0120-50-8000ヘ電話を掛ける メールで問い合わせする ラインで問い合わせする

シャワーヘッドの外し方|うまく取れない時の対処方法

水栓・蛇口
水栓・蛇口

「シャワーヘッドを取り外そうとしたけど、固くてうまく取り外せない…」と、お困りではありませんか?

シャワーヘッドを交換・掃除をするときは、シャワーヘッドを取り外す必要があります。

基本的にシャワーヘッドは、簡単に取り外せる商品が多いです。

しかしシャワーヘッドは固く締まっていたり、取り外し方がわからないと、うまく取り外せないことがあります。

この記事では、そんなときに役立つシャワーヘッドの外し方や、取れない場合の対処方法についてご紹介します。

【この記事を読んで欲しい人】

  • シャワーヘッドがどうしても取れない
  • シャワーヘッドの掃除をしたい
  • シャワーヘッドの交換をしたい
  • シャワーヘッドの外し方を知りたい
  • 取り外せないシャワーヘッドがあるのか知りたい

シャワーヘッドが外れない時に確認するべきこと

シャワーヘッドが外れない時に確認するべきこと

「シャワーヘッドを交換しようとしたけれど、固くて外せない!」とご相談をいただく事があります。
シャワーヘッドが外れない場合は、まず以下の2点を確認してみてください。

  • シャワーヘッドとホースが分離できるタイプか?
  • 捻る方向を間違えていないか?

以下では、この2点に関してより詳しい解説を行っていきます。

シャワーヘッドとホースの一体型はヘッドが取れない

シャワーヘッドには、2つのタイプが存在します。

シャワーヘッドのタイプ

  • シャワーヘッドとホースが別れている「ホース分離型」
  • シャワーヘッドとホースがセットになっている「ホース一体型」

「分離型」は、シャワーヘッドを取り外して掃除や交換を行うことが可能です。

対して「一体型」は、シャワーヘッドのみを取り外しての掃除や交換ができません。

使用しているシャワーヘッドとホースに、つなぎ目がないようであれば一体型の可能性があります。

中には、「分離型か?」「一体型か?」見分けがつかないシャワーも存在します。シャワーヘッドの分離タイプか一体型の判断が難しい場合は、取扱説明書を確認してみましょう。

