ローポンプはラバーカップや真空式パイプクリーナーよりも遥かに強いパワーでトイレつまりを解消できるということです。
ローポンプはプロ仕様の道具であるため値段が高く、サイズも真空式パイプクリーナーと比べると高く大きいという特徴があります。

ローポンプの価格帯

【 10,000円~25,000円 】

ローポンプの使い方

ローポンプの使い方はラバーカップや真空式パイプクリーナーと同じで、トイレの排水口部分にしっかりとラバーアタッチメントを密着させてレバーを押し引きするだけです。
強力な圧力でつまりの原因を押し出してくれるため、軽度のトイレのつまりであれば、あっという間に解消してくれます。また、ローポンプはラバーカップや真空式パイプクリーナーと違い、便器内の水位が低くてもその効果を発揮することができます。

ローポンプの効果と注意点

ローポンプは軽度のトイレつまりであればほぼ確実に解消することが可能であるため、プロの業者が使用する本格的な道具のひとつです。
しかし高い効果を発揮する分、値段も高価で手軽ではないため継続的に利用する可能性がない場合は、はじめからプロのトイレつまりに対応してくれる業者に依頼するのがもっとも楽でコストパフォーマンスのいい方法だと言えます。
扱いとしては簡単ですが、ローポンプ自体が重くサイズも大きいので収納場所に困ってしまうのは間違いないでしょう。

ワイヤー式パイプクリーナー

ワイヤー式パイプクリーナーはラバーカップなどの圧力で間接的に働きかける道具とは違い、トイレの排水口のつまりである原因を直接的に除去してくれる道具です。
ワイヤー式パイプクリーナーはワイヤーブラシやワイヤードレンブラシなど様々な呼ばれ方をしますが、ワイヤーの先端にブラシがついたものはすべて同じものです。
家庭用のものと業務用のものに分かれますが業務用のものについては「トーラー」と呼ばれ特徴も異なるため後述します。

ワイヤー式パイプクリーナーの価格

【 1,000円~3,000円 】

ワイヤー式パイプクリーナーの使い方

まずは床が濡れないように養生します。
ワイヤー式パイプクリーナーの固定ネジ(蝶ボルト)を緩めてワイヤーをグリップ部分に通してしっかりと固定します。
そしてそのままワイヤーを便器の排水口へ押し込んでいきましょう。
すると、ワイヤーの先端の螺旋状のブラシ部分につまりの原因が当たり、それ以上進まなくなります。
そこで、固定ネジを緩めてグリップ部分を回転させながら奥へ進んでいきましょう。
つまりによる抵抗を感じなくなったら、ゆっくりとワイヤーを引き抜き汚れを拭き取り、水を流してトイレのつまりが解消されたか確認して完了です。

ワイヤー式パイプクリーナーの効果と注意点

ワイヤー式パイプクリーナーはラバーカップや真空式パイプクリーナーなどと違ってブラシで直接的につまりの原因を取り除くことができるので軽度のトイレのつまりであれば自分自身で対処することが可能です。
しかし、引き抜いたワイヤーとブラシ部分の掃除をしなければならず手間が非常にかかってしまう道具であるためあまりおすすめはできません。
トイレのつまりの原因が軽度のものでなかった場合、やみくもにワイヤーで奥へ奥へと押し込んでしまいさらなるトラブルに発展してしまうこともあるので注意しましょう。

トーラー(手動・電動)

トーラーはワイヤー式パイプクリーナーとほぼ同じで5〜10mのワイヤーの先にブラシがついた道具でトイレの排水管のつまりを直接的に除去することができる道具です。
明確な名称の違いは決まってはいませんが、家庭用で使われるものをワイヤー式パイプクリーナー、業務用で使われるものをトーラーと区別されています。
大きな違いは、トーラーの方が耐久性が高く操作性に優れ、つまりを解消する効果が高いということです。
トーラーは手動で操作するものと電動タイプのものがありますが高額なため家庭用として購入することはあまりおすすめできません。

トーラーの価格帯

■手動タイプ10,000円~ 
■電動タイプ150,000円~

トーラーの使い方

トーラーの使い方はワイヤー式パイプクリーナーと同じ。
固定ネジでワイヤー部分をグリップに固定し、トイレをしっかりと養生してトイレの排水管へ挿入していきトイレのつまりの原因を取り除きます。
電動式のトーラーであれば、より強力にトイレのつまりの原因を解消することができます。
つまりの原因を除去できたら、ゆっくりとワイヤーを回収して便器の水を流して確認して完了です。
家庭用のワイヤー式パイプクリーナーと同じで、引き抜く際に床や壁などに飛び散らないように気を付けましょう。

トーラーの効果と注意点

トーラー自体の効果はほぼワイヤー式パイプクリーナーと同じですが、電動タイプのものだと強力な除去能力があります。
ワイヤー式パイプクリーナーよりも強い強度があり、柔軟剤に優れているため複雑な構造をした排水管もしっかり奥まで進めることができることが可能。
そのためトーラーは一般家庭用ではなく、業務用として使用されることが分かるはずです。
しかし、強度が高すぎるため排水管を傷つけてしまうこともあり、そうなった場合は便器を取り外して大掛かりな工事となってしまう危険性があることに注意しましょう。

高圧洗浄機

トイレのつまりを解消するために高圧洗浄機を使う場合もあります。
圧力の力で排水管につまった汚物やトイレットペーパーを勢いよく押し流してしまうことが目的です。
しかし、トイレがつまってしまった場合にいきなり高圧洗浄機を使うのは余計な手間と費用がかかってしまいます。
まずはラバーカップなどの手軽なタイプを試してみて、それでもダメだった場合に高圧洗浄機を使用するという流れになるので、高圧洗浄機を使う上で注意するポイントや最低限の知識は抑えておくようにしましょう。

高圧洗浄機の価格帯

■高圧洗浄機本体:10,000円~30,000円
■パイプクリーニング専用ホース:5000円~20,000円
 ※付属品の棒状のアタッチメントだけではトイレのつまりは解消できないので注意

高圧洗浄機の使い方

高圧洗浄機を使う場合には漏電防止のため必ずウォシュレット等の電源は抜いて濡れないようにコンセント部分にビニールを被せ、壁と床もしっかりと養生しておく必要があります。
そしてパイプクリーニング専用ホースを取り付けた高圧洗浄機のホースをトイレの排水口の奥へとしっかり差し込み、電源を入れ噴射してつまりの原因を一気に押し流します。このとき間違えても電源を入れたまま排水口にホースを差し込まないようにしましょう。
ホースを取り出すときも必ず電源を切ってから取り出さないと大変なことになってしまうので注意。最後に水を流してトイレのつまりを解消できたか確認して完了です。

高圧洗浄機の効果と注意点

トイレのつまりを高圧洗浄機で解消する場合、あまりに高い水圧のものは避けなければなりません。
もっともポピュラーなケルヒャーであればK2〜K5のタイプがありますが、K2タイプの水圧で十分です。
逆に、水圧が高すぎると便器が破損してしまう可能性があるため、注意するようにしましょう。

トイレつまりは薬剤で手を汚さず直せる?

トイレつまりは薬剤で手を汚さず直せる?
トイレの中にラバーカップなどの道具を突っ込んで自力でつまりを治すのに抵抗がある‥できることなら薬剤を使って手を汚さずに直したいって思いますよね。
実際に調べてみるといろんな薬剤を使ってトイレのつまりを解消できた!という記事がありますが、ひとつだけ注意しておいてほしいことがあります。
これは本当に大切なことなので覚えておいてください。
それは「トイレのつまりを解消することができる薬品はごく一部」ということです。
薬剤の使い方として便器の排水口部分に薬剤を振りかけてお湯を流し放置するという方法ですが、お湯の力で汚物やトイレットペーパーが柔らかくなってトイレのつまりが解消されたというのが真実なので薬剤自体の効果でないことがほとんど。
以下の薬剤はトイレのつまりそのものにはなんの効果もないことを知っておきましょう。