TOTO製のシャワーヘッドはほとんど外せる

TOTO製のシャワーヘッドは、ほとんどが「分離型」です。

しかし、一部では一体型もありますので、TOTOのホームページよりご確認ください。

また、「クイックシャワー」と呼ばれるシャワーの手元で水の出し止めを行えるタイプへ変更する場合は、調節弁の取り付けが必要です。

KVK(MYM)製のシャワーヘッドはほとんど外せる

KVK(MYM)製のシャワーヘッドは、ほとんどが「分離型」です。

既存のシャワーヘッドがKVK(MYM)製の場合は、一部を除いて取り外せます。

他社メーカーのシャワーヘッドでも、タイプによっては簡単に取り付けることが可能です。

ただし、アダプターが必要なタイプもありますので、KVKホームページよりご確認ください。

LIXIL(INAX)は一体型のシャワーヘッドが存在する

LIXIL(INAX)のシャワーヘッドには分離型と一体型が存在しますが、見分ける方法は簡単です。

        シャワーヘッドの見分け方
スイッチがない」・「正面にスイッチがある」【分離型】
左右側面にスイッチがある」【一体型】

詳しくは、LIXILホームページでご確認ください。

回す方向は適切か

シャワーヘッドは、反時計回り(左回り)に回すことで取り外せます。

間違えて時計回りに回していると、シャワーヘッドが外れないことに焦って見落としがちな部分です。

まずは慌てずに「シャワーヘッドを回す方向か適切かどうか?」を見極めましょう。

シャワーヘッドが取れない時の対処法

シャワーヘッドが取れない時の対処法

シャワーヘッドが外れない場合に、取るべき行動を解説していきます。

具体的には、以下の3つを行ってみてください。

  • ホース根本から取り外す
  • ゴム手袋を装着する
  • プライヤーを使用する

以下では、どうしてもシャワーヘッドが外れない場合の対処法も併せて解説します。

シャワーホースの根本から取り外す

1つ目は、シャワーホースの根本から取り外す方法です。

たとえ、シャワーヘッドとホースが取り外せる「分離型」であっても、接続部分が外れない場合はホースごとの交換をせざる得ないでしょう。

ホースは、水栓との接続部分にあるナットを、「モンキーレンチ」や「プライヤー」を使って緩めることでかんたんに外せます。

ゴム手袋を付ける

シャワーヘッドが外れない場合は、水分を拭き取ったうえでゴム手袋を装着してみましょう。

「ゴム手袋を付けたら簡単に外せた」なんてこともありますので、ぜひ一度試してみてください。

なお、ゴム手袋がなければ以下のものでも代用できます。

  • 滑り止め付きの軍手
  • 輪ゴム
  • ビニールテープ

滑り止め付きの軍手があれば、十分ゴム手袋の代用になります。

最も身近なもので代用したい場合は、「輪ゴム」が有効です。

輪ゴムシャワーヘッドの接続部分に付けることで、滑りにくくなり、うまく力が伝わります。

また、ビニールテープシャワーヘッドの接続部分に巻くだけでも十分回しやすくなります。

ビニールテープを使う際は、ペットボトルのキャップなど、取っ手になるようなものを中に巻き込むこともおすすめです。
出っ張った部分がハンドルのようになり、シャワーヘッドをより回しやすくなります。

プライヤーで回す

シャワーヘッドが外れない場合は、「ウォーターポンププライヤー」で回してみましょう。

ウォーターポンププライヤーは、ホームセンターやネットショップで1,000円〜2,000円程度で購入可能です。

ウォーターポンププライヤーは、主に配管工事などで使用される工具です。
開口部の幅を調節でき、滑りのを抑えてものを掴んだり、固定する際に適しています。

実際に、ウォーターポンププライヤー使用する際は、傷が付かないように布などを一枚かませてから使用しましょう。

ウォーターポンププライヤーを使用すれば、軽い力で外れることもあります。

どうしてもシャワーヘッドが取れない時

ゴム手袋やウォーターポンププライヤーを使用しても外れない場合は、水道修理業者へ依頼することも検討しましょう。

無理に力を入れてシャワーヘッドを外そうとしてまうと、破損する恐れがあります。

水道修理業者に依頼すると費用はかかってしまいますが、安心してシャワーヘッドの取り外しや交換を任せられます。

自分で交換しようとして失敗したときのリスクや、破損によって交換費用よりも高い修理費用が必要になるリスクもありません。

また、自分での交換に自信がない場合も、水道修理業者への依頼を検討してみましょう。

「水の救急隊」であれば、以下の3つは完全無料です。

  • 相談
  • 見積もり
  • 出張費

電話相談時に、「ネットで見た」と伝えていただければ3,000円割引も可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

水の救急隊に水道修理を依頼したい!どうやって依頼したらいいの?
「キッチンの蛇口の水が止まらなくなっちゃった!」「急にトイレが詰まってしまって困っている!」など水まわりのトラブルは予期せず発生します。 初めて水まわりのトラブルが起きてしまって「どうやって水道修理業者に依頼すればいいのかわからない」。ご依頼から作業後までの流れを解説しています。

シャワーヘッド交換の事前準備

シャワーヘッド交換の事前準備

ここでは、実際にシャワーヘッドを交換する際に、行うべき事前準備について解説していきます。

事前準備は大きく分けて3つです。

  • 止水栓を閉める
  • メーカーやサイズの確認
  • アダプターの準備(※必要であれば)

以下では、それぞれの詳しい解説をしていきます。

シャワーヘッドを交換したい!誰でもできる交換の手順と注意点
最近のシャワーヘッドは、浄水機能・節水機能・美容効果が付いていていたりと、さまざまなタイプの製品が出回っています。 光熱費が爆上がりしてる昨今では、水道代を抑えるために節水効果の高いシャワーヘッドに交換しようと検討されている方もいらっしゃるかもしれません。 シャワーヘッドの交換は、特別な工具などなくても比較的簡単に交換することが可能です。