  • パイプユニッシュ
  • ピーピースルーF
  • デオライト
  • サンポール

これらは排水口とパイプを掃除してトイレのつまりを予防するためにこまめに使用するものであって、つまりそのものを直すためのものではありません
トイレのつまりの原因となる汚物やトイレットペーパーなどを溶かすことができるのは酸性の薬剤のみ。
その他は尿石によるこびりつきや髪の毛などを除去する力しかないんです。
薬剤単体でつまりを解消することができるものは「医薬用外劇薬」に指定されているので、取り扱いにも注意が必要。
さらに購入にも記名と捺印が必要となってくるので、そこまでの手間を取るぐらいであれば最初からトイレ専門の業者に依頼するか、ラバーカップなどの物理的につまりを解消する方法を試すのがもっとも効果的です。

道具を使ってトイレのつまりを直すメリットとデメリット

道具を使ってトイレのつまりを直すメリットとデメリット
自分でトイレのつまりを直すメリットとデメリットを紹介します。
やみくもに道具を購入して対処してしまうと取り返しのつかない事態に陥ってしまうこともあるので、メリットとデメリットをしっかりと把握して自己責任で行うようにしましょう。

道具を使ってトイレのつまりを直すメリット

  • 軽度なつまりは安く済む
  • 同じ症状が起きても安心
  • 他人に見られずに恥ずかしくない

道具を一度購入してしまえば同じ症状が今後起きてしまったときに、自分で対応できるようになります。
ラバーカップひとつ数百円で購入できるもので対処できるのであればとても大きなメリットですよね?
トイレのつまりが起きた際に業者を呼ぶにもトイレ掃除もできない状態で呼ばなくてはいけないのではずかしい思いをしてしまう方もいるかもしれません。
しかし、自分で対応できるのであれば恥ずかしい思いをする必要もありません。

道具を使ってトイレのつまりを直すデメリット

  • 作業中や後片付けが不快
  • 事態が深刻化して大掛かりな工事
  • 根本的な原因を取り除けず繰り返す

トイレのつまりを直すには便器に道具をいれて処理する必要があるため、作業中や後片付けするときに大きな不快感を感じる方も多いはず。
また道具を購入したのにトイレのつまりが直らないどころか、つまりの原因を排水口の奥深くに押し込んでしまって便器を外す工事になってしまう場合もあります。
さらに、応急処置としてつまりを解消できたとしてもこびりついた汚れが頑固な場合には、繰り返し詰まってしまう可能性も高いので注意が必要です。

メリットに対してデメリットが大きい

メリットに対してデメリットが大きい
実際に自分自身でトイレのつまりを直すのは、よほどの軽いつまりでない限りデメリットのほうが大きいことがわかるかと思います。
つまってしまった原因が本人や家族の場合はまだいいのですが一番大変なのは、来客があった場合に大切な友人や知人が恥をかいて申し訳ない思いをしてしまうことにもなりかねません。
そんな思いは絶対にさせたくありませんよね?
トイレのつまりが頻繁に起きているようであれば、一度本格的にトイレつまり修理の専門業者に依頼して、安心して使えるトイレにしてもらうのがもっともおすすめな方法です。
毎日使うトイレだからこそ、リラックスして使える空間にしましょう。

道具を使用してもトイレつまりが直らない時

道具を使用してもトイレつまりが直らない時
トイレがつまって水が流れなくなってしまった場合に、上記で紹介した道具を使ってみてなんとかしてみようとしたけど、結局直らなかった…と頭を抱えてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。
軽度なトイレつまりは汚物が排水管につまってしまったり、大量に流してしまったトイレットペーパーの紙が原因であることがほとんどです。
排水管の奥深くであったり、こびりつくように汚物と紙がつまってしまっていた場合など、深刻な場合には自分自身で対処するのではなくトイレつまりの専門業者に依頼するようにしましょう。
ひとつだけ言いたいのは、例え今回のトイレのつまりを自分自身の力でなんとか対処できたとしても、また次にトイレを流した時に同じようにつまってしまう可能性があるということです。
一度つまってしまった排水管は頑固な汚れや、その他の原因によって【常につまりやすい状態】になっている可能性が高いです。
「流したらまたつまってしまうかもしれない…」と小さな不安とストレスを抱えたまま生活するよりも、しっかりと根本的な原因を解決して、気持ちのいい毎日を過ごしたいですよね?