必ず止水栓を閉めておく

事前準備の1つ目は、止水栓を閉めることです。

止水栓を閉めずに作業を進めると、シャワーヘッドを外した途端に水が勢いよく溢れ出てきてしまいます。

なお、混合水栓では左右に1つずつ止水栓がありますので、両方を閉めましょう。

水栓のタイプによっては、止水栓を閉めるためにマイナスドライバーが必要な場合がありますので、準備しましょう。

メーカーやサイズを確認しておく

シャワーヘッドは、購入前に必ず「メーカー」と「サイズ」を確認しましょう。

違うメーカーのシャワーヘッドに交換したい場合は、アダプターが必要なケースがあります。

基本的にはそのまま取り付けることが可能なため、同じメーカーを選んだほうが無難です。

ただし、同じメーカーのシャワーヘッドを選んでも、サイズが違っていればアダプターが必要になります。

サイズが合わない時はアダプターを準備する

既存のシャワーヘッドとメーカーが異なる場合や、シャワーヘッドのサイズが合わない場合は、アダプターが必要なケースがあります。

各メーカー、アダプターは別売りとなっているため、シャワーヘッドには同封されていません。

ホームセンターやネットショップにて価格は数百円程度で購入できますので、アダプターが必要な場合は必ず購入してください。

ただし、アダプターにもサイズやタイプがあるので、対応しているアダプターを確認してから購入するように注意しましょう。

シャワーヘッドの外し方

シャワーヘッドの外し方

事前準備が完了すれば、シャワーヘッドを外していきます。

止水栓がしまっているのを確認したうえで、シャワーヘッドを反時計回り(左回り)に回して外しましょう。

水気が残っていると滑って回しにくいため、拭き取るか時間をおいて乾かしてから作業することをおすすめします。

また、長年使用しているシャワーヘッドの場合は、水垢などの蓄積により固着して外れにくいこともあります。

シャワーヘッドが固着して外れない時は、前述で解説したゴム手袋やプライヤーを使用してみましょう。

シャワーヘッドの接続部分を、しばらくクエン酸水につけ込むことでも、水アカが落ちやすくなります。

取り外したシャワーヘッドのお手入れ方法

取り外したシャワーヘッドのお手入れ方法

身体を清潔に保つために、シャワーヘッドは月に1回程度のペースで掃除することをおすすめします。

シャワーヘッドの汚れは、主に水垢石鹸カスなどです。

また、水道水に含まれるマグネシウムやカルシウムが結晶化したものが、シャワーヘッドのネジ部分に固着することも原因です。

シャワーヘッドの色によってはあまり目立たないかもしれませんが、日々の使用により汚れは溜まります。

長年放置してしまうと、水の出る勢いが弱まったり、故障の原因となるため定期的に掃除していきましょう。

以下では、具体的な掃除方法を解説していきます。

歯ブラシで水垢やサビを除去

シャワーヘッドの掃除には、「歯ブラシ」が有効です。

ホースとの接続部分の溝や、水が出てくるための穴などの細かい部分も、歯ブラシであればきれいに掃除できます。

お風呂の中性洗剤クエン酸水を、歯ブラシに浸透させてから掃除するのも効果的です。

サビはもちろん、汚れのメインである水垢や石鹸カスはアルカリ性の汚れですので、クエン酸が有効です。

重曹とクエン酸に漬けておく

取り外したシャワーヘッドは、重曹とクエン酸に漬けておくと効果的に汚れを落とせます。

シャワーヘッドには、皮脂などの油汚れと水道水によるアルカリ性の水垢、石鹸カスなどが付着しています。

しかし、蓄積した汚れは力を入れてこすっても、なかなか落ちません。

そんな時は、重曹とクエン酸水を混ぜて漬けおきすると効果的です。

アルカリ性の重曹と、酸性のクエン酸と混ぜ合わせることで二酸化炭素が発生し、発砲する中和反応が起きます。この発砲によって、汚れを浮かび上がらせることができます。

黒いカビには塩素系漂白剤

シャワーヘッドに付いた黒カビはこすっても落ちにくいため、カビキラーハイターなどの塩素系漂白剤を使用しましょう。

塩素系漂白剤にシャワーヘッドを10分程度漬けておけば、きれいに黒カビを落とすことができます。

ただし塩素系漂白剤を取り扱う際は、身体に付着するのはもちろん注意、臭いがこもってしまわないように換気もしっかり行ってください。

また、塩素系の薬剤は強いアルカリ性のため、酸性の薬剤と混ざると「有毒ガス」が発生します。

塩素系薬剤は、酸性薬剤と絶対併用しないように気をつけましょう。

シャワーヘッドの寿命と交換タイミング

シャワーヘッドの寿命と交換タイミング

シャワーヘッドの寿命は10年程度とされていますが、交換のタイミングとしては、設置から8年程度です。

10年以上使用していると、ホースとのつなぎ目部分などから水漏れしやすくなってしまいます。

また、5年以上から劣化が目に見えてきますので、汚れやカビがひどい場合も交換したほうがいいでしょう。
近年では、様々なタイプのシャワーヘッドが販売されています。

故障してから慌てて交換するよりも、余裕を持って新しいシャワーヘッド吟味することをおすすめします。

水栓の寿命は何年?交換するべき時期を蛇口の種類別に解説
浴室・キッチン・洗面台など水栓器具を毎日使用しています。 水栓は消耗品の為、一定の期間で部品交換や本体交換をするべきです。 この記事では「水栓の寿命の目安」「交換するべき時期」について紹介しています。 実際の水栓の寿命は使用環境にも大きく左右されますので、メンテナンスをされていない水栓はより早く消耗します。

シャワーヘッドの選び方とおすすめ商品

シャワーヘッドの選び方とおすすめ商品

最近では、シャワーヘッドも多岐に渡りさまざまなタイプの商品が販売されています。

「微細な水を出せるタイプ」「手元にスイッチがついてるタイプ」など、特徴を持った商品が多く迷ってしまいますよね。

シャワーヘッドによっては重さも異なるため、使用時に手が疲れにくくないかも重要です。

以下では、シャワーヘッドを交換する際に「どの視点で選べば良いか?」と、おすすめの商品を解説していきます。

シャワーヘッド選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

シャワーヘッドの種類や機能で選ぶ

シャワーヘッドを選ぶ際は、「種類」や「機能」から選択しましょう。

シャワーヘッドには「節水タイプ」「浄水機能付き」など、さまざまな種類があります。

以下では、シャワーヘッドの種類や機能について詳しくご紹介します。

おすすめシャワーヘッド12選!美容・節水・脱塩素・水圧別の選び方
ミラブルやリファなど、ちょっとお高めのシャワーヘッドが人気です。 シャワーヘッドが高機能になっているのも人気の理由ですが、目的に応じてこだわるユーザーが増えてきているのが大きな要因だと思います。 この記事では「美容・節水・塩素除去・育毛」など、目的別のおすすめシャワーヘッドを紹介していますので購入の際の参考にしていただければと思います。

節水シャワーヘッド

節水シャワーヘッドは、その名のとおり水の使用量を抑えられるシャワーヘッドです。

一般的なシャワーヘッドより穴の数を少なくしたり、穴の大きさを小さくするなど、使用する水量を減らす工夫が施されています。

節水シャワーヘッド

  • 水圧を高めることで、高い洗浄力を維持したまま節水が可能
  • 30%〜50%ほどの節水効果
  • 沸かすお湯の量が少なく済むため、ガス代の節約にも効果がある

「特別な機能がついていなくていい」という方には、とりあえず節水タイプのシャワーヘッドを選択することもおすすめです。

デメリットとしては、節水のために通常のシャワーヘッドと比較すると、どうしても水圧が弱くなりがちです。

また、節水効果によって水量が少なくなるため、お湯の温度が下がりやすい特徴もあります。

浄水シャワーヘッド

水道水には、病原菌による汚染を防ぐために、一定の塩素が含まれています。

しかし塩素は、髪や肌に悪影響を及ぼすとされており、特に敏感肌の方は肌荒れに悩んでいるのではないでしょうか?

水道水に含まれる「残留塩素」を、取り除いてくれるのが「浄水シャワーヘッド」です。

浄水シャワーヘッド

  • 「残留塩素」を取り除く浄水カートリッジやフィルターが内蔵されている
  • 敏感肌の方や、髪のパサつきが気になる方におすすめ

ただし、浄水シャワーヘッドを利用する場合は、ランニングコストに注意しましょう。

シャワーヘッドに付けるフィルターや、カートリッジによって交換時期や価格は異なりますが、定期的に交換しなくてはならないため維持費が必要です。

頭皮ケアできるシャワーヘッド

近年では、微細な気泡を含んだ水を排出して、髪や頭皮をケアできるシャワーヘッドが登場しています。

頭皮ケアできるシャワーヘッド

  • 「マイクロバブル」「ウルトラファインバブル」微細な気泡を含んだ水を排出
  • 皮脂汚れをしっかり落として、髪や頭皮をケアできる
  • 毛穴の奥にまで入り込んで洗浄できるため、お肌への効果も絶大