トイレの詰まり修理 | 水の救急隊 | 排水詰まりのトラブルを年受無休で解決中!
トイレは排水詰まりトラブルを起こしやすい場所です。水の救急隊はトイレの詰まり修理・異物除去・排管洗浄を年中無休・で4時間対応しています。 作業員はお近くの水道局指定工事店が伺います。 テレビCM放映中!「ネット見た」と伝えるだけで¥3,000割引き中! まずは無料お見積りから。

水道設備業者に依頼が必要なケース

水道設備業者に依頼が必要なケース
いろんな方法を試したのにトイレのつまりが解消されないといった場合、実は軽いトイレのつまりではなく、もっと深刻な問題が引き起こされている可能性があります。
大量のトイレットペーパーや、排水管の掃除をしたばかりでトイレがつまる原因が思い当たらないという方は以下の3つが原因でつまりが引き起こされている可能性もあるので早急に水道設備業者に依頼するようにしましょう。

屋外からつまりが起きている

トイレつまりの原因が屋内ではなく、屋外からのつまりが原因だったといったケースもあります。
厳密にいえばすべて屋内からの排出物が下水管内で蓄積していった結果、水が流れなくなってしまうというもの。
また、台所から流れ出た油が下水管内で固着し徐々に固形化、そしてそこにトイレから流れてきた汚物がこびりついてさらに状況は悪化していく…ということも考えられます。
さらに排水桝からほんの数ミリの木の根が入り込み下水を養分として成長して、下水の流れを完全に止めてしまうケースも非常に多いです。

浄化槽がつまっている

トイレつまりの原因として浄化槽がそもそもつまってしまっているという可能性もあります。浄化槽には大きく分けて2種類あり、トイレの汚水のみを処理する「単独処理浄化槽」、トイレや台所や浴室から出るすべての汚水を浄化槽によって浄化する「合併処理浄化槽」です。
単独処理浄化槽はトイレからの汚水や汚物をバキュームカーによって汲み取る必要があり、トイレの汚水のみを浄化することしかできません。
そのため台所の油やその他の排水はそのまま流されていき固着や固形化によってつまりが起きやすくなってしまいます。
平成13年以降は単独処理浄化槽の新しい設置はできなくなったため、浄化槽が原因のトイレのつまりは減ってはきていますが、古い戸建てなどは浄化槽のつまりが原因の可能性もあるということを頭の隅に置いておきましょう。

逆勾配になっている

水は高いところから低いところに向かって流れていきます。しかし、排水管がなんらかの影響で歪んでしまい勾配が逆になってしまい、うまく排水することができずにトイレつまりとなってしまうケースもあります。
排水管そのものに原因はなく見た目に問題がなくても、管内で油や汚物、その他の異物が固着して逆勾配になってしまっていることもあります。
そういった場合には自分で対処することはまず不可能なので速やかに水道設備業者に連絡して根本的な原因を解決してもらうようにしましょう。

SNS上の「トイレつまりを自分で修理」に関する感想や口コミ

SNS上の「トイレつまりを自分で修理」に関する感想や口コミ

まとめ|トイレつまりを直せる道具6選|工具の正しい使い方と注意点

まとめ|トイレつまりを直せる道具6選|工具の正しい使い方と注意点
トイレのつまりはいつ引き起こされるか誰にも予想ができないこと…。そしてトイレは毎日確実に使うものだからこそしっかりとした対策を知っておきたいですよね。
もし、軽度なトイレつまりが起きてしまった場合には、今回紹介したトイレつまりを解消することができる道具を使って自分自身で対処してみるようにしてみましょう。
しかし、トイレはあなたが思っているよりももっと別の原因でつまりが引き起こされている可能性もあります。
そんなことも知らずに、無理やり力ずくでトイレつまりを解消しようとしてしまって、取り返しのつかない事態に…なんてことにならないようにしましょう。
自分で対応するのは無理だと感じたらすぐに専門のトイレ修理業者に依頼することがなによりも大切です。

トイレの詰まり修理 | 水の救急隊 | 排水詰まりのトラブルを年受無休で解決中!
トイレは排水詰まりトラブルを起こしやすい場所です。水の救急隊はトイレの詰まり修理・異物除去・排管洗浄を年中無休・で4時間対応しています。 作業員はお近くの水道局指定工事店が伺います。 テレビCM放映中!「ネット見た」と伝えるだけで¥3,000割引き中! まずは無料お見積りから。
         
タイトルとURLをコピーしました