微細な気泡が毛穴の奥にまで入り込みますので、皮脂汚れがしっかり落ちるわけです。

また、頭皮だけでなく肌への効果も絶大で、微細な気泡がシワの奥にまで浸透することでメイク汚れも落とすことができます。

肌のコンディションを整える男性も増えている昨今では、女性だけでなく、男性にも微細バブルが出せるシャワーヘッドはおすすめです。

デメリットとしては、微細な気泡を含んだ水を排出するため、水圧が弱いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

また、人によってはピリピリとした刺激を感じてしまうこともあります。

手元止水ボタン

シャワーヘッドの持ち手部分に、止水ボタンが設置されているタイプもおすすめです。

手元止水ボタン

  • 手元で簡単に水を止められる
  • こまめに止水できるため「節水効果」が期待できる
  • 小さい子どもやペットを入浴させる際も便利

手元に止水ボタンが付いていることで、こまめに止水できるため「節水効果」が期待できます。

シャワーヘッドを持つだけで水の出し止めができるのは、小さい子どもやペットを入浴させる際に大変便利です。

ただし、シャワーヘッドの止水ボタンで水を止める行為はあくまで「水の一時停止」です。

長時間、シャワーホースへ水圧をかけ続けてしまうと劣化を早めてしまいます。

水の出元である水栓のハンドルは開いた状態のため、シャワーホースへの水圧がかかった状態です。

そのため、お風呂を出る際は必ず水栓で水を止める必要があります。

おすすめのシャワーヘッド

前述のとおりシャワーヘッドには種類や機能がありますが、各メーカーによっても特徴は異なります。

以下では、おすすめのシャワーヘッドを3つ紹介します。

おすすめシャワーヘッド12選!美容・節水・脱塩素・水圧別の選び方
ミラブルやリファなど、ちょっとお高めのシャワーヘッドが人気です。 シャワーヘッドが高機能になっているのも人気の理由ですが、目的に応じてこだわるユーザーが増えてきているのが大きな要因だと思います。 この記事では「美容・節水・塩素除去・育毛」など、目的別のおすすめシャワーヘッドを紹介していますので購入の際の参考にしていただければと思います。

ミラブルシャワー




株式会社サイエンスが提供するミラブルシリーズのシャワーヘッドは、特許技術である「トルネードミスト方式」が特徴です。

1秒間に約2,000回転の高速なうず状で、ウルトラファインバブルを生成します。

直径0.13umのウルトラファインバブルは、毛穴の奥底や肌のシワに入り込み皮脂やメイク汚れを落としてくれます。

最大60%の節水にも成功しており、節水効果も期待できます。

ボリーナ

「浴びる全身美顔器」として売り出されているボリーナシリーズは、0.0001mmの超微細ウルトラファイバブルを1ml当たり1億個含んでいます。

毛穴や肌の奥にまで浸透することで、汚れを落とすことはもちろん、肌や髪のコンディションが整います。

節水率も最大50%の節水に成功しており、4人家族の場合年間で約20,000円分の節水が可能

ボリーナシリーズは、洗練された美しいデザインも特徴です。

「軽量タイプ」「止水ボタン付き」「浄水機能付き」も展開されていますので、自分にあった特徴を持つシャワーヘッドを選択できます。

リファファインバブル

リファのファインバブルシリーズは、『マイクロバブル』『ウルトラファインバブル』両方を同時に噴出できます。

「ダブルスパイラルキャビテーション」の技術により、マイクロバブルが大きな汚れを浮かせて取り除くことができます。

さらにウルトラファインバブルが奥まで浸透することで、より高い洗浄力を発揮します。

また、以下の4つの水流を出せますので、目的に合わせて選択が可能です。

  • ミスト
  • ジェット
  • パワーストレート
  • ストレート

最大67%と高い節水性能を誇っていますので、光熱費を抑えることも可能です。

まとめ

まとめ

本記事では、シャワーヘッドが取れない時に確認すべきことや、対処法について解説してきました。

シャワーヘッドには、ホースとくっ付いている「一体型」別れている「分離型」が存在します。

まずはご自宅のシャワーのタイプや、外す方向の確認から行うようにしましょう。

この記事で紹介したシャワーヘッドの取り外し方や、お手入れ方法を活用いただくなど、お悩みにお役立ちできれば幸いです。

また、自分でのシャワーヘッドの交換・取り外しが難しいと判断した場合は、ぜひ「水の救急隊」へご相談ください。